LANDR BLOG

音楽理論

五度圏:五度圏とは何か、そして作詞作曲で五度圏をどのように使うか

五度圏:五度圏とは何か、そして作詞作曲で五度圏をどのように使うか

音楽理論に精通していない場合、五度圏と調号は、激しい退屈または混乱であなたの脳を満たしてしまう可能性があります。

しかし、真実は、音楽理論の概念を学ぶことは、音楽制作自体をより良くする結果に導きます。 五度圏のようなツールを使用すれば、複雑に感じる必要もありません。

音楽を聞くことは1つのことですが、五度圏を通して音楽を見ると、複雑で乱雑なものが凝縮されたわかりやすいものに変わります。

今回の記事では、五度圏の図がどんなものかを解説し、五度圏どのように作曲に適用するかを説明していきます。

五度圏を理解するために必要なもの

この記事を最大限に活用するには、コードとは何か、そしてコードが音楽内でどのように機能するかをしっかりと理解する必要があります。コードについて簡単な復習が必要な場合は、コードの構築方法コード進行を作成する方法を確認してください。

音楽理論の概念を学ぶことは、音楽制作自体をより良くする結果に導きます。

準備ができたら、鉛筆と紙を用意してください。 五度圏を暗記する一番良い方法は、自分で描いてメモを取ることです。
準備はいいですか?

まずは、調号を見てみましょう。

調号とは何ですか?

調号は、音楽の#(シャープ)、b(フラット)、本位記号のユニークなシーケンスです。調号は、キーの音階にあるすべての変化記号です。

#(シャープ)(ハッシュタグと混同しないでください)は、別の音符の上に半音または半音上にある音符を表す記号です。たとえば、Cナチュラルはピアノの白い鍵盤にあり、C#は黒い鍵盤のCの上の半音にあります。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/01/Circle-Of-Fiths-Cmajor_CSharp.gif

b(フラット)(かわいい小文字のbと混同しないでください)は、シャープとは逆に機能します。たとえば、Aナチュラルはキーボードの白いキーで表されるため、Abはそのすぐ下の黒い音になります。


https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/01/Circle-Of-Fiths-AMajor_Aflat.gif

Cメジャーのキーはすべての本位記号で構成されているため、シャープやフラットはありません:C – D – E – F – G – A – B

対照的に、C#メジャーのようなキーには7つのシャープがあります。C# – D# – E# – F# – G# – A# – B#

また、フラットとシャープは同じノートの場所を共有できます。まだちょっとごちゃごちゃしてましょね。

五度圏を暗記する一番良い方法は、自分で描いてメモを取ることです。

ここに書かれているすべてを理解することが、五度圏と呼ばれる気の利いたものがある理由です!

五度圏を調べて、いくつかの主要な調号を書き、それを使っていくつかのコードを作成してみましょう。すぐにすべてが明確に感じてくるでしょう。

五度圏[インフォグラフィック]

The Circle of Fifths

五度圏は、音楽で聞くキーを視覚的に表現した図です。 一番上にあるCメジャーのキーから始まります。 円は、その周りを下に移動するに向かい右側の#(シャープ)と左側のb(フラット)で分割されます。

キーボードの真ん中のCを押して進みます。

右側から始める

円の右側にあるメジャーキーから始めましょう。

各調号は5番目の間隔で区切られているため、五度圏と呼ばれます(たとえば、上の円のCからGは5分の1を表します)。

Cメジャーから始めます。 Cメジャーのキーには#がないため、キーのノートは次のとおりです。C – D – E – F – G – A – B

1つのスペースを次のキーであるGに移動します。円の外側のリングに、新しい#(シャープ)が付いていることに気づくでしょう。

したがって、Gメジャーのキーのノートは次のとおりです。G – A – B – C – D – E – F#

Cのキーには#(シャープ)がなく、Gには1つの#(シャープ)があり、Dには2つの#(シャープ)があり、以下同様に円の周囲に#(シャープ)あります。

Gメジャーには2つの#(シャープ)があることを知っているので、円を使用してGのキーにノートを書き、どのノートが#(シャープ)であるかを調べてみてください。

円の一番下のF#のキーに到達するまで、新しい完全五度ごとに#(シャープ)が追加されます。 F#のキーもGbとして解釈できます。

左側に移動する

さて、サークルの左側を取り組んでいきましょう。 上から開始するのではなく、#(シャープ)のセクションの解説が終わった、一番下のGbのところから始めます。

時計回りに移動すると、フラット(黄色のボックス)は、シャープと同様に5分の1の順序で移動します。 しかし、毎回フラットを一つづつ追加する代わりに、新しいキーごとに1つづつフラットを削除していきます。

例:Gbのキーには6つのシャープがあり、Dbには5つのシャープ、Abには4などがあるようにです。

このパターンは、円の一番上のCメジャーに戻るまで続きます。Cメジャーには、フラットまたはシャープはありません。 図の左側にあるノートを選択して、すべての#を書き出してみてください。

マイナーと一緒に移動する

メジャー・キーの理解が深まってきたところで、マイナー・キーはみていきましょう。メジャーキーに比べると簡単に感じますよ。

Aマイナーで円の上部から始めます。 5分の1のパターンとシャープの追加は、メジャーキーと同じです。

Aマイナー・キーは、Cメジャーの相対的なマイナーとして知られているものです。 つまり、メジャー・キーとマイナー・キーの両方が同じ正確なノートを共有しますが、異なる場所で始まります。

準備ができましたら、今まで学んだことを忘れないように、自分のバージョンを描いてみてください。

五度圏でコードを作成する

五度圏は、各キーのフラットとシャープを見つけるのに役立つだけではありません。 五度圏は基本的なコードを作成するための簡単な方法も提供します。

五度圏は、各キーのフラットとシャープを見つけるのに役立つだけではありません。 五度圏は基本的なコードを作成するための簡単な方法も提供します。

五度圏をレファレンスとして、いくつかの基本的な和音を作成してみましょう。

メジャーコード

コードの作り方のブログからわかるように、メジャーコードはルート、メジャー・サード、パーフェクトフィフスに基づいています。

五度圏を見て、パーフェクトフィフスはルートから時計回りに1スポットになります。

例えば、CのパーフェクトフィフスはGで、図のCから1スポット離れています。 したがって、CメジャーコードにCとGの2つのノートがすでに釘付けされています。

しかし、どのようにしてトライアドから三番目のノート、つまりメジャー・サードを見つけますか?

パーフェクトフィフスから斜め下に移動して、メジャートライアドの3番目のノートを見つけ、メジャー・サードであるEを見つけます。

したがって、CメジャーコードはC – E – Gです。メジャーコードの場合も、同じ方法が円の周りでできます。

Building Major Chords with the Circle of Fifths

マイナーコード

マイナーコードの作成も同じくらい簡単ですが、パターンは少し異なります。 この例では、Cマイナーコードを作成します。

マイナーコードはルートとそのパーフェクトフィフスで始まるので、円の時計回りに1スポット、つまりGです。この場合も、CマイナーにはCとGの2つのノートがすでにあります。

五度圏は、曲を書く際にいくつかのリスクを冒したいときに頼りになる支えを提供してくれます。

マイナーコードの3番目のノートはマイナー・サードです。 五度圏のマイナー・サードを見つけるには、パーフェクトフィフスから斜め下に線を引くだけです。 したがって、Cマイナーの場合はEbです。

Cマイナーのコードは次のとおりです。C – Eb – G

Building Minor Chords with the Circle of Fifths

円上のノートを選択し、この方法を使用して独自の基本的なコードを作ってみてください。 これは、五度圏をあらゆる種類の理論の手助けに使用する多くの方法の1つにすぎません。

コードの作成に慣れたら、それらを使用して独自のコード進行を形成しましょう。

五度圏が作曲にどのように役立つか

五度圏は、音楽を作成および解釈する方法にパワフルで新しいコンテキストを追加します。

すべてのソングライターが最終的に遭遇する一番の問題は、リスクなしの安全第一で同じ古いものを何度も何度も何度も書いてしまうことです。

五度圏は、曲を書く際にいくつかのリスクを冒したいときに頼りになる支えを提供してくれます。 音楽を次のレベルにするための新しい方法を見つけるのに最適な方法です。

人生の他の多くのものと同様に、一見複雑に感じる音楽理論の概念は、時間をかけて完全に理解してしまえばそれほどプレッシャーを感じず向かえ会えます。 五度圏は、そこにすばやく到達する方法を提供してくれます。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿