オススメ記事

あらゆるミックスに対応する11個のベストディレイプラグイン

ディレイは、音楽をミックスする際に空間を作る、極めて重要なです。 リバーブと同様に、ディレイプラグインは楽曲のアンビエンスを作りあげる鍵となるツールです。 しかし膨大な種類のディレイプラグインが存在しているため、自分の楽曲に適したものを探し始めた途端、創作活動のワークフローからはずれてしまいます。 ところがディレイの種類と、そのモデルとなったハードウェア機器の知識を持っていれば、適切なものを選び出すのは簡単です。 この記事では、4つの主なディレイタイプについて触れ、それらをミックスのどこで使うべきか、そしてあらゆるミックスシナリオに使えるベストなディレイプラグインは何かを紹介していきます。 でも、その前に・・・ ディレイはどのように動作するのか? 全てのディレイエフェクトは、時間の原理によって動作します。 ディレイエフェクトの入力信号は、記録媒体へと送られ、そこで元の信号のコピーが作られます。そしてその信号は、一定時間(ディレイタイム)が経過したあと再生されます。 遅延した信号の一部は入力(フィードバック)に戻され、2つの信号はカスケードエコーのような音を作るために混ぜられます(Wet/Dryミックス)。 現代のディレイプラグインがどんなに複雑でも、全てのディレイエフェクトはこのシンプルなコンセプトに基づいています。 それでは次に、4つの主なディレイタイプを見ていきましょう。 テープディレイ ある時エンジニアは、テープベースの録音システムがエコーユニットに使えるという事に気が付きました。 ディレイは本来、アコースティックエコーの自然な反響を模倣するためのものですが、テープディレイエフェクトは期待通りにはいきませんでした。 物理的な場所を節約するためテープはリール上に巻かれず、クローズドループ内のヘッドを通過します。それはディレイタイムを制限してしまい、さらにテープの摩耗を加速させます。 「ワウ・フラッター」、つまりテープの微妙な速度変動は、遅延した信号に微妙でナチュラルな変調を加えます。 「ワウ・フラッター」、つまりテープの微妙な速度変動は、遅延した信号に微妙でナチュラルな変調を加えます。 使い古したテープと不適切なバイアスはサチュレーションを生み、リピート音を不鮮明にします。 その当時には「不完全」と思われていたものが、今では高い人気を誇るようになりました。エンジニアたちは温かみがあって音楽的なリピート音を得るために、テープディレイを好んで使います。 テープディレイの使い方 テープディレイは、微妙な変調によって温かみがありながらも、ディテールにこだわったディレイサウンドが必要な時に完璧です。 テープディレイをミックスに適合させるための素晴らしい方法があります。ボーカルにはハイファイなスタジオテープモデルを、エレキギターにはザラついて使い古したテープスタイルを試してみてください。 ベストテープディレイ VST 無料のプラグイン:E-phonic Tape Delay E-phonic Tape Delay はシンプルですが、アナログテープサウンドを始めるのにオススメのプラグインです。 低価格プラグイン: IK Multimedia Tape Echo テープディレイは微妙な変調によって温かみがあり、不安定なディレイサウンドが必要な時には完璧です。 IK Multimedia’s Tape Echoは、人気ブランドの高品質なテープエミュレーションです。 シンプルで低価格な高音質のテープエコーを探しているならこれです。 プロ用プラグイン: Soundtoys EchoBoy Soundtoys EchoBoy はクラシックテープサウンドの業界標準です。多才で素晴らしい音質を持つディレイです。 この様々なテープモデルはとても正確で音質も優れているため、あらゆるミックスに適しています。 アナログディレイ 70年代半ばにアナログ技術が進歩するにつれて、テープを使用しないディレイが現れ始めます。 テープディレイのユニットは、音は良いのですが、大きくかさばり、扱いも難しくたくさんのメンテナンスが必要です。 ミュージシャン達は、ライブで確実に使える簡単でコンパクトなディレイを求めていました。 そこでエンジニアは BBD チップを使って、電子的なディレイを発明したのです。 暗く、淀んだアナログディレイのリピート音はすぐに人気を博し、ギターペダル用に小型化されました。 BBD(バケツリレー素子)はまさに期待通りに動作しました。まるで列に並んだ人々が次の人のバケツに水を入れるかのように、電圧が静電容量部を通過するのです。 このプロセスは十分機能はするものの、必然的にロスも発生してしまいます。 アナログディレイのリピート音はとても暗く不明瞭です。連続するフィードバックによってさらに信号の完全性は下がり、その後フィードバックに混ざって聞こえなくなります。 暗く、淀んだアナログディレイのリピート音はすぐに人気を博し、ギターペダル用に小型化されました。 アナログディレイVST 無料のプラグイン:…

ローエンドを良くするための、正しいキックとベースのEQ処理方法

キックとベースのミックスの仕方をマスターしたいと思うのは、多くのクリエーターの方が抱いている願望だと思います。 スピーカーから鳴り響く堅固で、パワフルな低域音、自分の音楽でも常に出せたら良いと思いませんか? キックとベースを正しく調整するのは至難の技です。 曲を聴いていて、「ローエンドがいまいちしっくりきてないな」と感じた経験がると思いますが、そのほとんどはその曲自体が経験の浅いエンジニアみミックスされているのが多々あります。 しかし、少しの努力と洞察力で、キックとベースを適切にミックスする方法を学ぶのは容易なことです。 この記事では、想像通りのローエンド出すためのキックとベースの正しいEQの処理方法を紹介していきます。 この記事に入る前に、この記事で選んだ周波数は始めるのに役立つガイドラインとして考えてください。 ですから、誰かに言われたからや、ただ単にいつもこんな感じでやってるで、何かをしないように心がけてください。 この記事の情報を活用して、あなた自身のトラックに合ったEQ設定を見つけるようにして下さい。 あなたの耳が、あらゆるミキシングで判断するための最初のレファレンスポイントです。 自分が音楽を聴く環境を学ぶ あなたの聴取環境の影響を過小評価しないでください。 今使ってるモニタースピーカーは間違いなく重要です。 しかし、世界でも最高のスピーカーがあるにもかかわらず、部屋の環境が良くなければ、良いミックスが悪いミックスに聴こえてしまいます。 聴取環境の悪い部屋でミックスを完成させ、それが想像通りの完璧まミックスに仕上がったとします。しかし、一旦別の環境のもとミックスを再度聴いてみると、完全に違った音に聴こえるということです。 聴取環境の悪い部屋でミックスを完成させ、それが想像通りの完璧まミックスに仕上がったとします。しかし、一旦別の環境のもとミックスを再度聴いてみると、完全に違った音に聴こえるということです。 それが音楽スタジオが何千万円も音響処理に投資する理由です。 部屋内の音の響きが「フラット」になればなるほど、各サウンドシステムで正しい音のミックスを簡単に仕上げることができます。 キックやベースのようなローエンドの場合は特にそうです。 ローエンドを判断する方法 では、ミックスするために完全に調整された音響環境がない場合はどうなりますか? それはそれで、なんとかなります。 試聴空間をまず知ること、そして何がどこにあったり、広さなど物理的な要素を観察しましょう。そのことにより、まだ想像している低域の音を出すことができるでしょう。 音響処理のされていない部屋でローエンドを正確に判断するには、以下を気をつけましょう。 できるだけ頻繁にミックス・リファレンスをする:異なる環境で異なるトラックを参照することで、部屋のの欠陥がどこにあるかを知るのに役立ちます。 クオリティーの高い開放型ヘッドフォンを使う:部屋の音響処理がしっかりしていないとわかったら、高性能のヘッドホンが正しいミキシングの判断をするのに役立ちます。 周波数範囲を特定する方法を学ぶ:どの周波数に問題があるかをよく知っている場合は、EQするときに注意するよう心がけましょう。 上記を念頭に置いて、さっそくEQについてお話しましょう! キックとベースのEQ処理の仕方 ハイパスフィルタ 最初にEQを使ってミキシングを始めるとき、あなたが求めているパワーのある低音を出すために、ただローを上げれば良いと思えますよね。 しかし、ミックスの低域エネルギーが大きすぎると、実際にはトラックの音が弱くなってしまいます。理由は次のとおりです。 すべてのスピーカーシステムには、どれくらい低域音が出せるかという限度が設けてあります。使っているスピーカーが再生できる周波数よりも低い周波数に多くの音響情報が集中してしまうと、その音自体をありのままに実現することができなくなります。 これにより、お使いのスピーカーが非効率的に動作するようになり、この非効率の影響はスペクトル全体に広がり、あらゆる種類の問題を引き起こすようになってしまいます。 これを避けるには、ローエンドを正しく処理する必要がでてきます。 キックとベースのトラックに周波数をディスプレイに表示したEQを入れてください。最も低い周波数で多くのアクティビティがある場合、おそらくあなたのミックスは低域をカットする必要があるでしょう。 市販のほとんどのスピーカーシステムは20〜30Hz以下の音を再生することはできません。このサブのサブベースを除去するには、急峻なハイパスフィルタをかけるのが効果的です。 これがベーストラックの30Hzで48db/octaveのハイパスフィルタを使用した場合です: 目を閉じて耳に集中を集めて、「音に悪影響をが出てきたな〜。」と感じる直前までハイパスフィルタの度合いを上げて下さい。 サブベースを結構削いだにもかかわらず、まだ力強いローエンドを感じることに驚くかもしれません! 目を閉じて耳に集中を集めて、「音に悪影響をが出てきたな〜。」と感じる直前までハイパスフィルタの度合いを上げて下さい。サブベースを結構削いだにもかかわらず、まだ力強いローエンドを感じることに驚くかもしれません スペースを作る トラックにEQをかけることは、パズルをするようなものです。スペースを作るためにいろいろ変えなければなりません。 パンチあるキックを作りたい場合、ミックスの中でスペースを確保する必要があります。 スペースの確保はベースのミックスでも同じことです。ミックスにスペースがない場合、あなたが求めている厚みのあるローエンドは出すことができません。 トラックは、バラバラで聴いてみると完璧に聞こえるかもしれませんが、ミックスして合わせて聴いてみると、濁って聴こえたり、実際にバランスが悪かったり聴こえてしまいます。 これに対処するために、正確な調整をする必要があります。 まず問題がどこにあるかに集中して下さい。例えば問題が音の濁りとしたら、問題の音が密集しているのはローミッドレンジ、だいたい200〜500Hzにある可能性があります。 通常、ミッドレンジの楽器のためにこの範囲の周波数は残しておきたいところです。 ギター、特定のシンセ・トーン、さらにはボーカルは、ローミッドから多くのパワーを得ます。 つまり、どう最初に調整するかによって、キックやベースをローミッドレンジから多少削ぐ必要があるかもしれません。 この例では、キックドラムから200Hzをカットしています。 定義的には、ローエンドの楽器が低い周波数を完全に締めるのが最良です。これは、キックとベースの基本周波数も同じように低い域の周波数にあるからです。 ミッドレンジの楽器では、低周波数のエネルギーはそれほど不可欠ではなく、そのため音全体に対しての貢献度も低くなります。 他の楽器でこの範囲の周波数をカットしたり下げると、キックとベースに必要な存在感が与えられるでしょう。 低音だけでなく 低域は素晴らしいキックとベースのトラックの基礎ですが、それだけではありません。 「厚みがある」「パンチが効いた」キックとベースは、多くの場合、他の周波数帯でいろんなことが起きています。 「厚みがある」「パンチが効いた」キックとベースは、多くの場合、他の周波数帯でいろんなことが起きています。 例えば、アタックの感覚を与えるキックドラムの「点」は、しばしばミッドレンジのどこかにあります。 EQをかける時これらの周波数を考慮しないと、キックはミックスの中で存在感を出せません。 キックの存在感を引き出すために2kHzの辺りに6dBを追加しました: 同様に、多くのベースは、アタックとアーティキュレーションを引き出すためにハイエンドのアクセントを必要とします。 ローエンド以外の範囲でEQを試して、どの周波数があなたのキックとベースに焦点を当てているかを確認してください。 低域のEQ処理は練習と経験 キックとベースのEQ処理は、トラックをミックスする際に最も難しい部分の1つです。 ちょっとしたヒントと培った経験で、低域のEQ処理を正しく行う方法を学ぶことができます。 ぜひ、あなたの次のトラックでこれらのEQテクニックを試してみてください。

コメントはまだありません

See more