LANDR BLOG

ビートメイキングビデオ録音音楽機器

音楽制作に最適な無料DAW12選

音楽制作に最適な無料DAW12選

デジタルツールを使った音楽制作は、お金をかけずにもできる。

実際、 音楽制作 における重要な作業は、 フリーソフトでほぼすべて行うことができるのです。



すでに、 フリーのVSTエフェクトやバーチャルインストゥルメント がオンラインで公開されているのをご覧になったことがあるかもしれませんね。

その中から良いものを選ぶことは間違いではありませんが、音楽を作るための道具として、まず一番重要なのはDAWです。

しかし、ワークフローに必要なすべてを備えた無料のDAWを見つけることは困難です。 世の中にはたくさんの無料DAWがあり、それぞれに異なる機能や制約があります。

それでも、どこに目を向ければ、素晴らしいフリーウェアのDAWがたくさんあるのです。

この記事では、イチオシの無料DAWを紹介し、あなたに合ったDAWを見つけるお手伝いをします。

無料DAWと有料DAWの比較

無料のDAWを探し始める前に、フリーウェアが正しい選択であることを確認するために、あなたのニーズを考慮する必要があります。

効果的な無料のDAWはたくさんありますが、本格的なDAWに比べると機能・性能が制限されているものが多くあります。

効果的な無料のDAWはたくさんありますが、本格的なDAWに比べると機能・性能が制限されているものが多くあります。

無料のDAWは、次のような場合に最適です。

  • 基本的なDAWで音楽制作を試してみたい方
  • DAWにかけられる予算は絶対に増やせない方
  • DAWが必要なのは、ワークフローのごく一部だけの方

このリストで紹介するアプリの多くは、評判の高いプロ用DAWの無料版です。 これらは、最終的に完全版のDAWを購入するつもりで、いくつかの異なるオプションを試してみる必要がある場合に最適です。

最後に、本格的な制作をお考えの方は、できれば予算を少し拡大することをご検討ください。

無料とは言い切れないが、有名どころよりかなり安価なDAWがいくつかあります。 その中でも、 Cockos Reaperは、わずか60米ドルで購入できます。

しかし、もしあなたが 簡単にアイデアを組み合わせてサンプルで遊ぶ方法を探しているならLANDRの新しいサンプリングと ビート作成ツール「Creator」を試してみてください。

これは無料の オンラインビートメーカー で、ピッチシフトとタイムストレッチ技術を使って、 LANDR サンプル上で最大8つのユニークなサンプルを組み合わせることができるきます!



無料オススメDAWアプリ10選

では早速、パソコンで音楽制作を始めるのに最適な無料のDAWアプリ10選をご紹介します。

1. Audacity

Audacity は元祖フリーDAWです。 オープンソースのマルチトラックオーディオエディターとレコーダーで、多くの異なるオペレーティングシステムで動作します。

オーディオトラックだけを扱うのであれば、Audacityは完全に機能する無料DAWソリューションです。

主な欠点は、AudacityがMIDIシーケンサーとして機能しないことです。 つまり、バーチャル・インストゥルメントで使用するためのMIDIトラックがないのです。

Audacityでプラグインを使うのも、プロのDAWとは少し違うので、完全な制作ワークフローには向かないかもしれませんね。

それでも、Audacityはこのリストに加える価値のある優れた無料DAWの一つです。

編集部注: 最近のMuseScoreの買収を受けて、一部の人はプライバシーとアプリケーション内に組み込まれているスパイウェアについて懸念を示しています。

長所

  • 確かなオーディオ編集機能
  • 無制限トラック

短所

  • MIDI互換性なし
  • プライバシーとスパイウェアに関する懸念
https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2020/08/Best-Free-DAWs_Audacity.jpg

2. Garageband

AppleのエントリーレベルDAW 「Garageband」 は、Mac OSが動作するすべてのコンピュータにバンドルされています。

AppleのエントリーDAW「Garageband」は、Mac OSを搭載したすべてのコンピュータにバンドルされています。

つまり、Macコンピュータでこれを読んでいる人は、すでに持っているということです。

Garagebandは、多くのミュージシャンにレコーディングを紹介したことで知られています。 しかし、初心者向けアプリという評判とは裏腹に、音楽制作には驚くほど効果的なのです。

Garagebandは、Appleが誇る使いやすさとスマートなデザインに、音楽制作のためのパワフルな機能を組み合わせています。

無料のDAWを必要としているMacユーザーなら、Garagebandを見逃さないでください。

長所

  • 超多機能でモダンなインターフェイス
  • 多くのソフトウェア音源とエフェクトを付属

短所

  • Logic Proと比較すると非常に限定的
  • Appleユーザーのみ利用可能
https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2020/08/Best-Free-DAWs_Garageband.jpg

3. Ableton Live Lite

Ableton Live は、エレクトロニックやサンプルベースのジャンルに関しては、おそらくDAWの中で最も有名な存在でしょう。

その理由は簡単です。 独自の「セッションビュー」により、ループを使った作曲が驚くほど簡単にできるようになりました。 内蔵のピッチシフトやワープ機能でのタイムストレッチはパワフルで使い勝手が良い。

Ableton Live Lite は、Abletonが一般的なソフトウェアやハードウェアのパッケージにバンドルして提供する、Liveの縮小版です。

多くの オーディオインターフェースMIDIコントローラープラグイン そしてiOSアプリでもLive Liteのライセンスは提供されています。

ホームスタジオをセットアップするには、これらのアイテムがいくつか必要です。Live Liteのコピーを含むバンドルに注目するとよいでしょう。

非常に人気の高いDAWであるLiveの使用感を知ることができる限定版です。

Live Liteでは、オーディオとミディのチャンネルを自由に組み合わせて、合計16トラックを使用することができます。 同時に最大4つの入出力が可能です。

長所

  • Abletonの定評あるワークフローを採用
  • 豊富なエフェクトとインストゥルメントを搭載

短所

  • 限定8曲
https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2020/08/Best-Free-DAWs_Ableton-Live-Lite.jpg

4. Tracktion Waveform Free

Tracktion Waveform Free は、印象的なフル機能のフリーウェアDAWです。

このリストにある他のDAWとは異なり、トラック数や同時録音数に制限がありません。

VSTおよびAUプラグインをホストすることができ、PCまたはMacで動作します。

Traktionは上級者向けにWaveform Proへの有償アップグレードを提供していますが、音楽制作に不可欠な機能をアンロックするためにフルバージョンを購入する必要はありません。

Waveform Freeは、初心者のプロデューサーが使いやすいように設計されており、他の無料DAWとは少し異なる設計思想を持っているのが特徴です。

長所

  • トラック数無制限、VSTとの互換性あり
  • 使いやすいインターフェイス

短所

  • 簡素化されたインターフェースは、標準的なDAWユーザーには分かりにくいかもしれません。

多くのオーディオインターフェイス、MIDIコントローラー、プラグイン、そしてiOSアプリでもLive Liteのライセンスが提供されています。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2020/08/Best-Free-DAWs_Tracktion-Waveform-Free.jpg

5. Pro Tools First

Pro Tools First は、業界標準のDAW「Pro Tools」の入門編です。

Pro Toolsが世界中のプロフェッショナル・スタジオで選ばれているDAWであることを証明する強力な機能の数々を搭載しています。

しかし、それにはいくつかの制限があり、考え直す必要があるかもしれません。 Firstでは、最大16トラックのオーディオを録音し、最大16のバーチャル・インストゥルメント・トラックをセッションで使用することができます。

そのうえ、同時に録音できるのは4トラックのみ。

しかし、Pro Tools Firstは、プロのスタジオで働くようになったときに使う可能性のあるDAWを使い始めることができます。 これは大きなメリットです!

長所

  • プロ品質のDAWへの優れた入門書

短所

  • 多くのカテゴリーで大きな制約がある
https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2020/08/Best-Free-DAWs_Protools-First.jpg

6. Ohm Studio

Ohm Studioも無料でダウンロードできるフル装備のDAWです。 人気プラグインメーカーOhmforceのDAWプロジェクトです。

Ohm Studioは、有償DAWに必要な音楽制作機能を制限なく提供します。

一緒に作業している他の人と音楽を共有するための便利な機能など、コラボレーションを中心に構築されています。

長所

  • 他の人とアイデアを共有しやすいコラボレーションデザイン
  • 必要なものがすべて揃い、楽曲も無制限

短所

  • 基本設計は、より高度な生産に適していない
https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2020/08/Best-Free-DAWs_Ohm-Studio.jpg

7. Cubase LE

Cubase LE も堅実なフリーDAWです。 スタインバーグのフラッグシップ・レコーディング・アプリ「Cubase」Liteバージョンです。

Cubaseは最初のデジタルシーケンサーアプリのひとつで、何十年にもわたって人気のあるDAWの選択肢となっています。

Cubase LEは、その最高の伝説を、わずかな制限付きで無料ユーザーに提供します。

LEでは、最大16トラックのオーディオと最大24のバーチャル・インストゥルメント・トラックを録音することができます。

最大8トラックの同時録音が可能で、スタインバーグの優れたVSTプラグインやサンプリングプラットフォーム「HALion」用のライブラリーが付属しています。

長所

  • 強力なDAWであるCubaseをベース
  • 大規模なサンプルライブラリとサンプリングプラットフォーム「HALion」を同梱

短所

  • オーディオ16トラック、インストゥルメント24トラックに制限
  • 同時録音可能なオーディオトラックは8トラックのみ
https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2020/08/Best-Free-DAWs_Cubase-LE.jpg

8. Soundbridge

Soundbridgeもフル装備のフリーDAWとして優れた選択肢のひとつです。



プロ用DAWの重要な機能をすべて含みながら、可能な限りシンプルで使い勝手の良いものに仕上げています。

内蔵のドラムマシンやエフェクトも優秀で、スタイリッシュなインターフェースで快適に作業ができます。

長所

  • わかりやすいシンプルなインターフェース
  • ドラムマシン、エフェクトを内蔵

短所

  • 機能が限定されており、多くのエフェクトやインストゥルメントを搭載していません。
https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2020/08/Best-Free-DAWs_Soundbridge.jpg

9. REAPER

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2021/08/Best-Free-DAW_UPDATE_Reaper.jpg

Reaperは無料のDAWではありませんが、非常に長いお試し期間があることと、60米ドルと非常に安価であることから、このリストに入っています。

これは、このリストで最も優れたDAWです。なぜなら、ほとんどの有料DAWと同様に機能し、完全にオープンソースなので、ユーザーが作成したスキンやMODでカスタマイズすることができます。

本格的なレコーディングインターフェイスを備え、VSTにも対応しているので、必要なものをインストールして、トラックを作り、聴いてもらうことができます。

ただ、最終的には60ドルでReaperの善良な人たちをサポートする覚悟が必要です。

長所

  • 本格的でプロフェッショナルなDAW
  • 無制限のトラック、スキナビリティ、完全なVST互換性

短所

  • 無料ではない
  • バンドルされているプラグインが少ない

10. Studio One 5 Prime

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2021/08/Best-Free-DAW_UPDATE_Studio-One-5-Prime.jpg

Studio One Primeは、Presonusが提供する無償の入門用DAWです。 基本的には、より高度なDAWであるStudio One 5のLiteバージョンです。

有償DAWのLiteバージョンとして、Studio One 5 Primeはいくつかの明確な利点を備えています。 特に、8トラックに制限されているAbleton Live Liteとは異なり、無制限にトラックを使用することができます。

本格的なレコーディング・インターフェース、サンプリング・ツール、ドラムマシン、ステップ・シーケンサーを搭載しています。

また、エフェクトプラグインも豊富に付属しています。

ゼロコストでの音楽制作の入り口としては、かなり完成度の高いものだと思います。

長所

  • 無制限トラック
  • PreSonus社製コントローラーに対応

短所

  • ソフトウェア音源はあまり収録されていない
  • VST互換性なし

 

11. MPC Beats

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2021/08/Best-Free-DAW_UPDATE_MPC.jpg

AKAIは、伝説的なグルーブボックスであるMPCシリーズで親しまれています。

だから、MPCにインスパイアされたDAW、MPC Beatsでビートメイキング志向のソフトウェアに移行しているのは理にかなっているのです。

この無料のDAWは、間違いなくビートメーカーやヒップホッププロデューサー向けで、基本的にはDAWスタイルのタイムラインインターフェイスを持つ無料のMPCです。

また、いくつかの限定的な録音機能と、あらゆる音を歪ませ、修正するためのエフェクトも搭載しています。

もちろん、8トラックと2つのオーディオ録音トラックに限られ、Windowsでしか使用できません。

だから、もしあなたがコンピュータで無料でエレクトリックなビートを作りたいだけなら、これはユニークなワークフローを持つクールなオプションです。

長所

  • クラシックなMPCのワークフローをコンピュータで実現
  • ビートメーカー指向の楽器

短所

  • 限られたトラックと録音機能
  • Windowsのみ対応

12. Podium Free

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2021/08/Best-Free-DAW_UPDATE_Podium.jpg

Podiumは、Windowsユーザーのみが利用できるもう一つの無料DAWです。

少し古びた感じのするインターフェースですが、DAWスタイルのタイムラインやミキシングボードなど、驚くほどモダンな雰囲気とワークフローを備えています。

また、無料のDAWは、完全なVST互換性と無制限のトラックを備えています。

唯一の欠点は、最近のノートパソコンに標準搭載されているクアッドコアCPUを使うことを前提に設計されていることです。

コア一つでしか動作しないので、CPUをオーバークロックしてクラッシュさせることも容易です。

それを除けば、音楽制作の入門用としては比較的堅実なDAWですが、PCユーザーであればの話です。

長所

  • 優れたユーザーインターフェース
  • VSTとの互換性

短所

  • 現在のCPUに合わせたモダナイズがされていない
  • Windowsのみ対応

無料録音ツール

音楽を作ることは、経済的な負担であってはならないのです。

だからこそ、これらの無料録音アプリは、クリエイターにとってとても便利なのです。

定番DAWのデモ版を試したい人も、あまりお金をかけずに音楽を作りたい人も、これらの無料DAWはその手助けをしてくれるでしょう。