LANDR BLOG

ミキシングとマスタリング

LANDR アカウントを最大限に活用しよう

LANDR アカウントを最大限に活用しよう

LANDR の機能で、実はあまり知られていない部分があります。

LANDRPRO アカウントのユーザーなら、楽曲ファイルを LANDR に放り込むだけで素晴らしいサウンドを手に入れられる事はもうご存知ですね。 

でもそれだけでは LANDR アカウントの権限をフル活用していないんです。ツールというのは活用するためにあるわけで、もちろん LANDR だって例外ではありません。

LANDR アカウントをフル活用して、スタジオワークの達人になる方法を改めてご説明します。

オリジナルファイルをバックアップして作業を効率化

長い時間かけて作った楽曲が一瞬で消えてしまった時の衝撃ほど辛いものはありません!.

しかし現実として、ラップトップのクラッシュやハードディスクの故障、あるいはついうっかりファイルを削除等の危険といつも隣り合わせ。 これはとても恐ろしい事です。

解決策は: 「クラウドストレージ」。

ライブラリー内のオリジナル楽曲ファイルをLANDRアカウントへバックアップ・・・しかも無料!

これでいつでもどこでもアクセス出来ます。恐怖の「File Not Found」メッセージを目にする事はもうないわけです。

楽曲ファイルをアップロードしたら、ポップアップ画面内の「マスタリングをスキップする」をクリックするだけで、そのファイルはもう安全。LANDRのトラックライブラリーに保存され、いつでも再生できます。

Skip_Mastering

さらに、マスタリングしようと思った時には、ほんの数回のクリックですぐに実行。

そしてその楽曲をシェアしてフィードバックをもらってみたり、違う音圧を試してみたり、別バージョンをアップロードして比較してみたりしましょう。

録音された音楽を扱う上で、オリジナルをバックアップするのは業界標準とも言える、当然の事。

LANDR には最終マスタリング前でも、シンプルで、無料で、しかも安全で効果的なバックアップ手段があります。

スマートストレージを音楽に使用する事で、「準備不足であたふたしているアマチュアレベル」から「どのような場面でも落ち着いてこなせるプロデューサー」へとステップアップ。レーベルやA&R、シンクロ権契約の話が舞い込んで来ても、素早く対応できるはずです。

「推測」に頼るミックスから脱却する方法

創作活動における様々な「選択」。この世のあらゆる音楽は「選択に対する決断の集大成」と言えるでしょう。世界のベストプロデューサーとは、まさにこの選択の天才たちなのです。

ミックス作業において「最高の選択」を手助けするものとは何でしょう。 それは、「早い段階から LANDR にアップロードして試聴する」事です。

ミックスリファレンスという方法があり、できるプロデューサーやエンジニア、そしてミックスの天才と呼ばれる人たちはいつも日頃から行っています。

それはどんなもので、どのように楽曲をよくしてくれるのでしょうか。そのステップは5つ。

  1. ミックス工程の間、楽曲を何度も書き出して、都度 LANDR にアップロードする
  2. マスタリング結果をプレビューする
  3. 気付いた点をメモする
  4. ミックスに戻り、修正する
  5. 修正結果を再度 LANDR へアップロードし、確認する
LANDR_Mixref

ハイハットが目立ちすぎていないか?バックグラウンドボーカルが少し小さすぎないか? マスタリングを施してみなければその答えは出ないのです。

ミックスリファレンスでは LANDR をいわゆるカンペ(カンニングペーパー)として機能させ、テストミックスに対する意思決定をサポートしてくれます。推測に依存した作業ではなく、より確実な結果へと導いてくれます。

ミックスリファレンスに LANDR を使い、スタジオ内で考え込む日々から卒業しましょう。

自分らしいテイストを知って、良い音楽を作る

自信に満ちたプロデューサーになるためには、自分だけのユニークなサウンドを知り、それを守る事が大切です。そのためには、実験の繰り返しが必要。

ミックスにエフェクトを追加する時、または楽器の特定の音色を引き出したい時、選択には創作活動におけるあなただけの特別な「テイスト」が影響します。

それによってあなただけのユニークなサウンドが得られ、最高のマスタリングレシピが生まれる事でしょう。

例えばこういう感じです:リードシンセの音を他の音色より大きめのレベルのままにしよう、と決断したとします。でも実際に、LANDR で高音圧設定を施すと、そのシンセは極端に目立ちすぎている事に気付きます。

そんな時は「Med」設定を試してみましょう。低めの設定にする事で、ダイナミックレンジを抑えながらリードシンセをそのまま目立たせる事ができます。

LANDR のカスタム音圧設定を活用して、楽曲にフィットしたマスタリングレシピを作りましょう。

LANDR_Intensities

LANDRを使ったカスタム音圧設定とミックスリファレンスで、あなただけのユニークサウンドを見つけられるのです。

どのような決断に対しても、カスタム音圧設定ならマスタリングを通じてあなたのサウンドキャラクターを守ってくれるでしょう。

準備はいいですか

これで LANDR でできる事を十分に理解していただけたと思います。作業に戻って早速使ってみましょう。

素晴らしい音楽は最高の選択から生まれます。最高の決断はもう、すぐそこに。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Toshinori

Ableton Live や Native Instruments Maschine 等のデジタルガジェットで音楽を楽しんでいます。愛犬家。SoundCloud

@Toshinori

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿