LANDR BLOG

音楽理論

コード進行を学ぶ:ソングライティングでコードをアレンジする方法

コード進行を学ぶ:ソングライティングでコードをアレンジする方法

作詞作曲家にとって、コード進行を書く技術をマスターすることほど重要なことはありません。

コードの作成 や聴いている音楽のコードを聴き取る方法をマスターすることは重要ですが、コード進行の正しい場所に正しい和音を配置できない限り、どちらも重要ではなくなってしまいます。

コードの構築方法に全く慣れていない場合は、コード進行を確認する前に、コード作成基本ガイドをお読みください。

コードが持つ無限の可能性により、書き出すのを躊躇したり、同じ退屈なコード進行を何度も繰り返し書きたくなることがあるかもしれません。

今回の記事では、コード進行とは何か、コード進行を常に新鮮に保つ方法、そしてコード進行を歌で活用する方法を学びます。

コード進行とは何ですか?

コード進行は、音楽で使用される2つ以上のコードのシリーズです。進行中のコードはローマ数字で表され、キーによって決定されます。

ビーチハウスからベートーベンまで、コード進行は音楽が時間とともにどのように展開するかを決定します。

ビーチハウスからベートーベンまで、コード進行は音楽が時間とともにどのように展開するかを決定します。

コード進行はまた、あなたの歌の流れ(ストーリー)に大きな役割を果たします。コード進行の特定の時間に特定のコードを使用すると、1つの簡単なコードを選択するだけで、歌の物語を幸せから悲しみへ、暗闇から光に劇的に変えることができます。

1つのメジャー、マイナー、または減三和音は、単独ではあまりストーリーを語ることができません。しかし、コードの単純で反復的な進行であっても、感情や音楽のアイデアの複雑な配列を伝える力があります。

良いコード進行をベースとして、トラックのその他の要素(リードメロディーやベースラインなど)は、選択したコードとそれらが置かれている場所に基づいて、音が表現されやすくなります。

曲の書き方がわからず、曲のアレンジもどこから始めたらよいかわからない場合は、コード進行が絶対に必要です。

単純で反復的なコード進行でさえ、複雑な感情や音楽のアイデアを伝える力があります。

しかし、曲を書くのが初めての場合や音楽理論に弱いと感じる場合、コード進行がどのように機能するかを理解するのは難しい場合があります。しかし!

心配しないで!この記事で、できるだけわかりやすく説明させていただきます。

音楽でのローマ字

音楽のすべての音符間の関係は永続的であるため、記号を時間節約の簡略表現として使用して、音楽でのコードの動作を理解できます。

ローマ字は、コードがキー内でどのように機能するかを説明するために最も一般的に使用される記号です。 メジャーとマイナーを考えていただくとわかりやすいと思いますが、音楽のキーは、繰り返しパターンに基づいて作成された一連の音符です。

複雑な音楽理論の概念が特に好きでない場合は、次のように考えていただくとわかりやすくなります。音楽のメジャーキーとマイナーキーはすべて、まったく同じコードの繰り返しされた配列を備えています。

2つの配列を覚えるだけで、コード進行を簡単に理解できます。

2つの配列を覚えるだけで、コード進行を簡単に理解できます。

メジャーキーのコード

メジャーキーから始めましょう。 メジャーキーのコードのローマ字の配列は次のようになります。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/01/Chord-Progressions-Major-Chord-Progression-Chart-1.jpg

チャートからわかるように、Cメジャーを例として使用している場合、例えのシンプルな進行は次のようになります。

C—Dm—Em—F—G—Am—Bdim

この例では、Cのキーのコードを示していますが、このグループのコードは他のすべてのメジャーキーにも含まれています。

I、IV、Vなどのローマ字の大文字表記は、メジャーコードを表します。 i、iv、vのようなローマ字の小文字表記はマイナーコードを表し、その隣の円で終わる最後の小さいものは減三和音を表します。

マイナーキーのコード

マイナーキーのコードのローマ字配列は次のようになります。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/01/Chord-Progressions-Minor-Chord-Progression-Chart-1.jpg

今回はAマイナーを使用しましょう。 Aマイナーのコード進行は次のようになります。

Am—Bdim—C—Dm—Em—F—G

マイナーキーのコードの配列は、メジャーと同じタイプのコードですが、順序は異なります。

音楽で人気のあるコード進行

12小節のブルースのようなコード進行は、ポピュラーミュージック全体に見られます。

12小節のブルースはI、IV、Vのコードに基づいて構築されており、パンクバンドからジャズ作曲家まで、誰もが何らかの形で音楽の進行を使用しています。

Cメジャーのキーのコードは次のとおりです。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/01/Chord-Progressions-Keys_CMajor-12barBlues.gif

この12小節のブルースジャムのコード進行を聴いて、コードの変化を見つけてください。

そして、ポップパンクのコード進行があります。 名前にだまされないで下さい。このコード進行は、ポップパンクを超えて、あらゆる有名な曲で至る所で使われています。

このコード進行は、I–V–vi–IVのコードに基づいています。 Cメジャーのキーのコードは次のとおりです。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/01/Chord-Progressions-Keys_CMajor-1-5-6-4.gif

このコード進行はビートルズの「Let It Be」、グリーン・デイの「When I Come Around」などのヒット曲で聴くことができます。

自分の曲でコード進行を使用する方法:はじめに

作成する音楽の種類に応じて、コード進行は単純で反復可能で予測可能なものから、複雑で少し不安定なものまでさまざまです。

あまり一般的ではありませんが、2つの繰り返しのコードだけで作られた曲が世の中にはたくさんあります。 作曲が初めての場合は、シンプルなやり方として、2つまたは3つのコードのみでコード進行を構築することをお勧めします。

コードをまとめる時間と自由を自分に与えることが、自分の曲で機能するコードを書くための唯一の方法です。 上記のチャートを活用していくつかの基本的なコード進行を試してから、自分が良いと聴きとったものに基づいて独自のコード進行の構築を始めます。コード進行には、「これだ!」というようなルールはありません、最終的には自分の耳次第になります。

理論は、音楽がどのように機能する理由を説明するのに最適ですが、あなた自身にもともと備わっている自分の本能的、音楽的「耳力」の直感に代わるものはありません。

理論は、音楽がどのように機能する理由を説明するのに最適ですが、あなた自身にもともと備わっている自分の本能的、音楽的「耳力」の直感に代わるものはありません。

コード進行を広げる

今回の記事では、1つのキー内に収まるコード進行を理解する方法を説明しましたが、作詞家や作曲家が曲ごとに1つのキーしか使用しないなんてなった場合、音楽は非常に退屈な芸術になります。

基本を理解したら、重要な変更やコードのバリエーションを自分で試してみてください。

この記事の情報は最終地点ではなく、むしろあなたの作詞作曲の出発点です。あとはあなた次第です。

理論は、音楽がどのように機能する理由を説明するのに最適ですが、あなた自身にもともと備わっている自分の本能的、音楽的「耳力」の直感に代わるものはありません。

慣れてきたら、無関係なキーのコードをペアリングして、共鳴するコードの組み合わせを書き留めてください。すぐにあなたの作曲のスキルが成長することでしょう。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿