LANDR BLOG

ミキシングとマスタリング音楽機器

全てのミキシング環境に役に立つ15のお薦めリバーブ・プラグイン

全てのミキシング環境に役に立つ15のお薦めリバーブ・プラグイン

リバーブは、オーディオエンジニアにとって最も重要なツールの1つです。 リバーブはあるとあらゆるミックスに使用されるオーディオエフェクトの代表の一つです。

世の中には数多くのリバーブプラグインが出回っているので、どれをを使うかうべきかが大きな課題です。 そのため何百ものプラグインをふるい落とす過程で、体力ともにあなたの創造力もどんどん消耗してしまうのも事実です。

だからこそ、さまざまなタイプのリバーブ・プラグインを知っているなら、ミックスを改善するのに最適なアンビアンスを作るための適切なツールを選ぶことができます。

ここでは、さまざまなスタイルのリバーブと、各リバーブタイプのオススメ15選のリバーブプラグインについて紹介します。

アナログ系電気機械リバーブ

20世紀あたまの、エンジニア達はトランスデューサを使って金属片に振動を発生させることができることを発見しました。

これらの振動は、エレクトリックギターで使用されるような電磁ピックアップで捉えることができることがわかりました。

この発見が、後のスプリングリバーブとプレートリバーブの2つの代表的な電気機械系リバーブの開発につながりました。

スプリングリバーブとは何ですか?

スプリングリバーブは、コイルスプリングのユニークな動作を利用しています。 トランスデューサはバネの一端に取り付けられ、ピックアップはもう片方に設置されました。

スプリングリバーブは、バネの種類によって幅広く変化し、主により重圧な音、よりエッジの強い音を奏でます。 スプリングリバーブはクラシックなギターアンプでよく見られます。

スプリングリバーブを使用すると、「アナログ特有の暖かみを感じる残響音」的なメタリックなリバーブが得られます。

お薦めスプリングリバーブVSTプラグイン

無料: Hotto Spring Reverb

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/Best-Reverb-Plugins_1.a_hotto.jpg

Hotto Spring Reverbは効果的で使いやすく、しかも無料のスプリングリバーブです。
スプリングリバーブは、バネの種類によって幅広く変化し、主により重圧な音、よりエッジの強い音を奏でます。

幅広く変化し、主により重圧な音、よりエッジの強い音を奏でます。

お手頃価格: Aegean Music Spirit Reverb

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/Best-Reverb-Plugins_1.b_spiritreverb.jpg

Aegean Music Spirit Reverbは、スプリングリバーブをトラックに加える手頃な価格のプラグインです。 また、ディレイやチューブ・プリアンプ・エミュレーションなどの他のトーン・シェーピング・エフェクトも含まれています。

プロ: PSP Springbox

スプリングリバーブを使用すると、「アナログ特有の暖かみを感じる残響音」的なメタリックなリバーブが得られます。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/Best-Reverb-Plugins_1.c_pspspringbox.jpg

PSP Spring Boxは、多機能で完璧なスプリングリバーブです。 現実的なヴィンテージのスプリングリバーブから本当にユニークな残響音まで幅広い範囲をカバーしてます。

どこで使うの?

スプリングリバーブはエレクトリックギターを持っている人では自宅でおなじみのエフェクターですが、粗い感じのリバーブが必要な場所であればどこでも使用できます。

プレートリバーブとは何ですか?

プレートリバーブは、アナログレコーディングの黄金時代のリバーブの主なスタイルです。プレートリバーブはスプリングリバーブに用いられるようなトランスデューサのある鉄板を利用することで作られています。

しかし、高品質のプレートリバーブを作成するには巨大な鉄板が必要になるため、今日ではプレートリバーブは高価で稀になりました。

プレートリバーブが愛されたには訳があります。プレートリバーブは、ミックスによく混ざり、ドライシグナルを圧倒しない、非常に象徴的なサウンドを作り出します。

お薦めプレートリバーブVSTプラグイン

無料: TAL Reverb 2

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/Best-Reverb-Plugins_2.a_TALreverb.jpg

TAL Reverb 2は、最高、最強の無料リバーブ・プラグインといっても過言ではありません。TAL Reverb 2は、プレートリバーブをモデルにしていますが、自然的で現実的な音からアンビエントの豊富な音まで作れます。

プレートリバーブは、ミックスによく混ざり、ドライシグナルを圧倒しない、非常に象徴的なサウンドを作り出します。

お手頃価格: VallhallaDSP ValhallaPlate

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/Best-Reverb-Plugins_2.b_ValhallaPlate.jpg

ValhallaDSPは最高の対価以上の価値を生み出すリバーブ・プラグインを作り出しました。 Sean Costelloのプラグインは、価格が安いにもかかわらず、プロのオーディオコミュニティで広く尊敬されています。

ValhallaPlateはプレートリバーブ入門するならお手頃で価値以上を生み出せるすごいプラグインです。

プロ: UAD EMT 140 Plate

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/Best-Reverb-Plugins_2.c_EMT140.jpg

Universal Audio社は、ヴィンテージエミュレーションの名ブランドで、Universal Audio社のプラグインは専用ハードウェアプラットフォーム上で動作します。

クラシックなEMT 140 tube plateの再現モデルは大ヒットし、それは信じられないほど本格的で、実際のプレートリバーブの近くでは奇妙に聴こえるくらいでした。

プレートリバーブはどこで使うべきですか?

独特の特性を兼ねたスムーズで一定音のリバーブが必要なボーカル、スネア、または他どこでも可。

アルゴリズミックリバーブ

アルゴリズミックリバーブは、信号処理をデジタルで行うリバーブです。通常は、多数の縦系列に接続されたデジタルディレイ線を使用して音響反射の錯覚を作り出します。一番古いデジタルリバーブ機器はアルゴリズム的なので、スタジオリバーブと関連付けられるクラシック音の多くがこのように作成されました。

アルゴリズミックリバーブは、処理能力が初期段階では非常に限られていたため、必ずしも現実的ではありませんでした。しかし、デジタルリバーブはまだたくさんのミックス環境で力を発揮し、望んだリバーブ音そしてデジタルならではの象徴的な音を奏でます。

お薦めアルゴリズミックリバーブVSTプラグイン

無料: Smartelectronix Ambience

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/Best-Reverb-Plugins_3.a_ambience.jpg

Smarteletronix Ambienceは、初めて登場した無料でしかも高品質なリバーブプラグインの1つでした。このプラグインは今でもお薦めできる夢のようで、アンビアンスのある、デジタルリバーブの一つです。

お手頃価格: VallhallaDSP VintageVerb

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/Best-Reverb-Plugins_3.b_VintageVerb.jpg

Valhalla VintageVerbは、70年代と80年代のハードウェアリバーブの周波数とサンプルレートの制限をシミュレートするヴィンテージスタイルモードを備えた多彩なアルゴリズミックリバーブです。

アルゴリズミックリバーブは、処理能力が初期段階では非常に限られていたため、必ずしも現実的ではありませんでした。しかし、デジタルリバーブはまだたくさんのミックス環境で力を発揮し、望んだリバーブ音そしてデジタルならではの象徴的な音を奏でます。

プロ: UAD Lexicon 224

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/Best-Reverb-Plugins_3.c_lexicon224.jpg

UAD Lexicon 224は、クラシックなヴィンテージハードウェアを精密に複製しています。元のLexicon 224は、1970年代後半にスタジオに導入された容易に入手が可能な初のデジタルリバーブユニットの1つでした。Lexicon 224がその時代を象徴するリバーブ音の数々を作っていました。

アルゴリズミックリバーブの使い方

アルゴリズムは、シンセパッド、エフェクト、またはスタイリッシュで包み込むリバーブが必要な場所で最適です。

コンボリューションリバーブ

コンボリューションリバーブは、畳み込み演算と呼ばれる数学的プロセスを通じて、アンビアンスを作り出します。

これらのリバーブプラグインはインパルスレスポンスを使ってエフェクトを作り出します。インパルスレスポンスは、マイクロフォンとインパルスと呼ばれる特別なトーンを使い実際の空間の残響を測定することによって行われます。

この類のリバーブは、シンセパッド、エフェクト、またはスタイリッシュで包み込むようなリバーブが必要な箇所で最適です。

インパルスレスポンスは、サウンドに特定の残響特性を適用するためにプラグインが使用する音質プロファイルです。

簡単に言えば、コンボリューションリバーブを使用すると、DAW内で現実空間の雰囲気を使用できことになります。

ヒント:コンボルーションは、エレクトリックギター用のスピーカーキャビネットなどもシミュレーションすることができます。

多目的コンボルーションプラグインをお持ちの場合は、スピーカーキャビネットのIRを使用して、アンプを直接録音する際に納得のいく音を得ることができます。

お薦めコンボリューションリバーブVSTプラグイン

無料: SIR Audio Tools SIR1 (Windows用) LAConvolver (Mac用)

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/Best-Reverb-Plugins_4.a_SIRConvolver.jpg

無料ながら、コンボリューションリバーブプラグインのSIR Audio Tools SIR1やLAConvolverは、大きな響きのインパルス・レスポンスを読み込むことができます。コンボリューションならではの音を出してくれます!これらのプラグインはそここそ最も機能が充実しているプラグインではないかもしれませんが、仕事を完成させるという面ではなんら問題ありません。

お手頃価格: Liquid Sonics Reverberate Core

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/Best-Reverb-Plugins_4.b_liquidsonics.jpg

Liquid Sonics Reverberate Coreは、安価で効果的なコンボリューションリバーブをお探しの方に最適です。インパルスレスポンスのパラメータをロードし調整する機能が付いています。

プロ: Audio Ease Altiverb

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/Best-Reverb-Plugins_4.c_Altiverb.jpg

Audio Ease Altiverbはスタジオコンボリューションリバーブの王道です。そのパワフルなコンボリューションエンジンとIRコレクションは、極めて現実的で納得のいく音響空間を作り出すことができます。

コンボリューションリバーブの使い方

マイクの楽器を閉じたり、自然でリアルなサウンドスペースが必要な場所で最適です。弦やピアノのようなアコースティック楽器にコンボリューションは非常に適しています。

ノンリニアリバーブ

聴いたことがあるだろうけどまだ紹介していないいくつかのクラシックなリバーブの音があります。

ゲートリバーブやリバースリバーブのような特殊効果についてお話しをしていこうと思います。これらの音は、すべてノンリニアつまり「非線形」リバーブの例です。

デジタル、アルゴリズミック、コンボリューションリバーブは、ある程度の成功を収めた実空間をモデル化しようとするリバーブの試みです。

いくつかの例は風変わりで現実的ではありませんが、依然として全てに共通していることは「線形」なディレイがあることです。

弦やピアノのようなアコースティック楽器にコンボリューションは非常に適しています。

つまり実際の音響空間で起こるエネルギーの正常で均一な減少でリバーブが鳴り響くことを意味しています。

ノンリニアリバーブは、その概念に全く沿っていません。象徴的なのは、80年代に流行ったゲートリバーブとリバースリバーブのようなクラシックなリバーブ “エフェクト”になります。

お薦めノンリニアリバーブVSTプラグイン

無料: Longsound MicroVerb VST

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/Best-Reverb-Plugins_5.a_microverb.jpg

Longsound MicroVerb VSTは、Alesis Microverbハードウェアユニットのエミュレーションです。このエントリーレベルのハードウェアリバーブは、3つあるノンリニアリバーブプリセットで知られています。

お手頃価格: ValhallaDSP VintageVerb

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/Best-Reverb-Plugins_5.b_valhallaVintage.jpg

その素晴らしいノンリニアアルゴリズムに優れたValhalla VintageVerbがお手頃価格リバーブからのオススメです。

プロ: UAD AMS RMX16

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/Best-Reverb-Plugins_5.c_amsRMX16.jpg

ハードウェアのAMS RMX16は、Universal Audio社によって苦労してモデル化されたもうひとつの初期のデジタルリバーブです。1980年代に出回った曲に使われたゲートリバーブ音の多くはUAD AMS RMX16のノンリニアプリセットが主に使われていました。

他のリバーブがちょっと普通すぎて聴こえる場合は、ノンリニアスタイルを試すのもペース変換になり効果的です。

ノンリニアリバーブの使い方

サイケデリックな特殊効果を作成するには、ノンリニアリバーブを使うのが最適です。他のリバーブがちょっと普通すぎて聴こえる場合は、ノンリニアスタイルを試すのもペース変換になり効果的です。

よく考えて、試すのもあり

自然で魅力的な音を出すために、あなたの曲は空間感覚を奏でる必要があります。

だからこそ、リバーブはあらゆるミックスの必須要素に成り上がってきました。 それを正しく効果的に使うためには、ツールを知る必要性が重要になってきます。

アコースティック・ギターに現実的なアンビアンスを加えたり、シンセパッド用に洞窟内のような空間を作ったり、80年代のゲートスネアを再現したり、どのリバーブをどう使うかが重要です。

プレート、スプリング、コンボリューション、アルゴリズミックリバーブ、そしてノンリニアリバーブはすべてあなたの音楽に役立つツールです。

今回紹介したプラグインを試してみて、さまざまなタイプがどのように機能するかを自分の耳で聴き試ししてみよう。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿