LANDR BLOG

ビートメイキング音楽理論

耳のトレーニング:サンプラーを今以上に使いこなすための理論的アドバイス

耳のトレーニング:サンプラーを今以上に使いこなすための理論的アドバイス

サンプルをベースに作られた音楽は、従来の音楽理論とはかけ離れているように感じるかもしれません。

しかし、理論の基礎を理解することは、使用するツールに関係なく、より良い音楽を作成するのに役立ちます。

理論を理解するのは難しい場合がありますが、サンプルを使用してワークフローに適用することには価値ある見返りがあります。

今回紹介するのは、サンプルをより適切に使用するための5つの耳トレのヒントを教えていきます。

1.キーに入れる

これは、ハーモニックコンテンツを含むサンプルをトラックに統合する際のプロデューサーにとって最大の問題です。

個々の音楽理論の経験次第では、最初は少し難しいかもしれませんので、耳にもっと頼る必要があると思います。

始めるには、自身のトラックのキーを識別する必要があります。コードと節を即興で作り曲を書く場合、その場ですぐに曲のキーがわからないってことがあるかもしれません。

多分役に立つアドバイスとしては、曲は通常、トニックコードから始まります。つまり、曲の最初のコードがわかれば、すぐにキーがわかるってことがよくあります!

曲は通常トニックコードから始まります。

ただし、コード進行を注意深く見る必要があります。曲の調和のとれた安らげる所を聴いてください。最も安定していて、トラックの「これぞこの曲」のように感じられるコードです。

次に、ローマ数字的分析を使用して確認します。キーを確認する最も確実な兆候は、ドミナントコードからフレーズのあるトニックコードへの動きです。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/09/Ear-Training-Theory-Tips-for-Using-your-Samples-Better_VI.png

これらのV-Iに注意してください!

トラックのキーを決定したら、サンプルとトラックの関係を見つける必要があります。

耳トレはここから始まります!サンプルが単一の音符である場合、サンプルと曲のキーのトニック音符との間隔の関係を見つける必要があります。

耳で間隔の関係を特定するための練習がさらに必要な場合は、耳のトレーニングアプリのまとめをチェックして、スキルを磨いてください。

最後に、サンプラーのトランスポーズ機能を活用して、サンプルを正しい半音数で再ピッチし、トラックのキーの音にトランスポーズします。

2.平行調を試す

平行調は、キーの中で使用される基本構成音が同じ関連性のあるメジャーとマイナーキーの関係です。

平行調は、キーの中で使用される基本構成音が同じ関連性のあるメジャーとマイナーキーの関係です。

すべてのメジャーキーには対応する相対マイナーキーがあり、すべてのマイナーキーには一致する相対メジャーキーがあります。

つまり、メロディーの一連の音符は常に少なくとも2つのキーで機能します。

サンプルにメジャーメロディーが含まれている場合でも、相対的なマイナーメロディーよりも興味深いことがあります。

メジャーキーの相対的なマイナーキーを見つけるには、6度で始まり、6度で終わる同じキーシグネチャを持つスケールを選びます。

マイナーキーの相対的なメジャーキーを見つけるには、3度で始まり、3度で終わる同じキーシグネチャを持つスケールを選びます。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/02/Circle-Of-Fifths-Major-Triads.gif

そして、モードがあります。メジャースケール外を使いたい場合は、関連するスケール式を使用して、サンプリングしたメロディを異なるモードに移動できます!

たとえば、Fのルートで演奏するリーディングトーン(B)を含むCのメジャーメロディーは、実際にはFLydianです!

3.自身のダイアトニック・コードの質を知る

サンプルにメジャーまたはマイナーコードが含まれているからといって、1つのキー(およびその相対的なマイナー/メジャー)で主和音として使用することに限定する必要はありません。

メジャーとマイナーの両コードは、キーの中に位置していて、 これらはダイアトニック・コードと呼ばれます。

ダイアトニックコードは、音階の各次数で構築されたコードで、キー内の音だけが含まれています。

ダイアトニックコードは、音階の各次数で構築されたコードで、キー内の音だけが含まれています。

これは、メジャースケールでのコードの質の順序を覚えるのに便利なチャートです。

diatonic chords major scale

チャートを見ると、各キーに3つのメジャーコードと3つのマイナーコードがあることが簡単にわかります。どのキーを使用しているかに関係なく、サンプルをトランスポーズ する場合は、両方に3つのオプションがあります。

4.同主調で進行する

コードを含むサンプルを使用している場合、少し制限が感じられるかもしれません。

サンプル内のノート間の関係を変更することはできないので、持っているものに固執しなければなりません。

しかし、それは単一の倍音サンプルに基づいて進行全体を作成できないという意味ではありません。

同主調は、それ自体が興味深い和音テクニックです。

同主調は、それ自体が興味深い和音テクニックです。

実際、同主調ベースで構築されたたくさんの名作はたくさんあります。

まさに、制限されることにより創造性が向上する良い例です!

5.リズムを試す

これまでハーモニーについてのみ話してきましたが、リズムを扱う理論的知識も同じくらい存在します。

サンプリングされたリズムは、塊として完全に一致する必要はありません。 例えば、パーカッションのグルーブの開始点と終了点をオフセットして、パーカッショングルーブの独自の方法を確認するのも良いでしょう。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/09/Ear-Training-Theory-Tips-for-Using-your-Samples-Better_3against4.png

これらの代替のリズミカルな強調が暖慢なループにかなりのアクセントを追加するポリリズムを生成することさえあるかもしれません。

鍛え抜かれた耳

耳のトレーニングは、音楽理論の最も重要な要素の1つです。

耳のトレーニングで培ったスキルは、サンプルの使用に関しても、あらゆる音楽の状況で役立ちます。

次回サンプルや音楽理論に苦労するときにこれらのアドバイスを試してください。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿