LANDR BLOG

ビートメイキング

SFXサンプルを活用してトラックにテクスチャを追加する方法

SFXサンプルを活用してトラックにテクスチャを追加する方法

SFX(スペシャル・エフェクト)サンプルはトラックに深さと雰囲気を加え想像外のサウンドを作品に与えることができるため、非常に重要な要素の一つです。

ただし、SFXサンプルを使いのミキシングはそう簡単には行きません。 トラックのメインになる要素を圧倒することなく最適なテクスチャを得るには、いくつかの創造的なミキシングアプローチが必要になります。

今回の記事では、SFXサンプルを活用してトラックにテクスチャを追加する7つのとっておきの方法を紹介します。

1. 適切なSFXサンプルを見つける

SFXは、サンプルに関しては幅広いカテゴリに分類されます。

短いワンショットから音風景全体まで、すべてを「SFX」つまりスペシャルエフェクトと見なすことができます。

短いワンショットから音風景全体まで、すべてを「SFX」つまりスペシャルエフェクトと見なすことができます。

つまり、曲の特定の瞬間に適切なサンプルを見つける必要があるということです。

そこで、LANDRサンプルが役に立ちます。ジャンル、楽器、曲タイプフィルターを駆使して、膨大なサンプルパックのライブラリからSFXを参照できます。あなたの作品にぴったりなサウンドがきっと見つかるでしょう!

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/08/LANDR-Samples-Browse-SFX.png

2. サンプラーのオンボードトーンシェーピングツールを活用する

最近のサンプラープラグインには、サンプルの再生操作するための一連の機能が付属しています。

サンプルの開始時間と終了時間、ピッチの移調、再生方向、レゾナント・フィルターの設定を調整すると、他の処理を追加する前に、大いに役に立つでしょう。

ADSRを使用してサンプルのエンベロープを変更すると、その特性が大きく変わる可能性があります。 そして、どのサンプルも逆に再生すると全く別物になります。

ピッチについても同じことが言えます。 侵襲的なピッチシフトによって生じる音質の粗いアーティファクトが、そのサウンドが正しい感触を得るために必要なものである場合があります。

sampler SFX

サンプラーのオンボードサウンドシェーピングツールを使用して、完璧なSFXサウンドにどれだけ近づけるかを試してみてください。すぐに想像通りのエフェクトに到達するはずです!

3. EQを恐れないでください

SFXサンプルは本質的に大気のようなものです。

トラックにフィットするために、サンプルのオリジナルの特性をキープする必要はありません。

濁ったミックスにならないようにそれらをブレンドするには、EQプラグインでSFXサウンドを操作する必要があります。

しかし、音程の調整だけではありません。
サンプルは、ハイパスまたはローパスフィルターによって根本的にフィルター処理された場合、完全に異なる音になります。

急峻なノッチやバンドパスでさえ、サンプルの全体的な周波数の範囲内で一意の存在感を示すことができます。

EQ for SFX samples

急峻なノッチやバンドパスでさえ、サンプルの全体的な周波数の範囲内で一意の存在感を示すことができます。

EQはサウンドデザインツールですので、そのように使用してください。

4. エフェクトでさらに創造的に

次に頼りになるサウンドデザインテクニックは、エフェクトを活用して創造的になることです。

SFXサンプルを使用する場合、ルールはありません。

サウンドの自然な特性を微妙に高めたい場合でも、まったく異なる次元を取り入れたい場合でも、エフェクトを使用するのが最適な方法です。

パラレル/シリアルチェーンと珍しいエフェクトを試してみるのもいいでしょう。リバーブプラグインからのウェットシグナルのみを使用するとどうなりますか?

または、元のサンプルの後に長く続くカスケードディレイを作ってみてはどうでしょう?

creative effects processing

ツールボックスにあるあらゆるスタイルのジュレーションを試してください。 Rateを0にしたフェイザーとフランジャーは、興味深いトーンシェーピングフィルターとして機能します。

微妙なコーラスはステレオフィールドを広げるのに最適です。

この用途では、歪み系、オーバードライブ系、およびビットクラッシング系のエフェクトも優れています。

5. SFXサンプルを一緒にレイヤーする

サンプルのレイヤー化は、キックやスネアなどの基本的なトラックの一般的な方法です。

そして、複雑で進化するSFXサウンドの作成にも非常に効果的です。

エフェクトやEQで積極的に編集を加えるよりも、サンプルを追加する方が簡単で透明な場合があります。

エフェクトやEQで積極的に編集を加えるよりも、サンプルを追加する方が簡単で透明な場合があります。

他のトーンシェーピングツールを使用しても必要な結果が伴わない場合は、LANDRサンプルのラインナップをチェックしてみて、レイヤー化する追加のSFXサウンドを見つけてください。

2つ以上のサンプルを使用すると、従来のミキシングのすべてのツールを自由に使用できます。

複数のSFXサンプルをパンおよびブレンドする方法を決めることは、それ自体がサウンドデザインの練習です。 つまり、可能性を倍増させます!

6. SFXサンプルをサイドチェインして、必要なスペースを確保します

エフェクト内に複数のレイヤー化されたSFXパッチを作成したとします。音自体が徐々に混雑してきて、曲の主要な要素からフォーカスが散ることがあります。

SFXのトラックは、リズミカルまたはメロディックの基盤を圧倒してはいけません。それと同時に、SFXのトラック深みと興味を与えながら、曲全体に自然に溶け込む必要があります。

サイドチェイン・コンプレッションは、特にキックドラムが背景音の密度に関係なくその存在を維持することを保証する1つの方法です。

サイドチェイン・コンプレッションは、特にキックドラムが背景音の密度に関係なくその存在を維持することを保証する1つの方法です。

これは、サイドチェインダッキングトリックの古典的な用途です。

sidechain SFX samples

SFXトラックを単一のステレオバスにルーティングし、サイドチェイン入力を備えたコンプレッサーを挿入します。

キックドラムトラックからSENDを作成し、SFXバスコンプレッサーのキー入力にルーティングします。

これで、コンプレッサーはキックドラムトラックを聴き、ゲージが赤になるたびにゲインを大幅に減らします。

スレッショルドの値、レシオ、アタック、リリースコントロールを使用して、ダッキングのタイミングと強度を微調整します。

それを適切に調整すると、SFXは曲全体にシームレスに溶け込みます。

7. オートメーションを活用して微調整します

多くの場合、SFXパッチは非常にダイナミックです。

コンプレッションなどの従来のダイナミクス処理では、表現力豊かなSFXサンプルの劇的な変化をコントロールするには不十分な場合があります。

他のすべてがうまくいかなかった場合、オートメーションはサウンドをコントロールするための最良の方法です。

他のすべてがうまくいかなかった場合、オートメーションはサウンドをコントロールするための最良の方法です。

フェーダーレベルでレベル調整を行うことにより、サウンドデザインフェーズで決めた繊細な関係を変更することなく、エフェクトの広範囲な使用による変動を確実に把握できます。

SFXは使いよう

優れたSFXサンプルは、トラックの雰囲気とヴァイブをより一層高めることができます。

SFXテクスチャを微妙かつ上品にブレンドするには、戦略的なミキシングが必要です。

SFXサウンドを制作に取り入れるのに苦労しているときに、これらのヒントを試してみてください。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿