LANDR BLOG

ミキシングとマスタリング音楽機器

ヘッドルームを残し、ミックスを助けるための7つのアドバイス

ヘッドルームを残し、ミックスを助けるための7つのアドバイス

ヘッドルームは空気のようなものです。つまり、あなたのミックスが十分に呼吸をするためにヘッドルームが不可欠になります。

んなマスタリングエンジニアに聞いても全く同じことを言うと思います。ミックスにヘッドルームのスペースがないと、文字通りミックス自体に改善の余地が非常に少なくなります。

あなたが目指している理想的な最終的なマスターファイルは、ミキシング中の良い習慣から始まります。そしてミックスを開始するときにヘッドルームを念頭に置いておくことが、最良の習慣です。

素晴らしいミックスの2つの重要な特性はダイナミクスとヘッドルームです。ダイナミックミックスは、大きな部分と静かな部分との間に多くのバリエーションがあります。曲のエネルギーは時間とともに変化し、ミックス自体の面白さを保ちます。

ミックスのあらゆる段階でヘッドルームを最適化することが、これらのすべての重要なダイナミクスを損なう可能性を防ぐ最善の方法です。

これからどうやるかを説明しますが、さらに重要なのは、これらをしっかり正しく行うことです。

ヘッドルームとは何ですか?

デジタルオーディオの世界では、ヘッドルームは言うならば『安全地帯』、または『音楽機器でクリッピングせずに記録可能な最大限の信号の大きさ』と『実際に録音する音のピーク(一過性のピーク)』との間のスペースを意味します。ピークヘッドルームは、最大のピークレベル(思考過渡状態)と0dBFSの間のdB(デシベル)単位の空きスペースとも言えます。

覚えておいてほしいことは、ヘッドルームとは、『音楽機器でクリッピングせずに記録可能な最大限の信号の大きさ』(トランジェント)と0dBの間の空間のことを言い、トラックの平均レベル(RMS)と0dB(クリップする)の間のことではありません。ヘッドルームを確保(残す)するということは以下の2つのことを行います:

  • ミックスがクリッピングや歪みを起こさないようにします。
  • マスタリングに十分にさせるスペースを残す。

また、LANDRでこのメッセージを避けるための最善の方法です:

7-Tricks-To-Create-Headroom-2
headroom_slammed

ヘッドルームのないトラックの例です。トランジェントのピークがクリッピングしています!

何を間違えたのだろう?

ミックスにヘッドルームが不足している多くの理由は、

  • ミックス時に音をつぶしすぎてしまったケース(メーター上で0dBに近づけすぎのケース)。
  • ラウドネス(通常はリミッターおよび/またはコンプレッサー)のために、マスターバス上でプラグインが使用されたケース。

このような種のレベルは、マスタリングに余裕を残すことができません。このボリュームのトラックの出力は、クリッピングと歪みを引き起こします。

あなたがラウドネス(高音圧)を探しているなら、LANDRに任せてください。ラウドネスのためにマスターバスにプラグインを追加する必要はありません。

つまり、調整程度や音に色合いをつける効果などのために、特定のリミッター、コンプレッサー、EQ、またはその他のプラグインをマスター出力に使用するのが好きな場合は、どんどんそれを行ってください!ただし、ヘッドルームを念頭に置いておいてくださいね。

ヘッドルームを確保する手助けをする7つのアドバイス

1.ミックスの主役的な要素にまず注目する

あなたのミックスのどの要素が、存在の面で前面と中央になるかを事前に決めます。次に、他のトラックを下に統合します。

最も音量の大きいセクションをループして、最初にミックスしてください(しばしばコーラスの部分)。次に、より強くない部分(節)と最後に最も低い部分(イントロ、アウトロ)に移動します。

2.自分の目と耳を使う

マスターフェーダーに注目してください。 DAWのクリッピングポイントは0(ゼロ)dBFSです。約-6dBFSを目指し、ピークは0 dBFSより数dB低く抑えるのが最善です。これは安全で安心です。 :)

7-Tricks-To-Create-Headroom-1

下の画像はヘッドルームがしっかり確保されているマスターチャンネル時の例です。ここで覚えておいて欲しいことは、良いヘッドルームを実現するには、この2つのことに注意を払ってください。

  • マスターメーターの平均レベル(RMS)は上記のようになるということ。
  • トラック全体で、何も(トランジェントも含めて)-6dBFSを超えてはいけない。
7-Tricks-To-Create-Headroom-3

Above is a healthy, good looking wave shape: We call this the ‘fishbone’—the opposite of the ‘sausage’ (a straight block). The transients and dynamics are preserved.

いくつかの制作スタイル(例えばいくつかのエレクトロニックミュージックの制作タイプなど)には、音源やコンプの技術が関係しているため、よりブロック的な波形になることがありますが、これは完全にオッケーです。あなたがしていることが、全体の音圧のためではなくの音圧のためではなく、あなたのミックスの感触のためである限り、問題ありません。

焦らずにして下さい:これを読んでいる人の中には、-6dBFSの法則を欺いている人もいます。もしあなたの波形がソーセージのように見える場合は、決してリミッターやノーマライズを使用して下げてはいけません。ピークレベルが-6dBFSであるためヘッドルームを作成したと思うかもしれませんが、圧縮されています。それは不正行為であり、最終的には良い音にはなりません。

3.オートメーションする前に考える

昔から行われているオートメーションの方法は、”riding your faders”つまり「フェイダーに乗る」と呼ばれています。ボーカルやその他の楽器で使われ、曲全体にスムーズでコントロールされたレベルを出すためによく使用されます。

ボリュームとエフェクトをオートメーションすることは、柔軟で強力なツールです。しかし、ミキシングプロセスの早い段階でオートメーションに頼ることは、気をつけなければいけないでしょう(つまり、ヘッドルームが速い段階で削られてしまう可能性があります)。

オススメするのは、まず個々のフェーダーレベルを調整して全体的にバランスのとれた状態にしてください。その後でバランスさせるツールとしてオートメーションを使用します。

4. 『音が大きい=よい音』ではありません

みんなやります。大きな音は聞こえがいいので、みんな興奮して不必要にフェーダーを上げますが、究極のラウドネス(音圧)は、ミキシングの段階で集中するべきではありません。

「でも音圧が高い方が大好き」という方は焦らないでください。モニタースピーカーやヘッドホンの音量を適切になるまで上げてください。

ここで気をつけてほしい事は、あなたの耳を長時間大音量で酷使しないように注意してください。大音量でミキシングすると、ミックスの実際の音が間違って表示される可能性があります。たまにはモニターの音量を上げても大丈夫ですが、一般的に推薦され、二つしかない耳に優しいやり方は、もっと控えめなレベルでミキシングすることをお勧めします。つまり、ミキシング中に叫ぶことなく、友だちと普通の声で会話をすることができるレベルを目指してください。

5. 24ビットで作る

デジタルオーディオがアナログから引き継がれ始めたとき、エンジニアは多くのアナログ時代の習慣を引き継いでしまいました。信号をノイズフロアの上に保つために、できるだけ大きな音量で録音しなければならないという考えを含んでです。

テープに録音するときは、これは間違いなく問題でした。 16ビットのデジタルトラックでさえ、可聴なノイズフロアを収録してしまいます。

しかし、24ビットはそれをすべて解決します。ノイズフロアは24ビットで非常に低いため、ノイズや解像度の低下を心配することなく、ピークと0dBFSの間に多くのスペース(15〜20dB)を与えることができます。

6.ダイナミクス(音楽演奏における音量の強弱表現)をコントロールする

ミックス中のトランジェントが多い要素を常に管理してください。ダイナミクスは優れていますが、さらに穏やかで効果的なコンプレッションを使って制御します。 音圧設定を【高】でマスタリングするとき、マスタリングプロセス中のハード・リミッティングを避けるのに役立ちます。

コンプレッションは最後に一気に追加するのではなく、ミキシングの工程中のさまざまな段階で少量のコンプレッションを追加します。

7.面倒くさがらない

ミックシングを開める時、常にヘッドルームを頭に入れて制作工程を進むことにより、トラックを安全なレベルに保つことができます。制作段階の最後でヘッドルームを確保しようとしている場合は、マスターフェーダーではなく、個々のトラックレベルを微調整してください。

-6 dBFSを嘘でごまかして残してはいけません。もし音圧確保のためにプラグインを使用して、波形ソーセージのように大きく、0dBFSまたはそれの近くでピーキングしている場合は、マスターフェーダーのみを下げて、「はいおしまい」にしないでください。ピークレベルが前より低くなったのでヘッドルームを残した思うかもしれませんが、あなたはただミックス自体を潰しただけです。ヘッドルームがあなたのミックスにプラスになるためには、正しい方法で行う必要があります。

目指すものは、呼吸するスペースがあるダイナミックなミックスを狙う

優れたミックスの鍵は、全体的にエネルギーの変化を伴う流動的な音楽制作から始めることです。

フェーダーを上げることでヘッドルームを破壊しようとする衝動には抵抗してください。あるいは、音圧確保のためだけにマスターバスにコンプレッサーやリミッターをかけないで下さい。

ヘッドルームをワークフローの一部にするには、数回の試行が必要だと思います。しかし、あなたのミックス自体がはるかに良い感じを持つことを保証します。マスタリングのためにヘッドルームがしっかり残されたミックスを送ると、マスタリングであなたのミックスを思い描いていた以上の音にすることができるでしょう。

したがって、一歩下がって、レベルを0 dBFSから安全な距離に保ち、ミックスに呼吸ができる十分なスペースを残しましょう。

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿




Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿