LANDR BLOG

ミキシングとマスタリング録音音楽機器

ゲイン・ステージング:適格なレベルでより良いミックスを作る方法

ゲイン・ステージング:適格なレベルでより良いミックスを作る方法

透明感とパンチのある良いミックスを作るのは簡単ではありませんが、 良いゲイン・ステージングができればそこに到達できます。

「ゲイン・ステージングに注意を払おう」や「ミキシングするときは、ヘッドルームを残す」などおそらく耳にタコができるくらい聞いたことがあるでしょう。

しかし、これらのアドバイスは正確には何を意味しているのでしょうか? 必要なヘッドルームは具体的に何db残すべき? ミックス全体でゲイン・ステージングを最適化するには、ゲイン構造をどのように構成する必要がありますか?

今回の記事で簡単に、ヘッドルームとゲイン・ステージングが何であるか、そしてそれらの必要性を紹介していきます。

ゲイン・ステージングとは?

アナログ録音の古き良き時代に戻って、健全でありながらクリーンな信号を録音する際に考慮すべき2つの主要要素は:

  1. ノイズフロア
  2. そしてヘッドルーム

良いゲインステージングは、エンジニア間で安全にノイズフロアとヘッドルームを移動する方法でした。 これは、デバイス間のゲイン構造が適切に設定されていることを確認することを意味しました。

信号経路内のどのデバイスもその入力に最適な信号レベルを受信し、経路内の次のデバイスに最適な信号レベルを送るようにしました。

ノイズフロアは、記録媒体(昔は磁気テープでした)を含む信号経路に存在する固有のノイズです。 目標は、信号対雑音比を最大化するために、信号をできるだけ高く維持することでした。

これは、より静かなシグナルがたくさんのヒスノイズやその他の望ましくないノイズによって隠されないことを意味しました。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/04/Gain-Staging-How-To-Get-A-Better-Mix_VU_meter_1200x627.jpg

すべてのレコーディング媒体には、限られたヘッドルームの猶予があります。 媒体が処理できるよりも大きな信号を録音しようとすると、波形の上部がクリップされ、歪みとして聞こえます。

これは、より静かなシグナルがたくさんのヒスノイズやその他の望ましくないノイズによって隠されないことを意味しました。

信号をノイズフロアより高く維持しようとする場合の唯一の問題は、残念ながら他の問題、ヘッドルームの問題にぶち当たります。

ヘッドルームとは?

ヘッドルームとは、オーディオ信号が圧縮および歪みだすまでの余裕のことをいいます。

すべてのレコーディング媒体には、限られたヘッドルームの猶予があります。 媒体が処理できるよりも大きな信号を録音しようとすると、波形の上部がクリップされ、歪みとして聞こえます。

アナログ回路とテープレコーダのヘッドルームは、緩やかなものでした。 一定の制限を超えると、最初にソフトなコンプ/サチュレーションエフェクトが得られ、入力信号を大きくするほど歪みが明らかになります。

エンジニアは、下部のノイズと上部の歪みとの最適なバランスポイントを見つけようとします。これが最終的にゲインステージングです。

デジタル・ゲイン・ステージング:完全な線形

デジタルオーディオは、これらのゲイン構造の問題の多くを取り除きます。 システム上のノイズレベルが非常に低いため、信号にまったく影響を与えないため、24ビットの世界ではノイズフロアは実際には問題になりません。

ヘッドルームもあまり気になりませんが、ヘッドルームはまだ重要事項です!


デジタルには絶対的な制限があります(0dBFS、またはデシベルの(FS)フルスケール)。 それより上の信号はクリップされます。 しかし、その時点に達するまで、デジタルは完全に線形の媒体であるため、アナログ録音が示すようなコンプと歪みの緩やかな始まりはありません。

ステージングをやめない

ここで疑問は、「デジタルレコーディングがすべてのヘッドルーム問題を解決したように見えるのに、なぜステージングをまだ気にする必要があるのでしょうか?」ということです。

主な理由は、デジタルチェーンには少なくとも1つ(通常は2つ)のアナログステージがまだ含まれているということです(ヒント-ADおよびDAコンバーターのAです)。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/04/Gain-Staging-How-To-Get-A-Better-Mix_DAC-ADC_1200x627.jpg

録音するとき、信号はデジタルに変換される前にアナログステージを通過する必要があります。また、モニターに向かう途中でアナログに戻す必要があります。

これらのアナログの工程には、前述のゲイン構造と同じ問題が生じます。

  • レコーディングのレベルが低すぎると、ノイズフロアが入り込んでしまう。
  • レコーディングのレベルが高すぎると、歪みやクリッピングが発生する。

そのため、録音するときは、レベルを控えめに設定するのが最善です。経験則として、-18dBFSを0dBVUのアナログ標準と同等にすることをお勧めします。

ピークが-10dBFSを大きく上回らないようにし、平均レベルを-18dBFS付近に保つと、適度なレベルの信号がを録音できるはずです。

ドラムやパーカッションなどのよりダイナミックな楽器は、信号のピークが非常に大きくなる可能性があるため、より多くのスペースが必要になる場合があることに心にとめてください。

プラグインのゲイン・ステージング

デジタル機器を使用している場合でも、すべてのプラグインを確認してください。 コンプレッサー、EQ、コンソールのチャンネル、テープマシンなどの古いアナログ機器をモデルにした機器をいくつ持っていますか?

適切にオリジナル通りに作られた場合、それらの機器のほとんどは、アナログのオリジナルと同じ「非線形の」動作を示します。 したがって、アナログと同じルールが適用されます。つまり、レベルを上げれば上げるほど、コンプ、サチュレーション、歪みの症状が出てきます。

創造的なトーンを形作る目的に使用できるから、コンプや歪みなどの症状は必ずしも悪いことではありません。 しかし一般的に、すべてのプラグインを高レベルでプッシュする場合、ミックスはもろく、粗く、2次元に聞こえ始めます。

したがって、録音中に使用する最適なゲインステージングの同じコンセプトを維持することが最善の策であり、-18dBFSを目標とする適した平均レベルとして考えるべきです。 控えめに保つと、ミックス全体で適切なゲイン構造を維持できます。

より良いゲインステージングはより良いミックスを意味します

ゲイン・ステージングを適切に行った場合、マスターバスのレベルが十分に低いため、クリッピングは心配する必要がなくなります。

したがって、ヘッドルームとゲイン・ステージングに必要な余裕を持たせる心がけをしましょう。 そして、フェーダーを恐れることなくミックスできる様になりましょう!

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿