LANDR BLOG

ミキシングとマスタリング音楽機器

リファレンストラック:ミックス・レファレンスで音を改善する方法

リファレンストラック:ミックス・レファレンスで音を改善する方法

ミキシングを長時間していると、自分の中の狭い世界に閉じこもってしまうことがあります。レファレンストラックはそんなあなたを閉じこもった空間から解放してくれます。

他の視点を得るために大海をしらないと、全体像が見えなくなり、その結果間違った方向に行きすぎる可能性があります。

プロジェクトの終わりに近づいているときは、ミックスの全体的な特徴やまとまり方を知ることが重要です。 さらに重要なのは、あなたのミックスが他のライバル曲(主に商用)にどのように立ち向かっているかを知ることです。

しかし、同じ音を何時間も続けて聴いている中で、正しい視点を見つけ出すにはどうしたらいいでしょうか?

シンプルな解決策は、ミックスレファレンスです。

ミックスレファレンスとは何ですか?

ミックスレファレンスとは、ほぼ完成間近のミックスと前回制作したミックスを比較したり、同じプロジェクト内の他のバージョンや市販のレコーディングと聴き比べをし、製作中のミックスの質を判断する工程です。

レファレンス・トラックの使用について

シンプルに聞こえますが、レファレンスをできるだけ効果的にするためには、いくつかの重要な要素を考慮する必要があります。

始める前に知っていただきたいことは、ミックスが音の出方に関して「正しい」方法がないことを覚えておくことが重要です。

このテーマについては、多くの異なる意見が存在することもあり、「これが鉄板の考え方」は存在せず、同じことがレファレンスの工程にも当てはまります。

ここでの経験則:あなたが好きと感じたら、それはそれで良しとする。

この記事では、最も役に立つミックスレファレンスの習慣をいくつか解説し、それらを効果的に使いどう効率よくリリースを完成させるかを説明していきます。

仕上げを早速始めましょう!

音量を一致させる

レファレンスの基本的な規則は、できるだけ自分のトラックとレファレンストラックの音量レベルを一致させることです。

音量の小さな違いは、聴いている人の聴覚に驚くほど大きな影響を与えることがあります。

意味があり洞察力のある比較をするにはあなたが聴いている違いがミックス自体から来たものであり、心理的音響効果や視聴方法の変化からではないと確信している場合にのみ行うことができます。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/05/MixReferencing_0001_Level-MatchingB.jpg

メーターマッチング

ちょうどいいレベルに合っているかどうかを確認するには、フェーダーを真剣に考えなければなりません。

DAWのチャンネルメーターは、十分なヘッドルームを確保していることを確認するなど、ほとんどの測定作業に適しています。

しかし、専用のメータープラグインには、ミックスレファレンス時に特に役立ついくつかの利点があります。
Sienda FreeGは、フェーダーの微調整をする場合に便利でしかも無料のオプションです。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/05/MixReferencing_0000_Sienda-Free-G.jpg

プロセスの前後

音楽制作が先に進みすぎる前に、ミックスと完成したプロ音質のレコーディングとの最大の違いは、マスタリングの工程の質です。

LANDRを使用して、大まかに作ったトラックをすばやくマスタリングします。 そのラフにマスタリングされたトラックは、ある特定の環境下でのより整った視聴比較環境を実現します。

マスタリングされたトラックは間違いなく完成感に近づきますが、LANDRでマスタリングする前と後での比較を行うことも役に立ちます。

ミックスが完成間近で、それを同じプロジェクトの他のバージョンと比較したいのであれば、両方をバウンスし、比較するために素早くマスタリングを試してみてください。

マスタリングされたバージョンは、最終的な方向性を決定するのに役立つでしょう。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/05/MixReferencing_0002_Projects-Folder-Referencing.jpg

レファレンス中に何を気をつけて聴くべきで、何に注意を払うべきでしょうか

ミックスとレファレンストラックの音量を一致させたら、ミックスの中でリファレンス音源と異なる部分を特定します。

ここで注意を払って聴くべきことは:

全体的なEQのかけ具合

トラック全体の周波数成分は、ミックスとレファレンストラックで比較する最も明白な機能です。

周波数スペクトルの末端に注意を払いましょう。アマチュアのミックスは、しばしばブーンと鳴る、調整されていない低音やアッパー・ミッドレンジを超えない不快な高音に悩まされます。

アマチュアのミックスは、しばしばブーンと鳴る、調整されていない低音やアッパー・ミッドレンジを超えない不快な高音に悩まされます。

最初は耳を頼ってください。しかし、周波数成分を視覚的に表示できるEQまたはメータープラグインがあれば、それをマスターバスに配置し、ミックスがどうリファレンス・トラックと聴き比べられるか確認してください。

TDR Novaは、トラックがカバーする周波数成分を見える化するための素晴らしい無料プラグインです。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/05/MixReferencing_0003_TDR-NOVA.jpg

全体的なダイナミクス

トラックの全体的なダイナミクスは、ミックス全体に適用されたコンプの結果です。

さまざまなレコーディングのダイナミックレンジは大きく変わる場合があります。そのため、ジャンルやスタイルに適したリファレンスをチェックインすることが重要です。

例えば、ジャズコンボの自然な録音は、ラジオ用に録音されたポップミュージックのシングルのように小さなスピーカーに最大のパンチ効かせることを目的とした曲よりも遥かにダイナミックレンジが広いでしょう。

リファレンス・トラックが自分のレファレンストラックよりもかなりダイナミックであることがわかった場合は、自分のトラックの制作工程を再確認し、最初に曲を制作した時の設定を確認することをお勧めします。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/05/MixReferencing_0004_Dynamics.jpg

各要素のフェーダーと周波数レンジ

レファレンスとの比較に集中しだしたら、個々の要素がどのようにミックスに収まるべきかを考え出してください。レファレンス音源を参考にすることは、何をどこに配置すれば良いかのヒントを得ることができるでしょう。

プロのレコーディング分析を開始すると、ミックスごとに楽器が異なる位置に置かれていることに気付くでしょう。

各楽器が占める周波数レンジを確認する最善の努力をしてください。各ミックスのどの要素が最も大きな音量かを知ることも必要です。

上記のほとんどすべてが聴き取れなくなるまで、モニターをゆっくりと減衰させることで行うことができます。音が消えてしまう直前の最後の聞き取り可能な音は、全体的に最も大きな音です。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/05/MixReferencing_Attenuate_900x470.gif

レファレンスに関した他の注意事項

ミックスを不完全にしている要因を取り上げたとすると、プロのようにレファレンスするために確認すべき注意点がいくつかあります。

私はどんな参考音源を参照すべきですか?

世の中を見渡すと数多くの音楽が存在しますが、どのレファレンストラックがあなたのミックスを最も洞察してくれるでしょうか?

どんな曲でも良いのですが、あなたが尊敬するプロの商業目的のミックスをレファレンスするのが大部分を占めるはずです。

あなたの制作方法と同じようなスタイルに一貫したものを選んでください。最も有益な情報を得ることができるでしょう。

また、編集後の同じミックスを比較するために、レファレンステクニックを使用する必要があります。

あなたが以前のバージョンと編集後のバージョンを直接比較していない場合は、向上する代わりに、同じミスを2回繰り返す可能性もあるので気をつけましょう。

何でもどこでもレファレンス

あなたのファンは、数千もの異なる聴取環境であなたの音楽を聴きます。あなたのミックスがどの環境でも最高の音で聴かれるように、できるだけ多くの異なるシステムを参照するようにしてください。

LANDRでマスタリングされたトラックは、このステップを簡単にします。例えば、カーステレオやホームHI-FIでのフェーダーマッチングでは、メータープラグインを使用することはできません。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/05/MixReferencing_0005_Listening-Environment.jpg

LANDRでマスターされたラフなトラックのバージョンは、バットから離れた商業録音のレベルに非常に近いでしょう。

さまざまなシステムでミックスとレファレンストラックの違いを聞くと、多くの有益な情報が得られます。

モニターに加えて、家庭やカーステレオ、ヘッドホン、イヤホン、ラップトップスピーカー、お使いの携帯電話、アクセス可能な他の再生システムでトラックをチェックしてください。

レファレンスの利点

何に注意して聴き、何に注意を払うかを理解してきたとおもいますので、早速レファレンスを試してみましょう!

レファレンスをする良い習慣を身につける時間を取ることは、あなたの想像以上にあなたの耳力を発達させることでしょう。

他のミックスから学ぶことは大いですが、最初のレファレンスでより良い結果が得られるまでそれほど長くないでしょう。

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿