LANDR BLOG

ミキシングとマスタリング

LANDR無制限マスタリングでミックスレファレンスを上手に行なう方法

LANDR無制限マスタリングでミックスレファレンスを上手に行なう方法

無制限のマスタリングは、より良いリファレンストラックと優れたミックスを意味します。

ミックスレファレンス。音楽を作っている人なら聴いたことがあると思います。そして、 ほとんどのエンジニアやアーティストは何らかの形でミックスレファレンスを行います。 本質的に考えると、ミックスレファレンスはミックスをチェックする技術なのです。

しかし、技術の進歩と無制限のマスタリングのおかげで、ミックスリファレンスは新しい形を取ろうとしています。

今までの伝統的なミックスリファレンスは、自分のトラックを別のマスタートラックと照らし合わせて参照することに大きく依存していました。 しかし、無制限であり瞬時に結果が出るマスタリング機能のおかげで、アーティストは自分のミックスを使ってすぐにマスタリングされた曲に対する感想を活用できるようになりました。

このやり方は非常に新しい考え方なので、新しいミックスリファレンスの可能性がどのようなものなのかを解説し、無制限のマスタリングがワークフロー全体でどのように役立つのかを説明いたします。

http://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/09/mix-ref-guide-inpost-1-1.png

ミックスリファレンスとは何ですか?

ミックスリファレンスという用語は広い意味があります。 例えばあなたのミックスを他の音楽と比較し、それが音響的、音質的にどの程度かを見ることを意味します。

また、さまざまな視聴環境でミックスを聴いて見て、さまざまな再生環境で実際どのように聴こえるかを確認することもできます。

従来の視聴テストは以下のものを含みます。

  • 車の中
  • モノラル
  • 小さなスピーカー
  • ヘッドフォン
  • ノートパソコンのスピーカー
  • スマートフォンのスピーカー

これらは、実際の視聴者の90%があなたの音楽を聴いている最も重要な環境です!

マスタリング:ミックスリファレンスへの新しいアプローチ

今までですと、ミックスリファレンスは主にあなたの「ミックス」を扱っていました。これは通常、DAWからの粗い未完成で、未マスタリングのバウンスを意味します。しかし、瞬時に行うマスタリングがすべてを変えました。

インスタントマスタリングの導入により、ミックスリファレンスは音楽制作全体のマスタリングのメリットを受けるようになりました。

無制限のマスタリングをミックスフィードバックツールとして使用して、ミキシングのよくある間違えを修正する賢い方法があります。

http://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/09/mix-ref-guide-inpost-2.png

ミックス中で、キックをあまりにも強く押しすぎる

誰もがミックスを強調し、トラックに重低音を与えるキックが欲しいと思うでしょう。しかし、ミキシングの工程で大音量のキック引き出すためにフェーダーを上げると、マスターに問題が発生する可能性があります。

理想的からかけ離れたスピーカーや小さなヘッドフォンを使用してミックスすることがその最大の原因です。つまりミックス中はキックがきれいに聴こえるかもしれませんが、マスターを聴くとキック音に歪みが入っていることがあります。

LANDRを使用して、キックが歪みを出さずに強調されている最適なポイントを見つけてください。ミックス上でコンプレッションやレベルを調節したりするのに役立ちます。

ミックス上でコンプレッションやレベルを調節したりするのに役立ちます。

ミックスのキックに少しだけコンプを掛けることは、マスタリングプロセスによって起きてしまうリミッティング「しすぎ」を避けるのに役立ちます。
ミキシングプロセスの各段階で少量のコンプかけると、最後に一度一気にかけるよりも効果的です。

調整するたびにマスタリングすることで、ミックスにいつどこでコンプをかけるか教えてくれます。マスターの歪みを聴き取り、各段階で設定を調整します。実際にどう行うかは以下の通りです。

これは、ミキシング段階であまりにも強調されすぎたキックの例です:

ミックスで強調されたキックは聴こえが良いかもしれませんが、最初のバージョンが歪んでいることには驚きはありません。

今度は、キックを緩め、マスタリングされたミックスを聴いた観察に基づいて賢くコンプをかけた後、ミックスを聴いてみましょう。

キックはまだ残っていますが、聴き易くミックスにうまくアクセントを加えています。静かすぎず、大きすぎず、ちょうど良い。

ミックスではキックが大胆に聴こえることはありませんが、ここからがマスタリングの役目です。以下が新しいマスターの聴こえ具合です:

ヘッドルームがバスによって侵食される:

低音はミックスの中で最も難しい部分です。ホームモニタリング設定における最大の問題の1つは、不正確なバスや再生中に低音がないことです。

これらの環境で低音の重い音楽(ラップやEDM)を作ると、いくつかの問題が発生する可能性があります。

ミックスで低音が十分大きくないと感じたら、バスが聴こえるまでフェーダーを上げてしまう傾向が多く見られます(誰もがやったことのある間違えだと思います)。これは、最近多くの音楽の基盤となっている伝統的な808タイプのバスで作業する場合、特に悪い考えです。

http://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/09/mix-ref-guide-inpost-3-1.png

808タイプのバスはしばしばかなり低い音(20〜40Hzの間)で調性され、調和的な情報が非常に少ないです。簡単に言えば、私たちの耳はハーモニクスを使って脳を騙して基本的な音程を聴くことができないということです。

ミックスのベースラインを聴くためにレベルを上げることはそのミックスのヘッドルームを本当に速く削り取るでしょう。

ミックスのベースラインを聴くためにレベルを上げることはそのミックスのヘッドルームを本当に速く削り取るでしょう。マスタリング中は低音がリミッターを包み込み、歪みとして聴こえます。

そうなると修正は何ですか?ミックスリファレンス、EQとサチュレーションの組み合わせ、モニター環境のマスタリングと改善(ヘッドフォンを試してみる)が役に立ちます。

マスターを使用してローエンドをチェックし、ミックスを修正する方法は次のとおりです。このミックスはベースラインがあまりにも強すぎます。数多くのサブ周波数が実際にローエンドの音を濁らせています。

ミックスのベースラインを聴くためだけにすべてのサブ周波数を押すような行動は
、良いマスターに必要な貴重なヘッドルームを削る理由になります。したがって、この主のミックスのマスターは、ローエンドでは理想的には聴こえなく、歪みます。

マスターを参照した後、低音はミックス内でいくつかの微調整が必​​要であることは明らかになります。私がマスターで聞いたことに基づくと、Maxxbassを使って低音高調波を加えました。

808を目立たせるのに役立つものにはシンプルなEQや軽いサチュレーションも可能です。

固定されたミックスの様子は次のとおりです:

しかし、まだ終わってません。新しいミキシングの方向性を別のマスターと常に確認して、新しい処理に必要な効果が得られ、問題が解決されていることを確認してください。新しいミックスのマスターがあります:

ベースラインはよりクリーンでトラック内のヘッドルームの残りは損なうことなく際立っています。その結果、総合的に優れたミックスと優れたマスターが得られます。

「ちょくちょくマスタリングする」ワークフロー:

もちろん、ミックスレファレンスのためにやるマスタリングはそれほど具体的である必要はありません。 ワークフロー全体を通してマスタリングすることは、次のような多くのメリットがあります。

  • ミックスの方向性を決める
  • プロジェクトをバージョン管理することで、あなたの大まかなミックスを進歩させる
  • アイデアと修正を組み合わせて試す
  • 最終的なマスタリング後の出来上がりの大まかな構想をえる
  • 複数の再生環境でのミックスダウンとマスターバージョンのテスト

これらは、複数のマスターをプロセスに挿入する方法のほんの一部です。 典型的なセッションでは、以下のような「マスタリングを活用する」3ステップの活用法が良く見られます。

ステージ1:大まかなレベルのミックス

http://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/09/mix-ref-guide-inpost-4-1.png

曲を書いて、編集して、そしてアレンジが終わりました。やっとここから楽しいことが始まるところです。

基本的なフェーダーレベルの調節からミックスを開始します。重い処理やエフェクトを適用する前に、フェーダーだけを使って大まかなミックスを作成してみてください。

スマートフェーダーのレベルを早めに設定すると、生の音を聴き理解してから作業を開始することができます。

自分のミックスの基本的な基礎があると感じたら、DAWからラフミックスをバウンスし、LANDRに通します。

コーヒーなんかを飲みながら休憩を取って、新鮮な外の空気なんかを楽しみましょう。

リフレッシュしたと感じたら、再度マスター音源に耳を傾けてください。

それはあなたが想像していたクオリティーですか?あなたのマスターはラフミッスク中に構想した音を出していますか?

頻繁にマスタリングすることで自分のラフミックスを知ることは、後でミキシングの際に方向性などを決めるときに役立ちますので、処理を開始するときに簡単に参照できるように、そのバージョンをキープしておいてください。

あなたがDave Pensadoでない限り、まだこの段階では完成からは程遠いと思います。しかし、ミックスの残りの部分の作業を始める準備ははるかに整っています。すでにこの段階で基礎を築くので次からのステップで方向性を決めるときには非常に楽になるでしょう。

基礎が身についたと感じるまで、繰り返します。

ステージ2:ラフで創造的なミックス

基礎がしっかりしてきたなら、クリエイティブなオーディオエフェクト(ディレイ、コーラス、フェイザーなど)を適用し、軽いコンプ、イコライジング、パニングなど、決めた曲の方向性に沿う必要なものをすべて適用してください。

ヘッドルームを頭に常に入れてミキシングしないと、音が歪んでしまいがちです。 VSTメーターをピークにしないで、マスターフェーダーを-10〜-15の範囲でバウンスさせて、次のミキシングのフェーズのための十分なヘッドルームを確保してください。

http://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/09/mix-ref-guide-inpost-5-1.png

基本的なエフェクトとコンプレッションを適用したらミックスをLANDRにバウンスさせ、聴いてください。歪みはありますか?正しい方向に向かっていますか?ローエンドのエネルギー感はあなたが想像していたとおりですか?

マスタリング段階では、クリエイティブなエフェクトのテールやレイヤーが強調されることがあります。このフェーズでエフェクトをあまりにも強調しすぎていないことを確認し、マスターの音に基づいて必要な調整を行うことが重要です。

この時点でトラックを仕上げる方法を常に計画しておくべきです。

ステージ3:仕上げ

作業中のミックスは徐々にまとまってきました!従って、この時点でトラックを仕上げる方法を絶えず計画しておく必要があります。

尋ねるべき質問は次のとおりです:

  • ダイナミックレンジはどうか?
  • 低音は創造通り演奏されていますか?
  • ミックスのすべての要素は滑らかに聴こえますか?
  • すべての要素が聴こえるべきですか、あるいはもっとバックグラウンドの役割を果たすべきものがありますか?
  • 加えたエフェクトは、意図した役割を実行していますか?それとも、私が最初のマスターで持っていた構想を妥協していますか?

LANDRに頻繁にバウンスし、さまざまな音響環境(車やヘッドホンを含む)でマスターを聴いてください。そして、さまざまな環境で上記の質問を自分にしてください。

完璧な最終ミックスに向かって反復的に作業していることを覚えておいてください。マスタリングとリスニングの各段階の後に特定の問題に取り組むようにしましょう。そしてリファレンスマスターはミキシングの方向性を導く役割をするようにしましょう。非常に小さい微調整でもマスターを変えることができるので、早めに頻繁にチェックしてください。

ミックスをまとめるために個々の要素の「質」に注目してください。例えば、sマスタリングしたバージョンを車内で聴くと、キック音は薄っぺらく聴こえますか?

ミックスに戻ってEQとコンプで調節して、そのいい塩梅を見つけるまで。バウンス、マスタリングそして再度車内で聴くを繰り返してください。

http://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/09/mix-ref-guide-inpost-6.png

何でもこい

すべての個々の素材の音が素晴らしくなり、さらに全体としてまとまってきたら、遂に最終段階に突入です。 この段階では、簡単で小さな変更を加えるだけになります。マスタリングして、再度聴くことを繰り返してください。 できた曲を共有し、最終的な感想を得るためにリスニングセッションを行い友人などに聴いてもらえる機会を作りましょう。

作品の完結はアーティストのみが決められることです。できるだけハードルを高く設定して、どの音がポイントかを決めることです。

ミキシングは厳密さがすべてです。 自動マスタリングは、あなたの曲がどのように仕上げられたかの貴重なフィードバックを提供します。

だから、しばしばレファレンスとして、無制限自動マスタリングがもたらすメリットを活用してください。それは単にもう最後のステップではないからです。

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿