LANDR BLOG

インスピレーション音楽理論

メジャースケール:最も重要な音階の使い方

メジャースケール:最も重要な音階の使い方

メジャースケールは、すべての西洋音楽の重要な構成要素です。これは、最も一般的に使用されている音階の1つです。

机に向かってメジャースケールを練習することは誰にとっても楽しいことではありませんが、将来の見返りを考慮するとやらない手はありません。



メジャースケールの内外を知ることで、音楽理論のあらゆる側面を理解できるようになります。

今回の記事では、メジャースケールとは何か、そしてそれらを理解して実際に曲で使う方法について紹介します。

メジャースケールとは何ですか?

メジャースケールは、一連の全音と半音で構成された7音階です。 半音は、3番目と4番目、および7番目と8番目の音度の間に存在します。

メジャースケールは「全音階」とも言われ、 これは単に、スケールの半音が可能な限り分散されていることを意味します。



難しいと感じても、全く心配しないでください。 今回の記事では、全音、半音、音度を分類し紹介していきます。

では始めましょう。

メジャースケールの構築の仕方

ピアノの鍵盤を見ることが、メジャースケールを理解するにおいて最も簡単な方法です。

メジャースケールは、一連の全音と半音で構成された7音階です。

ピアノの白い鍵盤は、ハ長調の音階になっています。

ハ長調は、2つの黒い鍵盤の前にある白い鍵盤から始まります。これは最初の音度です。

starting on c

メジャースケールの構築を始める前に、全音と半音について知っておくことが重要です。

半音は、ある音符から次の音符までの距離で、全音は2つの半音にと同等と覚えておいてください。

半音は、ある音符から次の音符までの距離で、全音は2つの半音にと同等と覚えておいてください。

half step and whole step

もう一度、ピアノの鍵盤を見てください。 Cを見つけ、次の並びでハ長調を演奏してみましょう。全、全、半、全、全、全、半。.

major scales notes

全音と半音に従って音階を演奏すると、1から7までの各音階も演奏します。

おめでとうございます!ハ長調を演奏完成です。この音階は、ハ長調の音楽的な鍵を示しています。そうシャープやフラットが無いということです。

他のキーでメジャースケールを構築する

ハ長調のキーで作れるなら、どんな音符からでも音階を作ることができます。

ハ長調のキーで作れるなら、どんな音符からでも音階を作ることができます。

他のキーでメジャースケールを作成するときは、ピアノの黒いキーを使用してメジャースケールの式に合わせます。

ニ長調のメジャースケールを見てみましょう。

Dから始めて、メジャースケールを使いますD、E、F#、G、A、B、C#、Dとなり並びは全、全、半、全、全、全、半になります。

d major scale

また、ニ長調の調号はF#とC#であることに気付くでしょう。

練習を始めると、慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、時間が経つにつれ、より快適になり始めます。

しばらくすると、より自然演奏できるようになり始めたと感じるでしょう。この知識を音楽の他の領域に適用すると、より迅速かつ簡単になります。

この方法を五度圏に通し、すべての音楽の調を練習することを恐れないでください。

メジャースケールのモード

メジャースケールは、音楽モードの構築にも使用されます。 モードには、レラティブマイナー・スケールと、他の頻繁に使用されるスケールが含まれています。


モードはすべてメジャースケールに基づいています。

モードはすべてメジャースケールに基づいています。

メジャースケールは最初の音階から始まるため、イオニアンモードと呼ばれます。 メジャースケールの他の6つの音度は、さまざまなモードを提供します。

たとえば、2番目の音符Dでハ長調を始ると、Dドリア旋法が得られます:D E F G A BCDの並びです。

どの音符でもよいのでハ長調を開始して、このパターンを続けます。 これにより、メジャースケールのさまざまなモードが得られ、演奏するとさまざまな音質が聞こえ始めます。

音楽モードをさらに深く掘り下げたい場合は、詳細ガイドをご覧ください。

音楽においてのメジャースケール

メジャースケールは西洋音楽の基本音階と考えられています。 それは、私たちが幸せな響きの音楽に関連付ける明るく安定した音です。




メジャー・スケールは、音楽の機能的なハーモニーのバックボーンです。 前に話した全・半音のパターンを覚えていますか?

半音程の位置は、メジャースケールの音符で構築された和音進行に緊張感と解放感を生み出すものです。

それは少し理論的に聞こえるかもしれませんが、それがメジャースケールが音楽のいたるところに絶対に見られる理由です。

このような基本的な音階では、それをどのように使うかが最善かを決めるのはかなり難しいです。 お伝えできる最善のアドバイスは、あなたの耳を信じ、あなた自身の創造性をあなたの案内役にすることです。

メジャーな理由

日々の練習にメジャー・スケールを組み込むようにしましょう。 12個のキーすべてで練習してください。 最終的には、新しいメロディーとハーモニーを作るためのツールとして、メジャー・スケールを使っててください。

このスケールが耳に入ると、次の曲を作成するときに自然になれることでしょう。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿