LANDR BLOG

音楽理論

リズムとは:音楽における時間、拍、拍子の仕組み

リズムとは:音楽における時間、拍、拍子の仕組み

リズムは音楽理論の基本的な側面の1つです。
素晴らしいハーモニーメロディーを作るには、リズムの仕組みと、リズムが曲においてどのように使用されているかを理解する必要があります。

リズムを勉強していくとその途中でだんだん複雑になる可能性がありますが、いくつかの簡単な概念を学べば、思ったほど理解するのは難しくなくなるでしょう。

今回の記事では、音楽製作の創造的なプロセスでリズミカルまたはポリリズムの概念を活用し始めるために必要なすべてを紹介していきます。

音楽においてリズムがどのように細分化されているか、拍子記号がどのように機能するか、複合拍子と奇数拍子を理解し始める方法を学びます。

リズムとは?

リズムとは、音楽を体系的にビートに分割し、小節内で集合的に理解された速度またはテンポで特定の回数を繰り返す方法です。

リズムとは、ミュージシャンが互いにつながり、演奏する方法です。

少なくとも、これらがメトロノームに聞いた場合に得られる定義です。
実際には、リズムを定義するのはかなり難しいです。 つまり大きく言ってしまうと、リズムが音楽であり、音楽を作るものだということです。


音符、メロディーコードは、鼓膜が検出できる電波の振動として簡単に説明できます。
打って変わって、リズムは人間独自の時間知覚と関係があります。
ドラムサークルの「リズムとは何ですか?」と誰かに聞いたら、「リズムは一緒に演奏することです。」と言うでしょう。
ファンクバンドに同じことを聞いてみると、多分「リズムはグルーヴを見つけること」だと言われるでしょう。
リズムはミュージシャンが互いにつながり、演奏する方法であるため、これらの答えはどちらも間違っていません。

リズム理論:楽譜の内容を理解する

今回の記事では、リズムを理解するために西洋の方法を参考にしていきます。

リズムを理解するには、知っておくべき4つの基本的な概念が存在します。

  1. 拍(ビート)とノート
  2. 小節と拍子記号
  3. 強拍と弱拍
  4. 2拍子および3拍子

 

これらの4つの概念をマスターすると、練習が上手くなり、曲において興味深いリズムを使うのが上手になります。

1. 拍とノート

音楽のリズムの読み方をしっかり理解するには、やるべきことがたくさんあります。

しかし、リズムを感じることの核心は、音符が楽器が演奏される時間を表すことを理解する必要があります。

音符は楽器が演奏される時間を表します。

全音符は最長の演奏時間を表しますが、全音符は半分、4分の1、8分の1、16分の1に分割できます。

二分音符は全音符の半分の長さを占め、四分音符は全音符の長さの4分の1を占めます。

note beat values

これらの音符を変更して整理し、さまざまなリズムを表現する方法はたくさんあります。

しかし、音楽でリズムが視覚的および概念的にどのように理解されるかの基礎として、あなたの最初のステップは、音符がどのように分解されるかを知ることです。

拍子記号と小節

すべての音楽には、特定の時間内に含めることができる根本的な拍があります。

この時間の測定値は、小節または拍と呼ばれます。

rhythm measure music bar

西洋音楽では、曲の拍子記号によって各小節での拍の測定方法が決まり、テンポによって拍の速さが決まります。

拍は、小節ごとの音符の数と、各音符が半分、4分の1、または16分の1でどのようにカウントされるかを示す分数のような記号で表されます。

音楽で最も一般的な拍子記号、4/4を考えてみましょう。

上の数字の4は、1つの小節に4つの拍があることを示し、下の数字の4は、これらの拍が四分音符で測定されていることを示しています。

what does the time signature mean

もちろん、音楽には4/4以外の拍子記号がたくさんあります。

あなたが今まで聞いたすべてのワルツは3/4であり、それから複合拍子で奇数拍子があります。

強拍と弱拍

さて、拍子記号の仕組みがわかってきて、拍(ビート)が小節にどのように収まるかがわかったところで、小節内でリズムがどのように機能するかを見てみましょう。

小節内には、拍を駆動する強拍と、拍を打ち消す弱拍があります。

小節内には、拍を駆動する強拍と、拍を打ち消す弱拍があります。

この綱引きの構造は、小節に鮮明感を追加し、リズムを聞き取りやすくします。

一般的な4/4の小節を考えた場合、小節の第1番目と3番目の音符に強拍があり、2番目と4番目の音符に弱拍があります。

strong and weak beats 4/4

3/4の小節の場合、強拍は1番目の音符に、そして弱拍は2番目と3番目にあります。

strong and weak beats 3/4

拍の強弱が音楽的にどのように聞こえるかを知っていると、どんな曲を聴いてもそれらを聞くことができます。

たとえば、4/4のディスコトラックでのキックドラムのプッシュONE-two、ONE-twoの拍、またはワルツでのリルティングONE-two-three、ONE-two-threeなどです。

強-弱、強-弱-弱の概念は、2拍子と3拍子の動作の一部であり、複合 と奇数拍子を理解するための基礎を形成します。

2拍子および3拍子

これまで、最も一般的な2つの拍子記号である3/4拍子と4/4拍子についてのみ説明してきました。

曲で複合拍子と奇数拍子を使用することに興味がある場合は、小節内の拍が2または3でどのように感じられるかを理解する必要があります。

強拍と弱拍の仕組みを理解すれば、もう少し簡単にわかるようになります。

3拍子と2拍子を視覚化する1つの方法は、回転する三角形と回転する正方形の違いを想像することをオススメいたします。新しい回転ごとに、強拍があるかたちになります。

3拍子と2拍子を視覚化する1つの方法は、回転する三角形と回転する正方形の違いを想像することをオススメいたします。

4/4の小節の強拍と弱拍を見ると、強-弱、強-弱の2拍子の2つのグループに分けることができます。

duple meter

強-弱のパターンは、2拍子が機能していることを示します。

小節は2つのデュプルに分割されているため、4/4拍子は「quadruple time(4倍の拍子)」と呼ばれることもあります。

3/4の小節では、1つの強-弱-弱というトリプルグループにすぎません。



triple time 3/4

強-弱-弱パターンは、3拍子が機能していることを意味します。

リズムパターンや拍子記号は、2拍子または3拍子に分割できます。

ただし、拍を小節内で細分化する方法は拍子だけではありません。単純拍子や複合拍子は、別のルールを追加します。

単純拍子と複合拍子

単純拍子と複合拍子は、拍子に直接関係しています。

拍子は、強拍と弱拍の観点からリズムがどのように感じられるかを定義します。

単純拍子と複合拍子は、小節の短い音符(通常は8分音符)を2つまたは3つのグループに分割するかどうかを決定します。

単純拍子は、8分音符を2つのグループにグループ化します。

4/4拍子は単純な2拍子です。その8つの音符は、1-、2-、3-、4と数えられます。

simple duple time

3/4拍子は単純な3拍子です。それは1-、2-、3-と数えられます。

simple triple time 3/4

複合拍子は、8分音符を3つのグループにグループ化します。

6/8と9/8は、どちらも複合拍子の例です。

6/8の複合2拍子では、音符は3つの8分音符の2つのグループに細分されます。

duple compound time

8分音符は1-2、2と数えることができます。

Drakeの曲「
Plastic Bag」は、6/8のリズムに沿った人気の曲の良い例です。

9/8では、複合3拍子のノートは3つの8分音符の3つのグループに細分されます。

compound triple time 9/8

8分音符は、1-1、2-2、3と数えられます。

Dave Brubeck(デイヴ・ブルーベック)の有名なジャズトラック「Blue Rondo A La Turk」は、複合9/8拍子を使用しています。

この曲は、複合と奇数の9/8拍子を交互に繰り返します。違いを見つけることができるかどうかを自分で聴いてみて確認してください!



 
奇妙拍子といえばですが。

奇妙拍子

奇妙拍子は複雑かなーと感じるかもしれませんが、知っておくべきことがたくさんあります。

しかし、2拍子と3拍子がどのように機能し、どのように感じられるかを理解し始めたら、どんな奇妙拍子のパターンでも簡単に対応できます。

奇数拍子記号は、単純拍子と複合拍子の背後にある規則を採用し、それらを組み合わせます。

これは、奇数の拍子記号が、二拍子と三拍子の組み合わせに基づくパターンに従うためです。

奇数拍子記号は、2拍子と3拍子の組み合わせに基づくパターンに従います。

知っておく必要があるのは、各拍子が2つまたは3つのグループにどのように分割されるかです。

5/8拍子を考えてみましょう。これは、2拍子のグループとそれに続く3拍子のグループ、または3拍子グループとそれに続く2拍子のグループのいずれかに切り詰めることができます。

odd time

ちょっとこの説明ではわかりづらい場合は、拍子記号を大声で数えますが、2拍子または3拍子にします。

したがって、5/8拍子記号の場合、1-2 1-2-3、または1-2-3 1-2のいずれかとしてカウントします。

したがって、上から「Blue Rondo A La Turk」の例を見ると、奇数拍子の9/8セクションは、1、2、3、4、およびaの形式に従います。

odd time 9/8 blue rondo a la turk

2拍子と3拍子がどのように組み合わされて機能するかがわかれば、拍子記号のリズムを簡単に数えて感じることができます。

シンコペーション

リズムのシンコペーションは、拍子記号のメインの強拍から音符が演奏されるときです。

これらのシンコペーションのリズムは、小節の弱拍またはオフビートを強調するためにリズムが再生されるときに発生します。

弱拍でのシンコペーションは通常、バックビートを強調するリズミカルな構造を作成します。

これは、ジャズやディスコのように、1つと2つではなく、4/4小節の2番目と4番目が強調されている多くの音楽で耳にします。

オフビートのシンコペーションのリズムは、強拍と弱拍の間の音を強調します。

オフビートのシンコペーションのリズムは、強拍と弱拍の間の音を強調します。

音符は、オフビートのシンコペーションリズムで強拍と弱拍の間で演奏されます。

しかし、強拍の直前にクイックノートを演奏すると、オフビートが強調され、シンコペーションの感覚が生まれます。

オフビートのシンコペーションリズムを演奏するには、音楽の小節を数えるときにオフビートを数えると常に役立ちます。

off beat syncopation



たとえば、4/4小節では、「one and two and three and four and」と数えます。 「and (アンド)」は、強拍と弱拍の間のスペースを表します。

手で叩いてみる

リズムを理論的に理解することは、すぐに学ぶのに役立つので、本当に良いことです。

しかし、素晴らしいリズミカルな感性を育むには、練習するに限ります。

特定のリズムを理解するのに苦労している場合は、楽器を実際に叩くのを恐れないでください。

間違ったリズムを何度も練習しても、なんの特にもなりません。

楽譜や記譜法の読み方を知ることよりも、一体感やグルーヴを感じることについてのリズムを体感してみることをオススメいたします。

他の人とジャムをしたり、他の人の演奏を聞いたり、音を通して音楽仲間とコミュニケーションしたりすることは、あなたのリズミカルな感性を発達させるための優れた非常に楽しい方法です。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿