LANDR BLOG

インスピレーション

音楽とキャリア:あなたにぴったりの音楽業界の仕事はどれでしょうか?

音楽とキャリア:あなたにぴったりの音楽業界の仕事はどれでしょうか?

音楽業界の仕事には魅力的な要素がたくさんあります。 それもののはずで、一つの大きな理由は多くの人が音楽に情熱を傾けて生きているということでしょう。

しかし、音楽業界は競争の激しい雇用市場であることが知られており、どんな種類の機会があるかを知ることは簡単な作業ではありません。

そんな状況でも良いお知らせは、持っているスキルが何であっても、 そのスキルを活かせる役割が音楽の仕事で見つけることができるということです

あなたがアーティストになりたい、音楽のビジネス側で活躍したい、または音楽を教える立場に立ちたいかどうか、あなたのスキルに合った音楽業界の仕事が増えているのが現状です。

音楽の仕事は一般に5つのカテゴリに分類されます。

  1. 演奏と創作
  2. レコーディングとプロデュース
  3. 音楽ビジネス側の仕事
  4. 音楽メディアの仕事
  5. 音楽教育と音楽療法

もちろん、お持ちのスキルをいずれか1つのカテゴリに制限する必要は全くありません。

実際、おそらくすべてのカテゴリに適用される技術を持っている方も多くいると思います。 さらに、生涯学習というように、いつでも学ぶことができますからね!

音楽キャリアをスタートさせる方法を知りたい場合は、以下に知っておくべきことを紹介します。

1.音楽演奏と音楽創作の仕事

音楽パフォーマンスのキャリアがどのように見えるかを考えたとき、有名なアーティストや音楽界の有名人のキャリアを偶像化するのは簡単です。

音楽で成功を収めることは絶対に不可能ではありませんが、音楽業界のビジネスには多大な労力がかかることを忘れないでください。

音楽で成功を収めることは絶対に不可能ではありませんが、音楽業界のビジネスには多大な労力がかかることを忘れないでください。

自分の技術を磨き、業界人とつながり、リスナーやファンを獲得するには何年もかかることがあります。

そうは言っても、音楽のアーティストとしてキャリアを積むには、作成、演奏、またはその両方を行うかどうかに関係なく、多くの方法があります。

加えて、インターネットを活用すれば、自分の作品を好きになってくれるニッチな視聴者を見つけて、あなたの音楽を宣伝することはかつてほど難しくありません。

音楽パフォーマンスと音楽創作に関連するいくつかの仕事を紹介します。

ソングライター(作詞、作曲家)とは何ですか?

ソングライターは、自分自身、他のアーティスト、またはビジネスのために曲を書く職業です。 通常、この作曲家は歌詞を書く知識を持ち、単語、アイデア、感情、概念をリズム、和音、メロディーに一致させることができます。 ほとんどのソングライターは特定の楽器への強みを持っていますが、複数の楽器に対する一般的な知識を持っている方がはるかに有益です。

通常、ソングライターは自分が書いた歌によって得られたロイヤリティから報酬を受け取ります。 これらの報酬は、ラジオでの再生数、ストリーミング数、および商用利用に基づいて計算されます。

ロイヤルティのシステムは少し複雑になる可能性がありますが幸いなことに、他の記事で詳しく説明しているので、そちらもご覧ください

スタジオ・ミュージシャンとは何ですか?

英語圏ではセッションミュージシャンと呼ばれることもあるスタジオミュージシャンは、スタジオでステージサポートのため楽器を演奏する仕事です。 これらのミュージシャンは、ライブ環境で演奏するかスタジオで録音するために雇われます。 プロのスタジオミュージシャンは、高度な音楽的才能を持たなければならず、多くの場合、音楽学士号以上の学位を取得しています。

スタジオミュージシャンの多くは一般的にフリーランスとして働いている方が多く、演奏を受け入れ、時間ごとまたはセッションごとに対価が支払われます。

スタジオミュージシャンの時給は、過去に受け持った作品とスキルの程度が大きく影響します。

スタジオミュージシャンが引き受ける依頼はたくさんあります。 スタジオでのレコーディング、オーケストラメンバーのためのサブメンバーとしての参加、クルーズ船でのツアー、結婚式での演奏、マリアッチバンドでの演奏までと幅広い演奏環境での仕事の依頼があります。

主なポイントは、自分のその音楽分野での卓越性がどの程度業界人に知られているかと、仕事を得るために必要な人間関係と人脈を築くことです。

careers in music

作曲家とは何ですか?

作曲家は、オーケストラの編曲のために楽譜を書く人です。 現代の作曲家は、ほとんどの作品が映画用に編曲したり、オーケストラの委託作品を見つけたりします。

より大きなアンサンブルをアレンジすることで複雑さが増すため、少なくとも音大の修士号レベルを取得していない作曲家を見つけることはまれです。

2. レコーディングおよび音楽制作の仕事

レコーディング業界は巨大です。

あなたが聴くすべての曲の背後には、レコーディングエンジニア、プロデューサー、スタジオスタッフ、ミキシングエンジニアなどのチームがいることを考えてみてください。 すべて大変な仕事です!

あなたが聴くすべての曲の背後には、レコーディングエンジニア、プロデューサー、スタジオスタッフ、ミキシングエンジニアなどのチームがいることを考えてみてください。 すべて大変な仕事です!

レコーディングと制作の仕事は両方とも献身が必要で、試行錯誤な毎日を過ごし、常日頃学習の必要があり、アーティストと仕事をする能力に長けていなければいけず、テクノロジーに対する適性を必要とする芸術の形的な仕事です。

仕事としてレコーディングまたはプロダクションを選択した場合に考慮できるいくつかの職業を紹介していきます。

レコーディングエンジニアとは?

レコーディングエンジニアは、レコーディングスタジオでアーティストと一緒に仕事をします。 彼らは録音機器の使用方法を知り尽くしており、高音質のサウンドをキャプチャして録音するために必要な適切な技術を駆使する専門家です。

音楽ビジネスのレコーディング側で仕事を見つけるには、通常、専門学校や大学で習得できるいくつかの技術が必要になります。

しかし、独学のみで優れたレコーディングエンジニアになった方も数々存在します。

多くのレコーディングエンジニアは、独自の音楽プロジェクトでポートフォリオを構築するか、無料または比較的低価格の仕事をすることで、初めてのレコーディングの仕事を引き受けることが多くの場合です。

正社員としてプロのエンジニアになるには、まずレコーディングスタジオでアシスタント的な仕事を見つけることから始めるか、十分な経験とクライアントができたら最終的に独自のレコーディングスタジオを構築することです。

careers in music

音楽プロデューサーとは何ですか?

音楽プロデューサーは、アーティストのトラックまたはアルバムの録音、作成、編集、ミキシングを管理する仕事です。

多くの音楽アーティストはプロデューサーの助けを借りずに自分で作品をプロデュースしますが、音楽プロデューサーの技術的および芸術的知識の助けを活用しているアーティストもたくさんいます。一般的に、音楽プロデューサーは、アーティストにトラックまたはアルバムの作成と作成プロセスをリードそして良い方向に導くために存在します。

音楽プロデューサーになるには、素晴らしいレコードを作成できるプロとしての評判を築く必要がまずあります。

通常、プロデューサーは自分のプロジェクトに取り組み始めてポートフォリオを構築していきます。レコーディングの経験を積んでいるのであれば、他のアーティストのプロジェクトに取り掛かることができる余裕もできます。

音楽プロデューサーとして成功するには、スタジオで多くの色々な仕事をこなす必要があります。

音楽プロデューサーとして成功するには、スタジオで多くの色々な仕事をこなす必要があります。

音楽プロデューサーは時にレコーディングエンジニアの仕事、スタジオミュージシャンの採用、アーティストのコーチング、レコードレーベルとの連絡、さらにはアレンジメントへの芸術的なアドバイスやのアレンジメント作成など、あらゆることをサポートすることが多々あります。

3.音楽ビジネスの仕事

毎日聴く音楽の背後には巨大な産業が存在します。

デジタル音楽ディストリビューション時代でも、アーティストは音楽のリリース、宣伝、アルバムの発売に伴う裏方さん的な重要な仕事をサポートしてくれるチームを必要としています。

音楽ビジネスには多くの役割が存在します。 通常、これらの役割は、アーティストサービスとレーベルサービスの2つのカテゴリに分類されます。

レーベルサービスの仕事は通常、レコードレーベルの利益に役立つための役割、例えば経営幹部、A&R、デザイン、法務、財務部門が含まれます。 この役職に就く人は常にレコードレーベルに雇用されています。

アーティストサービスの仕事はアーティストの興味を引き付け、アーティスト個人によって雇われます。 通常、これらの役割には、アーティストマネージャー、ツアーマネージャー、予約エージェント、出版、PR、音楽弁護士が含まれます。

A&Rとは何ですか?

A&Rはアーティスト&レパートリーの略です。 A&Rは、レコードレーベルで新しい才能を発掘し、雇用担当のお仕事です。

A&Rは、レコード業界の黄金時代にはなかったものではありません。

かつては、A&Rの幹部が新しい才能の持ち主のスカウトとして行動し、その地域の音楽事情に精査して、特別な才能を持つアーティストを発掘するのが一般的でした。

現在、A&Rのほとんどが、音楽祭に時間を割いています。そこでは、これからヒットする可能性があるバンドが音楽業界人の前で実際に彼らのベストを演奏しています。

A&Rが代表するレーベルにぴったりのアーティストを見つけた場合、レーベルとバンドのすべての利害関係者と協力して、契約、レコーディング、リリースのプロセスを歩んでいきます。

A&Rとして成功するためには、特に業界の音楽祭で、人脈作りと人と人とのネットワーク構築が得意でなければなりません。

A&Rはまた、才能に対する優れた目利き、音楽ビジネスがどのように機能するかについての深い理解、そして代表するレーベルがどんな種類の才能を求めているかを知っていなければなりません。

アーティストマネージメントとは何ですか?

アーティストマネージャーは、彼らが代表するアーティストの舞台裏で音楽業界と連絡を取り合う仕事です。 アーティストマネージャーは、業界全体でつながりを築くために一生懸命働き、レーベルとの契約、ツアーの管理、プロモーションなどを統括する方法を知っている必要があります。

作品がアーティスト個人としてリリースされる場合でも、レコードレーベルと共にリリースされる場合でも、マネージャーがいると非常に便利です。

優れたマネージャーは、彼らが代表するアーティストを、より大きなステージに参加する機会を提供できるはずです。

優れたマネージャーは、彼らが代表するアーティストを、より大きなステージに参加する機会を提供できるはずです。

ほとんどの場合、マネージャーはレコード会社やアーティストマネージメント組織のアシスタントとして働き始めます。

この仕事を選択する場合は、多くのメールに返信する準備をしてください。 業界で多くのつながりを持ち、優れたアーティストと仕事をすることで知られていることから、アーティストマネージャーとして最も成功します。

広報担当者は何をしますか?

音楽広報担当者は、アーティストと音楽メディアをつなぐことが専門の仕事です。 プロの広報担当者は、アーティストがメディアに正式に連絡をする前に、アーティストの作品を適切に表現する適切なメッセージを作成するのを支援します。

また、インタビュー、レビュー、ブログ掲載などその他メディアなど、適切なメディア露出の機会を作り出す責任もあります。

広報担当者が成功するために必要な関係を構築するには、長い時間がかかります。 多くの広報担当者は、大規模な音楽PR代理店で働き始めるのが通常です。

音楽出版社は何をしますか?

音楽出版社は、アーティストの音楽がメディア、映画、コマーシャル、ラジオ、ビデオゲーム、およびその他の形式の放送で使用されるたびに当事者が適切に支払いを受けるようにします。

また、出版社は、アーティストの音楽がメディア、特にテレビ、コマーシャル、ビデオゲーム、映画のプレースメントを受け取るための有料の機会を創出するために努力しています。

ある意味で、出版社はアーティストの音楽を適切なメディアに売り込むのが仕事です。

ほとんどの音楽出版社は、より大きな音楽出版会社で働いています。 音楽出版で仕事をするためには、以下の会社のいずれかで仕事を始めることになるでしょう。

4.音楽メディアでのキャリア

世界は音楽に関する終わりのないコンテンツに飢えています。 リスナーは自分の好きなアーティストについて興味を持ち、そして次の新たなアーティスト常に模索しています。

そのため、音楽メディアは音楽業界で大きな雇用源となっています。 文字通り何百ものブログ(このブログもそうです!)、雑誌、YouTubeチャンネル、テレビ番組、音楽専用の映画があります。

音楽そのものである大きすぎるお題を議論するとき、非常に多くの角度から音楽について書くことができます。 あらゆる種類の執筆、ビデオ、またはコンテンツ制作のスキルがある場合、あなたのような人を探しているメディア組織がたくさんあります。

careers in music

5.音楽教育とセラピーの仕事

教育者またはセラピストとして働くことは、あなたの音楽スキルで生計を立てる素晴らしい方法です。

教育者またはセラピストとして働くことは、あなたの音楽スキルで生計を立てる素晴らしい方法です。

音楽教育は非常にやりがいのある仕事であり、多くのプロのミュージシャンが学生に教えています。

学校の音楽部でバンドディレクターとして働くことは、音楽と教育の両方のスキルを持つ人にとって非常に実行可能なキャリアを積む道です。

音楽療法はまた、非常にやりがいのある優れた分野です。 この分野の研究は、音楽が精神的健康を必要とする人々を助けるために非常に役立つことをすでに明らかにしています。 したがって、この分野での雇用は必要であると同時に必要不可欠です。

もちろん、これらの分野のいずれかでのお仕事は、教員免許または医療免許のような学位または免許を持っていることが必要になります。

自分の運命を選ぶ

真実は、音楽業界での働き口は非常に多く存在します。 もっといるスキルに関係なく、必ず何かを見つけることができます。

真実は、音楽業界での働き口は非常に多く存在します。 もっといるスキルに関係なく、必ず何かを見つけることができます。

この記事では説明していない音楽関連の役割は他にもたくさんあります。

楽器のデザイン、DJ、コンサートプロモーション、音楽ソフトウェアの開発、マスタリング、ライブサウンドエンジニアリング、ステージマネージメント、ピアノチューニングなどまだまだ触れていない音楽関連の仕事がたくさんあります。

音楽の世界は、業界内で働く魅力がある産業です。 音楽で生計を立てていくとこを選んだ場合、多くの興味深く刺激的な人々に会うことができます。

しかし、音楽のキャリアで成功するためには、音楽に情熱を傾ける必要があることを忘れないでください。

幸運を祈ります。また、LANDRの求人募集にも目を光らせてください。 さまざまな役割で優れた人材を常に探しています。

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿