LANDR BLOG

音楽機器音楽配信

ミュージシャンがデジタル音楽配信について知る必要のあるものすべて

ミュージシャンがデジタル音楽配信について知る必要のあるものすべて

音楽配信は、完成したあなたのレコードと将来あなたのファンになる人との架け橋です。

デジタル音楽配信は音楽流通を引率する手段になりました。 実際の店舗のある音楽流通業者は、レコードレーベルや独立系アーティストのための唯一の音楽流通の方法でありました。

しかしネットの新時代を迎え、オンライン音楽配信のおかげで、個々のアーティストが自分で自ら多くのファンに宣伝できるようになりました。

デジタル音楽の売り上げが前年と比べ17.7%も2016年に伸び、売上高は脅威の8000億円(音楽業界の売り上げ全体の50%)に達しました。このほとんどの伸びは60.4%も伸びた音楽ストリーミングサービスの影響が多くあります。

つまり、どうSpotify, Google Play, そしてiTunesで曲を売るかを知る事が非常に重要になってくるのです。

アーティストとして、デジタル配信が「潜在的に聴いてもらえるすべてのファン」に到達するためには、不可欠になっています。 スマートで合理的な配信方法は、あなたの音楽がさらに多くのファンに聴いてもらえる可能性を高め、できるだけ多くの人にあなたの音楽を届けることができます。 そして、それは結果的にあなたが音楽で生計を立ていけることに役立ちます。

ここでは、デジタル音楽配信について知っておくべきことと、それを正しく行う方法について説明します。

デジタル音楽配信とはなんですか?

音楽配信とは、音楽がリスナーにどのように配信されるかということです。今までは、音楽流通をしていた会社はレコードやCDを店舗に持っていて販売してもらい、レコード会社はプロモーションを通じて人々にその曲を買ってもらうわけでした。 しかし、デジタル配信は、仲介者を排除することでそのすべてを変えました。アーティストは知的財産権の100%を保持しながらオンラインストアに直接音楽を配信することができるようになりました。

今日のデジタル音楽配信とは?

デジタル配信の目標はあなたの楽曲をiTunes、Spotify、Google Play、AWAなどの聴いてもらえるプラットフォームに置く事です。

デジタル配信はデジタルレコードショップだと思っていただければ良いと思います。一度自分の音楽をそのショップに置くと、来客者は好きなようにストリーミングしたり、ダウンロード、もしくは購入したりできます。その見返りにどのショップでどう音楽が聴かれたかによりアーティストはロイヤリティを受け取ります。

従来のレコードストアのように、デジタルミュージックストアはデジタル配信会社から音楽を受け取ります。 しかし、毎週箱一杯のレコードを出荷する代わりに、デジタル配信業者は上記の大手音楽店にデジタル音楽を配信します。

だから、昔まで製造から配送まで数週間から数ヶ月かかっていた工程とコストが、今や簡単に数クリックでできるようになりました。

おすすめ音楽配信会社

世の中には数多くの音楽配信会社があります。大事になるのはアーティストが100%のロイヤリティ(印税、著作権)を保持できるかにかかります。どのサービスを使うかを決定する前に、料金形態やサービス内容などを自分でしっかり理解してください。 数社は、カットを取らないと言いますが、場合によっては隠れた手数料があるケースもあるので、しっかりサービス規約などを読んで勉強してください!

デジタル音楽配信の沢山あるメリット

デジタル音楽は今日一番聴かれている音楽形式でしょう。 つまりデジタルが一番成功に近道なのです。音楽業界の収入の傾向がデジタルに傾いている事実は、デジタル音楽が成功への近道だということを明確にしています。
2016年の世界の売上高は以下のとおりです

  • デジタル収入から50%
  • 物理的フォーマット販売(CD、レコード、カセット)から34%
  • 興行権(ラジオ、ライブなど)から14%
  • 同期ライセンス収入(映画と広告の同期)から2%

だから戦略的にしてください。 あなたの音楽を聴くファンが実際に集まる場所、サイト、プラットフォーム、つまりオンラインで音楽を広めることにより、さらに多くの視聴者に聴いてもらえる機会が増えます。

CDなどの流通費用と手間を節約する。 特にあなたのファーストアルバムリリースで。最初は デジタルリリースでブランドと知名度を構築することから始めます。

頭を使って工夫し、そして業界を「知る事」がオンラインで自分の楽曲を売り、成功する秘訣になりますはアーティスに100%のロイヤリティを保持させ、隠れた手数料などが無いサービスを選んでください。つまり、あなたが払われるべきものは払われ、さらに大切な権利は保持できることです。それは非常に大きなことです。 あなたの次のリリースが別の配信会社に代わり、そしてさらに優れた成果が出た場合、いつでも非独占契約を終了することができるからです。

また、推奨アルゴリズムのような特典が追加されているため、視聴者が今まで聴いてきた曲をもとにあなたの音楽を推薦するかもしれません。 これがデジタル音楽の世界で新しい音楽を発見する方法です!しかしこのようなテクノロジーがあっても何百万人のひとにあなたの音楽を聞かせることはそんなに簡単な事ではないので、「ローマは一日にして成らず」といように、アーティスト個々のアイデアを振り絞ってプロモーションに励んでください。

さて、ここまででだいたいの音楽配信の事についてわかっていただいたと思うので、早速一番良い音楽配信の方法を紹介します。以下の3つの簡単なステップを踏んでください。

1.ニーズに合ったデジタル音楽配信プラットフォームを見つける

あなたは楽曲の準備ができました。 ミキシングもマスタリングも完了し、アルバムアートの準備も整いましたとします。これぞとばかりリリースを待つのみとなっています。

ふと、あなたはオンラインでどう自分の曲を売ればよいか考えるでしょう。最初のステップは、あなたに合ったオンライン音楽配信プラットフォームを見つけることです。

主要な配布プラットフォームについて知る:

LANDR

LANDRはプロのマスタリングサービスとグローバルなデジタル配信が一箇所でできる唯一のデジタル音楽配信サービスです。価格は月額1ドルから始まり、アーティストがロイヤリティの100%を保持します。つまり隠された手数料や難しい契約はありません。あなたのすべての努力が収益化されるわけです。

LANDR音楽配信では、Spotify、 iTunes、 Apple Music,、Google Play 、Amazonなど、250以上のミュージックストアとプラットフォームにあなたの楽曲を配信させていただきます。さらに簡単んで、わかり易いリポートツールが組み込まれたダッシュボードによりアーティスト方は各サイトでの売り上げ状況、ファンの動きなどを一目で見ることができます。つまり、次のステップが契約し易くなったといことです。スウェーデンで売り上げが伸びてる?「ライブをすぐに計画しよう」のように。

私たちがオススメするLANDR機能:ここはちょっと偏っていますが、私たちのお気に入りのLANDR配信機能は「リリースビルダー」の他にはありません。これは特に、ユーザーフレンドリーではない他の配信サービスに比べて、音楽をオンラインに配信する最も迅速かつ簡単な方法です。

最終的には、あなたのようなアーティストやプロデューサーの方が音楽を世の中に発信したいということは心の底側理解しています。だからこそ、私たちはプロセスをスムーズに提供するためのシンプルで効果的な方法を提供できることを嬉しく思っています。

LANDR音楽配信サービス料金形態について詳しくはこちらをご覧ください。

TuneCore (チューンコア)

チューンコアは、アルバム、シングル、着メロのデジタル音楽配信を世界全土にします。 ロイヤルティと同期ライセンス(音楽を TV 番組、映画、YouTube、ゲームなどにライセンスし、自分の楽曲から新たな売り上げを生みだすこと)を得ることができる音楽出版管理パックも提供します。チューンコアはiTunes、Amazon、Spotify、Google Play、Apple Music、Tidal、YouTube Musicなどにあなたの音楽を配信します。

私たちがオススメするチューンコアジャパン機能:音楽出版管理パックは、音楽のライセンスを得るための総合サービスです。 彼らのリポートは、あなたのリリースがどのように販売されているかを追跡するのに最適です。

チューンコアのサービス料金形態について詳しくはこちらをご覧ください。

CDベイビー

CD Babyでは世界中のデジタル音楽配信と音楽CD(CDとレコード)の流通をお楽しみください。 アルバムやシングルを流通する。 また、テレビ、映画、ゲームのための同期ライセンスを取得をしてくれます。

CD BabyはiTunes、Amazon、Spotify、Google Play、Apple Music、Tidal、YouTube Musicなどにあなたの音楽を配信します。

私たちがオススメするCD Babyの機能は:音楽CD(CDとレコード)の流通とデジタル音楽配信のコンボパッケージで店頭、デジタルと両方で完全配信パッケージとなります。 CD BABYはSoundExchange(権利所有者)のロイヤルティを集める唯一の配信会社です。

CD Babyのサービス料金形態について詳しくはこちらをご覧ください。

Symphonic / シンフォニック

シンフォニックは世界全土にデジタル配信を提供します。 この会社はすべてのあなたの音楽マーケティング、ライセンス、出版(著作権管理・開発・プロモーション)のニーズを満たしてくれます。 シンフォニックは、CDやレコードなどの物理的な音楽流通とデジタル配信の両方を行います。

私たちがオススメするシンフォニッの機能は:Beatportにあなたの音楽を配信することができます。特にエレクトロニック系のプロジェクトに適しています。

シンフォニックのサービス料金形態について詳しくはこちらをご覧ください。

Record Union / レコードユニオン

screen-shot-2016-10-11-at-2-10-38-pm

レコードユニオンは世界全土にデジタル配信を提供します。TidalJuno DownloadBeatportなど、主要なオンライン音楽プラットフォームであなたの音楽が購入できるようになります。 ソニー・ミュージックとのパートナーシップを通じて、レコードユニオンはあなたの音楽をさらに多くの人に聴いてもらえるように役立つ『Artist Opportunity』と呼ばれるプログラムも提供しています。

私たちがオススメするレコードユニオンの機能は:アップグレードされた『ディスカバリーツール』は、あなたの音楽がより多くの視聴者に聴いてもらえるようにします。 さらにレコードユニオンはJuno Downloadで配信を提供する唯一のディストリビューターにもなっています。

レコードユニオンのサービス料金形態について詳しくはこちらをご覧ください。

MondoTunes / モンドチューンズ

MondoTunesは、世界最大のオンライン音楽配信チャンネルを提供しています。 140カ国以上の数百のオンラインストアとストリーミング会社にアクセスできます。

MondoTunesはiTunes、Amazon、Spotify、Google Play、Apple Music、Tidal、Beatportなどにあなたの音楽を配信します。

私たちがオススメするMondoTunes機能は:世界最大のデジタル配信チャネルを通じた無制限のアップロード。

MondoTunesのサービス料金形態について詳しくはこちらをご覧ください。

iMusician

iMusicianではあなたの音楽を世界中に宣伝し、さらにデジタル配信できます。 iMusicianはあなた楽曲の出版や同期ライセンス(テレビ、ラジオ、YouTube収入)登録する手助もしてくれます。配信されている楽曲があなた自身のものであることを証明するのに役立つ、暗号化された「音楽ロッカー」も提供します。

私たちがオススメするiMusician機能は:商用ライセンスを探してくれるサービスです。一つ心配が減りますね。
Verlegen deiner Musik angekurbelt.

iMusicianのサービス料金形態について詳しくはこちらをご覧ください。

Band Camp(バンドキャンプ)

screen-shot-2016-10-07-at-5-03-20-pm

自分の音楽を自らリリースしてBandcampで販売してください。 上記のプラットフォームとは異なり、バンドキャンプはあなたの音楽を他のオンラインストア(iTunesなど)では販売しません。 バンドキャンプのオンラインストアで、アーティスト関連商品や自己発売のCDを販売することができます。

私たちがオススメするバンドキャンプ機能は:あなたのサウンドクラウドのページにバンドキャンプの「購入」リンクが追加できることです。

もう少しバンドキャンプについて詳しく読む。

TopSpin(トップスピン)

トップスピンはミュージシャンのためのデジタルストアでありマーケティングプラットフォームでもあります。 トップスピンではあなたの音楽CDとデジタル音楽ファイルだけでなく、アーティストのグッズ、そしてライブのチケットも販売することができます。トップスピンもバンドキャンプのように、アーティストの楽曲をiTunes、Spotifyなど他のプラットフォームに配信することはしません。 代わりにアーティストのウェブサイトやフェイスブックに埋め込むことができます。

私たちがオススメするトップスピン機能は:バンドキャンプに似ていますが、電子メール機能が追加されています。 あなたのファンのメールアドレス集めることができるで、ファンに対してのマーケティングに活用できます。

トップスピンのサービス料金形態について詳しくはこちらをご覧ください。

あなたに合ったサービスを選んでください

これらのプラットフォームにはそれぞれ独自の価格設定があります。 それは:

  • アルバム、もしくはシングルあたりの設定料金
  • 年間手数料
  • あなたの楽曲販売の分配率(10-25%)

予算をしっかり計画して、各配信会社の価格設定と使用規約を注意深く読んでください。

デジタル音楽配信会社は新しいプロのパートナー契約であることを忘れないでください。 あなた自身に最も有益なものを選んでください。 デジタル音楽配信会社があなたのニーズ、あなたの許容範囲、そしてあなたの目標に合っていることを確認してください。

2.あなたの音楽を見つけられるようにする

今までの音楽流通の方法では、アーティストは「ワンシート」を提出しなければいけませんでした。 それは文字通り楽曲に関するすべての情報(アーティスト名、アルバムタイトル、リリース日、短い自己紹介、ジャンルなど)を含む1ページの書類です。

デジタル世界における同等のものはメタデータです。 これらは簡単な説明とキーワードで、Web上で何かを分類して見つけやすくするのに使われます。

メタデータはデジタル配信においてとても重要です。 すべてのデジタル音楽配信会社がこの情報を必要とします。 これは、普通の視聴者がオンラインで音楽を検索する方法です。メタデータはあなたのファンになるだろう視聴者があなたの曲を簡単に見つけられるようにします。

したがって、デジタル配信用にアルバムを送信するときは、メタデータのリストを含めてください:

  • アーティスト名
  • タイトル(アルバムまたはシングル)
  • リリース日
  • レコードレーベル名
  • トラックタイトル名
  • ジャンル
  • 作曲家の情報
  • アーティスト自己紹介
  • コラボ者の名前
  • ISRCコード

簡潔に短く、そして 最も一般的な言葉を使用してください。 流行りの言葉やハッシュタグは避けるようにしましょう。 イメージ的には今から30年後ですらだれかがあなたの楽曲を探せられるようにすることですね!

3.宣伝、宣伝、告知、告知

あなたの音楽配信の成功は、あなた自身が計画したプロモーション計画と同じくらいのものになります。つまりデジタル配信はあなたの音楽のプロモをする訳ではなく、音楽を宣伝する部分はアーティスト自身になります。ポジティブに考えれば自分好みの創造的な宣伝活動ができるという事でもあります。一番効果的な音楽プロモは口コミなどの自然に人から人へと伝えられていく方法です(こればっかりは昔から変わらないですね。)

宣伝費は現実的な予算を設定してください。 一番効果的な宣伝方法は時には一銭もかからないという事は忘れないでください。例えば、ファンとトークの機会を設けるなり、SNSを駆使してあなたの作業状況などシェアし拡散してもらう、もしくは無料のトラックをオンラインでリリースするなどは効果的です。

まず自分のできる最低限度の宣伝準備(ソーシャルメディアインスタグラムに投稿したりも良いと思います。 あなたのスタジオでライブ演奏し、それをフェイスブック、ユーチューブ、もしくはユーストリームなどからライブストリーミングなんかもよいかもしれません。 楽曲の30秒間プレビューをサウンドクラウドに投稿するのもオススメです。

できるだけ多くの耳にあなたの音楽を届けてください。こんな方法もあります。

  • ラジオの演劇
  • ブログ
  • ライブショー
  • 口コミ
  • ミックスとプレイリストの作成

それらのメールで友達に知らせたり、電話をかける。 このへんはオーソドックスに!

配信革命

デジタル音楽配信は、すべてのアーティストにチャンスを与えることができます。さらにEMPIREのA&Rは「アーティストが500枚のアルバムを販売しようが、50万枚販売しようが、すべてのアーティストを同じお店で扱って、同じレベルの尊敬で接するべきではないか」とも述べています。私たちもこの意見には100%同感です。

堅実なデジタル音楽配信記録を持つことは、しっかりした履歴書を持つのと同じことです。 それはより良いライブを意味し、より良い広告と認知力と、なにより強力な交渉力を得ることを意味します。

デジタル配信は、ファンの耳に届かせる最も直接的なルートです。 しっかり デジタル化してください!

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿