LANDR BLOG

ミキシングとマスタリング録音

ステレオイメージ:ミックスの音を広げる方法

ステレオイメージ:ミックスの音を広げる方法

ステレオイメージは、ミキシングで音に幅と奥行きの感覚を作り出します。 そのため、優れたステレオイメージは、優れたミックスの重要な要素です。

しかし、立体感を感じさせて人々を引き付けるような、広く包み込むようなミックスを作成することはそう簡単ではありません。

今回の記事では、ステレオイメージについて、またミックスで幅広い立体感のあるサウンドを得る方法について知っておく必要のあるすべてのことを紹介していきます。

ステレオイメージって何ですか?

ステレオイメージ(音像)は、視聴システムの左右のスピーカーによって作成されるサウンド・ステージのクオリティーと定位感です。

ステレオイメージ(音像)は、視聴システムの左右のスピーカーによって作成されるサウンド・ステージのクオリティーと定位感です。

つまり、音が空間に置かれている想像上の平面の感覚と考えていただければいいと思います。

サウンドテクスチャ内にある、個々の楽器音をステレオ空間内のある一定の「場所」に簡単に聴き取れる場合、そのミックスまたはリスニングシステムのステレオイメージは良いと言うことになります。

ステレオス広がりでいうところの、幅、奥行き、立体感などの側面も、ステレオイメージの強い立体感覚にプラスに貢献します。

ミックスで幅広いステレオイメージを得る方法

優れたステレオイメージでトラックをミックスすることは困難ですが、音の幅を作成する基本的な方法を理解していれば、ステレオ情報をより細かく操ることができます。

ミックスに幅広いステレオイメージを与える主な方法は次のとおりです。

  • 音源でステレオシグナルを正しく録音する。
  • モノラルおよびステレオトラックを適切に使用する。
  • モノソース全体をパンすることを恐れない。
  • マスターバス上のステレオ拡幅効果は避け、深さとリアルさを追加する必要がある場合は、モノラルトラックにアンビエンス効果を使用する。

上記のそれぞれのアプローチこれから説明していきます。

音源で正しく録音する

まずステレオイメージを語るにあたり重要な要素は、音源を正しく録音することです。

アコースティックサウンドの正確なステレオイメージを再現しようとする場合は、音源で正しく録音する必要があります。

録音後にステレオ音源の特性を変えることは非常に困難です。

録音後にステレオ音源の特性を変えることは非常に困難です。

ほとんどのステレオテクニックでは、録音時のステレオイメージに制限されてしまいます。

two studio microphones

トラックを配置するときに魅力的なステレオイメージを得ることに焦点を合わせます。

アドバイス:中央そして側面にマイクを配置する方法は、音源を録音した後でも録音のステレオイメージを変更できる数少ないテクニックの1つです。

横のマイクと中央のマイクのブレンドを調整することにより、「幅」(または間接音の割合)を好みに合わせて調整できるようになります。

ステレオトラックとモノラルトラックを使用するタイミングを知る

より多くのステレオトラックを使用すると、より幅広いミックスができるように思えるかもしれません。

実際はほとんどがその逆です。

ステレオトラックが多すぎると、個々の楽器がステレオフィールドで曖昧に聴こえることがあります。

また、ミックスが完全にまたは部分的にモノラルにまとめられる状況で崩壊する可能性があります。

幅広いサウンドのミックスは、さまざまなステレオトラックと、スペクトルの両端を含むさまざまな位置にパンされるモノラルトラックで構成されます。

ドラムのオーバーヘッド、ピアノ、ルームマイクのような自然なステレオの広がりを持つ音源は、ステレオトラックの良い候補です。

自然に発生するステレオ情報が含まれていない場合、ステレオで音源を録音するかどうかは考えましょう。

ワイドにパンをする

初級および中級エンジニアは、しばしばパンニングに対して保守的です。

これにより、ミックスの音が狭くなり、音がステレオフィールドの中心に集中しすぎる可能性があります。

これの解決法は非常に簡単で、ただ音全体をパンするだけです!

トラックを極端にパンすことを恐れないでください。 ワイドミックスでは、常に少なくともいくつかの音には極端にパンがかかって出ています。

トラックを極端にパンすことを恐れないでください。 ワイドミックスでは、常に少なくともいくつかの音には極端にパンがかかって出ています。

最初は、ステレオフィールドのはじっこにモノラルトラックを残しておくのは少し不快感を思えるかもしれませんが、重要なミックスリファレンスを行うには少し時間がかかります。

プロのミックスのモノトラックは、自分が思ったよりも広く配置されていることがあります。

ステレオ拡張プラグイン

多くのプラグインは、ミックスをより広く、より立体的に魔法のように変えることを約束します。

現実には善よりも害を及ぼしている可能性があります。

これらのタイプのプラグインは通常、短いディレイまたは他のタイプの時間を操作する裏技を導入することでステレオイメージを作ります。

つまり加えられた幅の幻想を作成するかもしれませんが、害を考えると使うだけの価値はありません。

ディレイと時間領域のシフトにより、左右のチャンネル間に位相差が生じます。つまり、ミックスがモノに集約されると、位相の異なる要素は互いに相殺されてしまいます。

いつミックスをステレオからモノに集約するですか?と思っている方、実は思っている以上に起こります。

ステレオを分けることが最小限の再生システムで音楽が聴く状況では、これらの悪影響が発生する可能性が高くなります。

例えば、電話、Bluetoothスピーカー、ノートPCのスピーカーなどのシステムなどが上げられます。これらをオーディオのメイン再生システムとして使用する人は大勢います。

相殺された音は、はるかに少ないパンチと鮮明度で、ところどころ音が消えたかのような音になります。

ミックス全体でステレオ拡幅効果があるとうたているプラグインの使用は避けてください。

モノラルからステレオ

すべての人工ステレオが悪いわけではありません。

コーラスディレイリバーブなどの方法を使用してモノ音源からステレオシグナルを作成することは、ミックス内でより適切に配置するための優れた戦略です。

エフェクトセンドのパンポジションと、リターンのL-Rバランスを試してください。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/10/Stereo-Imaging_1200x627_monoStereo.jpg

リバーブセンドのパン位置をソースのドライシグナルと一致させると、ステレオフィールドで具体的にその位置が確立されます。

リバーブセンドのパン位置をソースのドライシグナルと一致させると、ステレオフィールドで具体的にその位置が確立されます。

センドシグナルとドライシグナルを反対方向に配置すると、興味深いミスマッチスペースが作成される可能性があります。

ステレオイメージ

ステレオイメージは、優れたミックスの重要な側面です。 ステレオでうまくミキシングする要因を知っていれば、正しく設定するのは簡単です。

これらのヒントを活用して、ミックスで幅広い3Dステレオイメージを作りましょう。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿