LANDR BLOG

ビデオミキシングとマスタリング

【保存版】LANDRで最適にマスタリングするための曲の準備の方法

landr-blog-master-8

音楽を作るのは簡単です。 曲のミックスもやりがいがありますが、実行可能です。

一方、サウンドエンジニアリングは非常に技術的で時間のかかるプロセスであるため、すべてのアーティストが優れている分野ではありません。

このガイドは誰もがLANDRでのマスタリングで最適なマスターを作るための、トラックの準備方法を紹介します。 おすすめは、読んで、ノートをとって、そして音楽作りに戻って学んだことを再度試してみることです。

ダイナミクスとマスタリングについて

優れたダイナミクスのあるミッスクはパンチが効いていてグルーヴィー、そして聴いていても疲労感が少なく、よりおもしろい、耳に刺激的な音に聴こえます。

さらに、ヘッドルームが十分にあるダイナミックなミックスは(ヘッドルームは記事中段で紹介します)、常に優れたマスターに仕上がります。ヘッドルームにより、マスタリングの工程で必要十分なスペースが生まれます。

ミックスにダイナミクス用のヘッドルームを残すことは簡単です。 ミキシングの段階で2つの重要な概念を理解することがすべてです。

  1. トランジェント
  2. ヘッドルーム

トランジェントとは?

トランジェントは音のアタック部分です。 代表的な音は、スネアの弾けるような音だったり、キックの叩きつけるような音です。

「トランジェントはパンチとグルーヴの生命線です。」

トランジェントはパンチとグルーヴの生命線です。 あなたの音楽が濡れたダンボール箱のようにはみ出して聴こえるのではなく、リスナーの胸を打つような音にしたいなら、トランジェントは不可欠です。

これがトランジェントの一例です。 アタック(初期ヒット)とディケイの間には素晴らしいバリエーションがあります。 このバリエーションは、耳が音を面白いものとして聴き入れます。

landr-blog-master-6

これが同じヒットですが、コンプで潰してみました。

landr-blog-master-5

ヒットの開始とディケイの間に違いがないことに注目してください。 これは良くない例です。

音量が大きいかもしれませんが、それを引き換えに「つまらない」ことを意味するかもしれません。それはまた退屈を意味します。 波形の反復の山と谷の差が大きければ大きいほど、もっと面白い音を意味します。 もちろん、コンプレッションを使う賢い方法がありますが。

しかし、コンプをかけすぎると、波形の反復が小さくなり、おいしい起伏はすべてなくなります。 残念!

ヘッドルームって何ですか?また、ヘッドルームはどのようにマスタリングを良くしますか?

ヘッドルームは、マスタリングのプロセスのためにミックスに残っている物理的なスペースです。

例えばですが、このトラックはヘッドルームを非常に小さく残した例です。 ご覧のとおり、マスタリングプロセス用のスペースはほとんどありません。

landr-blog-master-7

これは同じトラックを今度は十分なヘッドルームを残しミックスしています。 作業に必要なスペースの量に注意してください。

landr-blog-master-4

一番下の波形は、メーターを赤(音割れ)にすることなく、さらに優れたダイナミックレンジを持っています。これらの興味深い山や谷を完璧に仕上げるためのマスタリング用のスペースがたくさん残っています。

LANDRマスタリング用に十分なヘッドルームを残すにはどうすればよいですか?

ここで重要なことは、理にかなったレベルで録音してミックスすることです。 経験則として、マスターフェーダーのピークレベルは約-6dBに保ちます。


マスターフェーダーのレベルが-6dB前後でピークに達していることに注目してください。

landr-blog-master-3

クリップさせてはいけないルール

最も多くのDTMerが陥る間違いは、クリップするギリギリでミックスしてからマスターバスにリミッターをかけることです。

問題は、いくらリミッターがクリップを示す赤い点灯を防いだとしても、結局の所、大事なトランジェントのピークが減り、あったはずの素晴らしいダイナミックスが削がれてしまったが故に、トラックのダイナミックスに悪影響を与えています。

心に留めていて欲しいことは、リミッターは、そもそも耳にとって「おもしろい」と感じるトラックの波形の山と谷を犠牲にします。

LANDRにアップロードされるたくさんのトラックで最もよくある問題の1つは、推奨される6dBのヘッドルームを残すためにリミッターが過剰にかけられ、マスターフェーダーで強引にヘッドルームを確保したトラックです。そのため、LANDRにアップロードされた時点で既に、トラック自体が潰されてしまっているのです。

これは正しいやり方ではない!その結果、残念ながら理想的な仕上げのマスターにはなりません。 その理由は、

マスターフェーダーは、リミッターがかかった後でゲインを下げます。リミッターがかかった前ではないんです。トラックがクリッピングしているのであれば、マスターフェーダーに着く前の問題ということです。

だから解決策は何ですか?

手に取れるあらゆる種類のコンプとリミッターを駆使して、ミキシングの段階でトラックの音圧を大きくすることは考えないで結構です。スタジオでミックスしていて、「ちょーっと」静かに聞こえるかなと感じた場合は、ただ単にモニタースピーカーの音量をあげるか、電源を入れてください。

ミックスの段階では可能な限り最高のサウンドにすることに集中し(つまり素晴らしいダイナミックミックスのあるトラック)、そして「ラウドネス・音圧」はマスタリングのステージに任せます。

「自分の曲をマスタリングしてから送信して、マスタリングするのは全く意味がありません。」

これは、ピザを焼いた後、それを再度焼くことをしないのと一緒のことです。マスタリングについても同じことが言えます。トラックをマスタリングしてから、マスタリングを再度する意味はありません。

以下が、ヘッドルームが十分に残されたトラックの例です。

1How-To-Prepare-Your-Music-For-LANDR-Mastering-mix-headroom

LANDRに提出するのに最適なファイル形式は何ですか?

常にマスタリングに最適なファイル形式をアップロードしてください。ベストなファイルフォーマットはWAVAIFF形式です。

セッション時と同じサンプルレートとビット深度でトラックをエクスポートします。

landr-blog-master-10

マスタリングするために、MP3(またはM4A、OGG、WMA)は使わないでください。

LANDRマスタリング出力フォーマットにHD WAVを選択するのが最良の選択です。MP3などの圧縮形式のファイルがデジタル音楽配信に必要な場合、HD WAVから作成すれば、トラックのすべてのコピーが最高に聴こえることを保証します。

landr-blog-master-2

16ビットの解像度はCD時代からのなごりとして残っていますが、今日のDAWは、24ビットを問題なく処理できます。実際、24 bitでレコーディングしないという理由は全くありませんし、24 bitはあらゆるアプリケーションに最適です。

ディザーに関しては、以下のことを念頭に入れておいてください:

  1. 必要不可欠な場合以外は、ファイルの種類を変更しないでください。24-bit / 44.1kHzでトラッキングしたならば、そのまま24-bit / 44.1kHzをキープ!何らかの理由でダウンサンプリングする必要がある場合は、変換中に必ずディザをかけてください。
  2. ファイルがDAWからエクスポートされる時用に、ディザリングを使ってください。エクスポート中に1回だけディザします。
  3. ファイルをマスタリング用にエクスポートしている場合、32 bit floatファイルをエクスポートできる場合はディザ処理を省略します。この場合、マスタリングプロセスでディザをするので問題ありません。 32 bit float以外のものをエクスポートするときは、ディザをする必要があります。それはレコーディングしたものと同じビット深度であるファイルをバウンスするときを含みます。

ディザについてもっと詳しく知りたい場合、ディザの総合ガイドをチェックしてください。

サンプルレートとマスタリング

サンプルレートは少し明確ではありません。そのため、サンプルレートの何が良いか悪いかや、そして何が受け入れられる程度なのかについて多くの議論があり、明確な勝者はいません。

たくさんの素晴らしい作品が44.1kHzで録音されています。

より高いサンプルレートを使用しても問題ありませんが、コンピュータが追加のCPU負荷を処理できることを確認してください。 CPUの負担が高いほど、コンピューターへの負担も増えます。

landr-blog-master-9

最終的な出力がどのようなものである必要がわかっているなら、必ず適切なサンプルレートで作業し、最後に不要なサンプルレートの変換手順を避けてください。

HD WAVアーカイブ・マスタリングから始めればまず問題ないでしょう。音楽を配信するときに直面するすべての変換シナリオ(MP3などの圧縮オーディオファイルへの変換など)にも対応可能です。

今まで今回の記事を読んでみて、完璧なマスタリングのための曲の準備方法を理解していただけたと思います。まとめてみると、

  1. トランジェントを保存するために賢くコンプレッションを使う
  2. マスターフェーダーのピークレベルを-6dB前後に保つ
  3. マスタリングの前にリミッターや過度のコンプレッションを避ける
  4. 最高のLANDRマスタリングのためにWAVまたはAIFFフォーマットでファイナルミックスをバウンスする
  5. 常に24 bitの解像度を使う
  6. 32 bitのファイルをエクスポートできる場合は、ディザリングをLANDRに任せる。そうでない場合は、エクスポート時の元の解像度に気を付ける
  7. HD WAVをLANDRマスタリングフォーマットとして使用して、将来のあらゆるフォーマットニーズに対応できるようにする

これらの手順に従えば、LANDRマスタリングを最大限に活用するための必要なすべてが揃います。アドバイス、コメント、その他質問がある場合は、いつでもsupport@landr.comにご連絡してください。

ハッピーマスタリング!

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿




Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿