オススメ記事

7つの抽象的なミックス用語:その意味と使い方

エンジニアは音楽のミックスcについて話し始めると簡単に心に火がついてしまいます。 自分のサウンドを言葉で説明するのは難しいものです。テクニカルな専門用語が飛び交う中で自分のトラックについて説明するのはとてもイライラします。 しかし幸いなことに、ミックスの問題やサウンドクオリティーを説明するのに便利な、共通用語があります。 最も一般的な「不思議な」ミックス用語を7つご紹介します。その意味と、それらのミックス要素を取り扱う方法をお伝えします。 1.「ブーミー」 「ブーミー」とは、スピーカー上で持続している、過度な低周波エネルギーを意味します。 例: 「太いキックが欲しいんだけど、これちょっとブーミーだよね」 「太いキックが欲しいんだけど、これちょっとブーミーだよね」 スピーカーは低域を正確にしか再現できません。 過度な低域はスピーカーを苦しめます。これは周波数スペクトラムにも悪影響として現れます。 解決方法 たくさんの低音を含む音源に対し、ハイパスフィルターを適用してブーミーベースに対応します。 その音の問題点が現れる限界までフィルターを動かしていきます。予想以上にカットできるでしょう。 2.「マディー」 「マディー」は一般的に、競合する中低域要素の積み重ねが詰まりすぎることを意味します。 例: 「ベースのミュートを外すと全体のミックスがマディーになるなあ。250Hzあたりをカットしたほうがいいかもしれない」 中低域の扱いは初心者や中級者には難しいものです。あまりにも「マディー」な状態だと、楽器の明瞭さや分離が影響を受けます。 解決方法: 意図的でない限り、中低域を分けて作り込み、マディーなミックスになることを避けましょう。 キックやベースのような、低域に影響を与える楽器は、真っ先に中低域を調整する対象になります。 これらの音源のほとんどのエネルギーは、低域に集中すべきです。そうすれば中域は他の楽器の音とぶつかることはありません。 3. 「ボクシー」 低域も高域も不十分で、ほとんど中域の周波数で構成される音やミックスのことです。 例: 「このギターはボクシーな感じだね。もっとハイが録れるマイクを使った方がいいかな。」 「このギターはボクシーな感じだね。もっとハイが録れるマイクを使った方がいいかな。」 ボクシーなミックスサウンドはフラットで、詳細が欠けているものです。 自分のミックスを、他の参考音源と比較してみると、その理由が見えてきます。 解決方法: 中域を過度に上げ過ぎず、周波数スペクトラム上で極端に突出している部分に注意して、ボクシー感を回避しましょう。 4. 「ウォーム」(暖かみ) 「ウォーム」(暖かみ)は一般的に、ハーモニック(高調波)ディストーションがかかり、高域が過度に誇張されていないような状態を指します。 例: 「おお、チューブコンプレッサーのプラグインを追加すると、ボーカルがウォームな(暖かい)感じになるね」 「ウォーム」(暖かみ)は、アナログ機器によって生み出されるクオリティーでとても人気があります。ミックスを自然に、豊かに、楽しめるように仕上げてくれます。 「おお、チューブコンプレッサーのプラグインを追加すると、ボーカルがウォーム(暖かい)な感じになるね」 この効果を得るには: サチュレーションなどのアナログスタイルのプロセッサーを使って、徐々に高域を追加して、ウォーム感を作ります。 でも控えめに行うようにしてください。アナログエミュレーションプラグインによる過度な人工的サチュレーションは、逆に荒々しくなりすぎることがあります。やり過ぎには注意しましょう。 5. 「ハーシュ」(耳障り) 「ハーシュ」(耳障り)とは、過大な中高域レンジを表し、リスナーの耳を疲れさせてしまいます。. 例: 「シンセの矩形波が結構ハーシュ(耳障り)だな。フィルターのカットオフを少し下げてみてくれる?」 「ハーシュ」(耳障り)は多くのミックスで見られるメジャーな問題です。リスナーの耳を疲れさせる事は避けなければなりません。 ハーシュなミックスは、イヤホンやラップトップスピーカーのような一般的なリスニングシステムをさらに悪化させます。 解決方法: 3~5kHzレンジを扱う際、EQやマイクのポジショニングなどで十分注意してハーシュな音を回避します。 6. 「デプス」(深み) 「ルームマイクのパンを広げると、ドラムにデプス(深み)を与えます。」 「デプス(深み)」はミックスに3次元クオリティーをもたらします。 例:「ルームマイクのパンを広げると、ドラムにデプス(深み)を与えます。」 「デプス」(深み)は、リスナーを楽曲の世界に引き込み没頭させます。 楽器の分離感や、全体の空間感覚を作るのを補助します。 効果を得るには: 録音の際に、近いマイクと遠いマイクを組み合わせることで、ミックスの中に様々なアンビエンスを混ぜることが出来ます。 異なる距離感やパンポジションを持つ様々な音源は、ミックスにデプス(深み)を付加します。 7. 「エアー」 「エアー」は、ミックス内の高周波数帯にある、かすかなライブ感のことです。 例: 「そのオーバーヘッドのリボンマイクは結構暗めな感じだから、ちょっとエアーを足したほうが良いかな。」 「エアー」は、ボーカルやルームマイクのような音源に、リアル感や3次元感をもたらします。滑らかで、オープンで、空気感のある高周波帯域は、多くのミックスが目指すところです。 「そのオーバーヘッドのリボンマイクは結構暗めな感じだから、ちょっとエアーを足したほうが良いかな。」 存在感があり、心地良く、EQで丁寧に調整された高周波数帯域にしっかり配慮しましょう。 効果を得るには: スムーズな響きのEQに穏やかなベル型またはシェルビング型フィルターを適用し、8〜16 kHzのどこかでトップエンドを軽くブーストします。 でも注意してください。やりすぎは「ハーシュ」なトラックを作ってしまいます。少しずつ調整していくのがコツです。 ミックスの繊細な「エアー」はボーカルをスムーズに目立たせ、ルームマイクの録音を生き生きとリアルな感じにしてくれます。 ミックスについて話す時、何を話すのか ミキシングはとても主観的な作業です。説明するときに使う用語もやはり主観的です。 それぞれのエンジニアは「エアー」や「デプス」といった言葉を別な意味で捉えているかもしれません。 これらの用語の定義は、ミックスの問題点や強み、特定の音に近づける方法などについて考え、伝えるためのガイドラインに過ぎません。 さあ、これらの意味が理解できたら、ミックスを頭の中のイメージにさらに近づけてみましょう!

カバー曲:自分でレコーディングしてリリースすべき5つの最もな理由

アルバムは以前に比べ、メディアの特集を受けることや売り上げ収益を得ることができなくなったのが現実です。 しかしアルバムは以前として重要ですが、アーティストは以前よりも多くの音楽を作り続け、有意義な方法でファンや視聴者とのつながりを保つ必要があります。 本当にすばらしい作品を作成したい場合、特に歌を書くのには時間がかかります。 しっかりした曲作りは急ぐことはできません。 残念なことに、あなたのような多くのアーティストおそらく素晴らしくオリジナルの曲を書き続け、リリースする時間がないでしょう。 ここで、意欲的なソングライターは何をするでしょうか? 簡単な答えはカバーソングです。よく考えてレコーディングされたカバー曲は、さまざまな方法であなたの技術を高めることができます。 カバーソングがすべての作曲家にとって理にかなっている理由のいくつかをご紹介します。 カバー曲はすでに有名なバンドにとってだけ役に立つものではありません。 1.カバーソングは作曲する力と音楽理論に役立ちます あなたが熟練したソングライターでも、駆け出しの作曲家でも、誰かの曲をカバーすることは、誰かの腕を使って作曲の芸術を学ぶ非常に優れた方法です。 他のアーティストの曲を覚えて、そして時間をかけて録音することは、曲の構造、メロディー、表現方法、アレンジの仕方、そしてその他の役に立つ音楽理論について数々教えてくれます。 曲をカバーするには、曲を最も基本的な要素に分解する必要があります。 これらの要素を習得して組み合わせることで、効果的なワークフローを作成することができます。 音楽理論に取り組もうとしているミュージシャンの場合、カバー曲をレコーディングすることは、今学習していること、例えば曲のキー、コード進行、拍子記号などをそのまま直接実践で試すことができる素晴らしい方法です。 2.カバー曲のライセンスは思っているよりも簡単に取得できる だからなぜ、カバー曲が再度脚光を浴びてきているのでしょうか? デジタル音楽配信会社は、カバー曲製作者に適切なライセンスを手配し、カバー曲に必要なライセンス関連書類を簡単に取り扱うことができるようになったことが一因にあります。 カバーが音楽の新しい瞬間を楽しんでいる大きな理由です。 カバー曲作りは楽しいものであるべきですが、必須のライセンスを取得して、すべての必要書類を自分自身で入手するの大変です。 カバー曲作りは楽しいものであるべきですが、必須のライセンスを取得して、すべての必要書類を自分自身で入手するの大変です。 書類作成? 必要なし。 Bruce Springsteenの 「Cover Me」のバージョンを録音してリリースすること? 必要です。 ヒント:カバー曲のライセンスは、LANDRのすべての定期プランで100%無料になりました。 ボックスにチェックを入れ、必須情報を記入して、完了です。 3.カバーソングは現代音楽の大きな一部となってきている 数十年前まで、別のアーティストの曲をカバーすることは、ほとんどのアーティストが、(特にオルタナティブミュージックを作っていたアーティストは)考えていなかったことでした。 しかし今現在、カバーソングは関連性の新しい瞬間を楽しんでいます。 最近は音楽を作るのが難しいです。ライバルも曲数も莫大になりました。幸いなことに、カバーソングを作ることは関係するすべての人にとっては稀な両者に徳のあるコラボらのです。 ストリーミング配信や新しい音楽の作り方の登場のような近年の新鮮で興味深い音楽との付き合い方がカバーソングのライセンス並びにオンらいん配信に新風を巻き起こしました。 Weezerが良い例です。、彼らはTotoの名曲「アフリカ」をカバーすることで、再びランキングチャートに躍り出ることに成功しました。なぜなら、熱心なファンが1982年の伝説的なヒット曲をカバーするよう熱心にバンドに請願したからです。 カバー曲はすでに有名なバンドにとってだけ役に立つものではありません。 SpotifyやApple Musicのようなプラットフォームは、カバーソングの成功だけで数多くインディーズアーティストのキャリアを立ち上げるのを助けてきました。 信じられないほど素晴らしい音楽という芸術を堪能しているうちに、気がついたらまた新しい音楽時代に到着していたようです。 4.カバー曲が時間がそんなにかからない 自分で曲を書くよりも音楽をカバーする方が時間がかかりません。 何ヶ月もどこか静かなところにこもって何百曲もの歌を書きたいのはわかりますが、そんな贅沢はたぶんほとんどの人は手にできないでしょう。 リスナーがアルバムからプレイリストに移行するにつれて、今日急速に変化する音楽業界では、音楽をリリースすることがますます重要になっています。 自分のスタイルを他のアーティストの音楽に重ねることで、自分のスキルの鋭さを保ち、自分の作品をリリースする間に新しいインスピレーションから影響を受けることができます。 さらに、優れたカバー曲は、あなたがファンに自分の受けたインスピレーション、影響された要素、そして抱負などのストーリーを伝えることができます。 5.カバー曲はファンのための新しい第一印象です また、カバー曲は自分のコレクションに追加して、親しみやすい曲を使って新しいファンとつなげる素晴らしい機会です。 カバー曲はストリーミング回数を増やすことを保証するものではありませんが、ファンになりうる視聴者にお馴染みの第一印象を与えることで、長期的にファン層を成長させ、自作の曲とのギャップを埋めるのに役立ちます。 何ヶ月もどこか静かなところにこもって何百曲もの歌を書きたいのはわかりますが、そんな贅沢はたぶんほとんどの人は手にできないでしょう。 しばらく音楽をリリースしていない場合や、自分の作品コレクションにバリエーションを増やしたい場合は、カバー曲を使用して今後のリリースを宣伝するか、アルバム、EPまたはミックステープをコレクションを増やして下さい。 カバーソングのために実行する 最近は音楽を作るのが難しいです。ライバルも曲数も莫大になりました。幸いなことに、カバーソングを作ることは関係するすべての人にとっては稀な両者に徳のあるコラボらのです。 カバーソングは古い曲を新鮮に保つだけでなく、オリジナル曲の作曲者に敬意を払いながら自分の音楽を好き好んで聴いてくれる新しいリスナーを見つける機会を獲得します。 どんなアーティストにとっても、自分にとって居心地の良い環境から飛び出し、新しいことに挑戦したり、誰か他のアーティストの作品をいじるのも両方とも貴重な練習です。 だから、今持ってる鉛筆を置いて、早速次の新曲のカバー曲のための準備を始めてみましょう。想像していた以上の面白い経験を経て1つ2つの何か新鮮なことを学ぶかもしれません。 カバー曲リリースする準備ができましたか? LANDRカバーソングライセンスについて詳しくは、こちらをご覧ください。

コメントはまだありません

See more