オススメ記事

リファレンストラック:ミックス・レファレンスで音を改善する方法

ミキシングを長時間していると、自分の中の狭い世界に閉じこもってしまうことがあります。レファレンストラックはそんなあなたを閉じこもった空間から解放してくれます。 他の視点を得るために大海をしらないと、全体像が見えなくなり、その結果間違った方向に行きすぎる可能性があります。 プロジェクトの終わりに近づいているときは、ミックスの全体的な特徴やまとまり方を知ることが重要です。 さらに重要なのは、あなたのミックスが他のライバル曲(主に商用)にどのように立ち向かっているかを知ることです。 しかし、同じ音を何時間も続けて聴いている中で、正しい視点を見つけ出すにはどうしたらいいでしょうか? シンプルな解決策は、ミックスレファレンスです。 ミックスレファレンスとは何ですか? ミックスレファレンスとは、ほぼ完成間近のミックスと前回制作したミックスを比較したり、同じプロジェクト内の他のバージョンや市販のレコーディングと聴き比べをし、製作中のミックスの質を判断する工程です。 レファレンス・トラックの使用について シンプルに聞こえますが、レファレンスをできるだけ効果的にするためには、いくつかの重要な要素を考慮する必要があります。 始める前に知っていただきたいことは、ミックスが音の出方に関して「正しい」方法がないことを覚えておくことが重要です。 このテーマについては、多くの異なる意見が存在することもあり、「これが鉄板の考え方」は存在せず、同じことがレファレンスの工程にも当てはまります。 ここでの経験則:あなたが好きと感じたら、それはそれで良しとする。 この記事では、最も役に立つミックスレファレンスの習慣をいくつか解説し、それらを効果的に使いどう効率よくリリースを完成させるかを説明していきます。 仕上げを早速始めましょう! 音量を一致させる レファレンスの基本的な規則は、できるだけ自分のトラックとレファレンストラックの音量レベルを一致させることです。 音量の小さな違いは、聴いている人の聴覚に驚くほど大きな影響を与えることがあります。 意味があり洞察力のある比較をするにはあなたが聴いている違いがミックス自体から来たものであり、心理的音響効果や視聴方法の変化からではないと確信している場合にのみ行うことができます。 メーターマッチング ちょうどいいレベルに合っているかどうかを確認するには、フェーダーを真剣に考えなければなりません。 DAWのチャンネルメーターは、十分なヘッドルームを確保していることを確認するなど、ほとんどの測定作業に適しています。 しかし、専用のメータープラグインには、ミックスレファレンス時に特に役立ついくつかの利点があります。 Sienda FreeGは、フェーダーの微調整をする場合に便利でしかも無料のオプションです。 プロセスの前後 音楽制作が先に進みすぎる前に、ミックスと完成したプロ音質のレコーディングとの最大の違いは、マスタリングの工程の質です。 LANDRを使用して、大まかに作ったトラックをすばやくマスタリングします。 そのラフにマスタリングされたトラックは、ある特定の環境下でのより整った視聴比較環境を実現します。 マスタリングされたトラックは間違いなく完成感に近づきますが、LANDRでマスタリングする前と後での比較を行うことも役に立ちます。 ミックスが完成間近で、それを同じプロジェクトの他のバージョンと比較したいのであれば、両方をバウンスし、比較するために素早くマスタリングを試してみてください。 マスタリングされたバージョンは、最終的な方向性を決定するのに役立つでしょう。 レファレンス中に何を気をつけて聴くべきで、何に注意を払うべきでしょうか ミックスとレファレンストラックの音量を一致させたら、ミックスの中でリファレンス音源と異なる部分を特定します。 ここで注意を払って聴くべきことは: 全体的なEQのかけ具合 トラック全体の周波数成分は、ミックスとレファレンストラックで比較する最も明白な機能です。 周波数スペクトルの末端に注意を払いましょう。アマチュアのミックスは、しばしばブーンと鳴る、調整されていない低音やアッパー・ミッドレンジを超えない不快な高音に悩まされます。 アマチュアのミックスは、しばしばブーンと鳴る、調整されていない低音やアッパー・ミッドレンジを超えない不快な高音に悩まされます。 最初は耳を頼ってください。しかし、周波数成分を視覚的に表示できるEQまたはメータープラグインがあれば、それをマスターバスに配置し、ミックスがどうリファレンス・トラックと聴き比べられるか確認してください。 TDR Novaは、トラックがカバーする周波数成分を見える化するための素晴らしい無料プラグインです。 全体的なダイナミクス トラックの全体的なダイナミクスは、ミックス全体に適用されたコンプの結果です。 さまざまなレコーディングのダイナミックレンジは大きく変わる場合があります。そのため、ジャンルやスタイルに適したリファレンスをチェックインすることが重要です。 例えば、ジャズコンボの自然な録音は、ラジオ用に録音されたポップミュージックのシングルのように小さなスピーカーに最大のパンチ効かせることを目的とした曲よりも遥かにダイナミックレンジが広いでしょう。 リファレンス・トラックが自分のレファレンストラックよりもかなりダイナミックであることがわかった場合は、自分のトラックの制作工程を再確認し、最初に曲を制作した時の設定を確認することをお勧めします。 各要素のフェーダーと周波数レンジ レファレンスとの比較に集中しだしたら、個々の要素がどのようにミックスに収まるべきかを考え出してください。レファレンス音源を参考にすることは、何をどこに配置すれば良いかのヒントを得ることができるでしょう。 プロのレコーディング分析を開始すると、ミックスごとに楽器が異なる位置に置かれていることに気付くでしょう。 各楽器が占める周波数レンジを確認する最善の努力をしてください。各ミックスのどの要素が最も大きな音量かを知ることも必要です。 上記のほとんどすべてが聴き取れなくなるまで、モニターをゆっくりと減衰させることで行うことができます。音が消えてしまう直前の最後の聞き取り可能な音は、全体的に最も大きな音です。 レファレンスに関した他の注意事項 ミックスを不完全にしている要因を取り上げたとすると、プロのようにレファレンスするために確認すべき注意点がいくつかあります。 私はどんな参考音源を参照すべきですか? 世の中を見渡すと数多くの音楽が存在しますが、どのレファレンストラックがあなたのミックスを最も洞察してくれるでしょうか? どんな曲でも良いのですが、あなたが尊敬するプロの商業目的のミックスをレファレンスするのが大部分を占めるはずです。 あなたの制作方法と同じようなスタイルに一貫したものを選んでください。最も有益な情報を得ることができるでしょう。 また、編集後の同じミックスを比較するために、レファレンステクニックを使用する必要があります。 あなたが以前のバージョンと編集後のバージョンを直接比較していない場合は、向上する代わりに、同じミスを2回繰り返す可能性もあるので気をつけましょう。 何でもどこでもレファレンス あなたのファンは、数千もの異なる聴取環境であなたの音楽を聴きます。あなたのミックスがどの環境でも最高の音で聴かれるように、できるだけ多くの異なるシステムを参照するようにしてください。 LANDRでマスタリングされたトラックは、このステップを簡単にします。例えば、カーステレオやホームHI-FIでのフェーダーマッチングでは、メータープラグインを使用することはできません。 LANDRでマスターされたラフなトラックのバージョンは、バットから離れた商業録音のレベルに非常に近いでしょう。 さまざまなシステムでミックスとレファレンストラックの違いを聞くと、多くの有益な情報が得られます。 モニターに加えて、家庭やカーステレオ、ヘッドホン、イヤホン、ラップトップスピーカー、お使いの携帯電話、アクセス可能な他の再生システムでトラックをチェックしてください。 レファレンスの利点 何に注意して聴き、何に注意を払うかを理解してきたとおもいますので、早速レファレンスを試してみましょう! レファレンスをする良い習慣を身につける時間を取ることは、あなたの想像以上にあなたの耳力を発達させることでしょう。 他のミックスから学ぶことは大いですが、最初のレファレンスでより良い結果が得られるまでそれほど長くないでしょう。

アルバムの曲順:あなたのリリースに完璧な流れを作る鉄則

あなたはアルバムのミキシングを丁度終わったとして、これからアルバムマスタリングの準備にかかろうとしようとしています。 リリースまでに残っているのは、あなたのアルバムに最適な曲順を決めることだけとします。 なにがアルバムの曲順を良くし、悪くするのでしょうか? きちんと構成された曲の並びがあなたの作った曲を完成品のアルバムにするものです。 良いアルバムは最後の曲がフェードアウトされるまであなたのリスナーを惹きつけ続けるある意味「失われた芸術」なのです。 しかし、何が最初に来て、何が最後に起こり、そしてその間にどんな表現を組み込むべきなのでしょうか? この記事では、アルバムの曲順、曲間での無音やフェードの作成方法、良く構成された曲順による魅力的なアルバムの作成方法について説明していきます。 アルバムの曲順とは何ですか? アルバムの順序付けは、アルバム、EPまたはミックステープ上の曲を順序を決定するプロセスです。 順序決定には、曲間の無音を定義し、トラック間のフェードインとフェードアウトを作り、リリースする時のアルバムの曲順を選択することが含まれます。 アルバムの順序付けが重要な理由 アルバムの順序付けは、多くの理由からその重要性がわかります。 音楽を配信する前に、リリースに入れる曲を編成する最後のチャンスです。 順序付けは各曲の関係を定義します。 良い順序付けがなければ、あなたのアルバムはただのプレイリストにすぎません。 良い順序付けがなければ、あなたのアルバムはただのプレイリストにすぎません。 プレイリストとストリーミングは私たちの聴き方を変えましたが、まだアルバムは消えていません。リスナーは最初はシングルに興味があるかもしれませんが、アルバムが何を隠そうリスナーを「ファン」に変身させる方法です。 あなたはアルバムの隅々まで心を込めて熱心に取り組んできたことでしょう、だから時間をかけて良い順序付けに集中してください。 うまくいけば、アルバムのあらゆる瞬間に影響を与えることができます。 しかし、そのリスナーへの影響力をどのように作り、それを継続するのですか? 魅力的な順序付けを作成する方法 順序付けは、アルバムを作る際に最も関連性が高く、直感的で楽しい部分の1つです。 音楽を聴いて育ったのであれば、あなたはすでにそれを感じていると思います。 これからアルバムの曲順を構成するにあたり、そのことを念頭に置いておいてください。心の底で何か正しいと感じたら、おそらくそうです! 順序付けは、アルバムを作る際に最も関連性が高く、直感的で楽しい部分の1つです。 アルバムの順序を決める「これが正しいという」方法はありませんが、あなたが検討していくうえで参考になるガイドラインがいくつかあります。 リリースの順序決め始めるためのヒントをいくつか紹介します: 1.インパクトのあるスタート インパクトのあるトラックでアルバムの最初をリード。 リスナーに長居してもらうためには不可欠。最初の曲はアルバムの第一印象、つまり「顔」なので、重要です。 2.シングルを入念に選ぶ アルバムの曲がすでにシングルとしてリリースされている場合は、ラインナップの前半に配置してください。 ファンがすでに聴き慣れた曲で興味をどんどん引いていこう。 3.レコードのように考える レコードはA面とB面があります。あなたのリスナーは必ずしもレコードであなたの曲を体験するとは限りませんが、A面とB面のアイデアは順序付けを構造化するのに役立ちます。 より長い曲やより難しい曲をアルバムの後半に近づければ、多くの音楽マニアが「*ディープカット」のプレイリストにこれらの曲を加えることもできます。*deep cutsは英語のレコード用語。cutはトラックの俗語で、deepは曲順の後尾を意味する。 4.アルバムの順序を物語として考える まあ決まり文句ですが、アルバムは旅です! これはアルバムの形式に関する最も魅力的な部分の1つで、アルバムがまだ重要な理由の大きな理由です。 リース全体で緊張を構築したり、ほぐしたりして曲順を構成してください。トラックが個別に強く強調され、それが全体的な効果の向上につながります。 ムーディーな曲が連続で繋がる場合、その後に続く曲にはもう少しハッピーになるような曲を入れて見て下さい。 逆もそうです。似たような曲をグループ化して、雰囲気を維持しましょう。 DAW内でアルバムに順序を付ける方法 ここまで読んで頂き、自分のアルバムの曲順も徐々に想像できてきているかと思いますので、早速DAW内で並べてみましょう。 アルバムを順序つけする最善の方法は、すべてのバウンスされた曲を新しいDAWセッションに持ち込むことです。 これにより、簡単に順番を変更したり、曲間を追加したり、残りの曲との関連でフェードを処理したりすることができます。 また、実際のリスナーの再生体験を聴くことができ、すべての曲のアルバムマスタリングの準備が整ったことを確認するのに役立ちます。 DAWで順序つけをするのに知っておく必要がある2つのテクニカルなツールは、フェードと無音です。両方を使用して完璧なアルバムフローを作成する方法は次のとおりです。 1.フェードを追加する フェードを適用することは、DAWの最も基本的な機能の1つです。 フェードを理解し、それらを音楽的に使用してアルバムの順序付けを向上させることは、芸術の一つです。これは、リスナーが曲を区分する無音をどのように解釈するのかの雰囲気作りをします。 的確にこれが行われれば、フェードはアルバム内の曲順の幻想的で劇的な特徴になります。 どのフェードの種類がどこで最も良いかについての決まったルールはありません。ここで使える一番の武器は、自分の耳を使用することですが、異なるスタイルを念頭に置くことは忘れないで下さい。すぐに最適なフェードは見つからないと思うので、1曲ごとに試してみてください。 音楽パフォーマンスとしてフェードインやフェードアウトを作成することを心がけて下さい。 的確にこれが行われれば、フェードはアルバム内の曲順の幻想的で劇的な特徴になります。 2.無音を追加する 順序付けに関しては、無音は音と同じくらい強力です。 順序付けに関しては、無音は音と同じくらい強力です。 曲間のギャップによって、アルバム全体を通した流れの速度を形成することができます。 例えば、曲間の無音の時間が長くなると、リスナーが「リセット」されます。そのため、長い無音のギャップは有効に使用してください。たとえば、似ている2つの曲から視聴者のフォーカスを一時的に離しておく必要がある場合に役に立ちます。 一方、無音の持続時間が短いと、一定の気分を維持するのに役立ちます。 長い無音は変化の時やリスナーの気持ちをリセットする時に活用し、短い無音はリスナーの気持ちを保ちたい時に使ってみてください。 3.雰囲気そのものに任せる リバーブテールが完全にディケイするのを待つことで、リスナーに次に来る曲の準備をさせることもできます。 ここでも、このエフェクトを使用して、2つのトラック間の類似性から注意をそらすことができます。 次の曲のイントロの余分な部分のように前曲のフェードアウトを扱うようにしてください。曲順とあなたがかもし出す曲の雰囲気はリンクされるべきです。 4.見ないで、聴いてください。 自分の音楽を聴いて、無音をどう扱うかの手がかりにしてください。 無音を判断しようとしている間は目を閉じます。DAW上で見える視覚的な情報は、音がどのように聴こえるかよりも、音楽がどのように見えるかにもっと集中を置いてしまいます。 音楽は耳で聴くもの、順序付けはすべてアルバムを聴いた感覚によるものなので、それに素直に頼ってみてください。 5.脈を感じる 曲間の無音を判別するために拍を数えることは、曲間の無音にリズムを追加するのに最適な方法です。 曲間の無音を判別するために拍を数えることは、曲間の無音にリズムを追加するのに最適な方法です。 このアプローチは、リズム的に似た曲間で同じエネルギーを維持するために有効です。 トランジェントをマーカーとして使用し、それに応じてフェードとサイレントをアレンジします。 ヒント:このアプローチに常に頼ってはいけません。時に驚き感を失います。 6.全体を聴く フェードタイムを顕微鏡で調べるように注意しすぎには気をつけて下さい。フォーカスしすぎると、実際に短い無音の時間が、長く聴こえてしまう感覚に囚われてしまうこともあります。 この効果に注意して、曲間を短くしないようにしてください。 繰り返しますが、フェードはすべて聴覚に任せるものあり、見るものではありません。あなたが見る前に聴いてください。聴いてよければ、良いです! 最高の順序付け 順序付けは芸術的です。 ミキシングやアレンジと同じくらい重要です。 そのため、曲の順序付けをソングライティングの延長線と考える必要があります。 リスナーが完成したアルバムをどのように聴くのかを正確に決めることは非常に満足感が湧きます。 自分の好きなアルバムを考えてみてください。 アルバム全体の流が音楽体験の大きな役割を果たしていることは容易にわかります。 あなた自身のアルバムにも細部まで同じ注意を向けるようにしてください。 あなた自身の傑作をどうアルバムとして構成するかのアイデアも湧き出てきたと思うので、早速DAWに戻り、静寂を楽しんでください!

アルバムミックス:アルバムサウンドに一貫性を持たせる10のヒント

完成したアルバムやシングル、ミックステープで最も重要な要素は、サウンドの一貫性です。 私たちはアルバムを製作する際、リスナーを惹きつけるための洗練された一貫性を求めます。LANDRはアルバムマスタリングを提供し、プロジェクト全体を通して真のマスターサウンドを実現します。 ただし、一貫したサウンドのアルバムマスターは、まずアルバムのミックス段階から始まります。でもアルバム全体の雰囲気に気を配りながら、いくつもの曲をミックスしていくのは簡単なことではありません。 ではどうやってアルバムをミックスしていくのが良いのでしょうか? 全てのミックスを通じて一貫性のあるサウンドを得るための10のヒントをご紹介します。 1. コピーせず、コンセプトを知る チャンネルストリップをそのままコピーするのではなく、その手順を覚えて、それを適用するようにしましょう。 最初の楽曲トラックにドラムサウンドをセットして音作りをしたら、そのプラグインをそのまま次の曲にコピーアンドペーストしたいと思うかもしれませんが・・・それはトラブルの元です。 ソース音源が同じセッションで同じマイクを使って録音されていても、演奏によって音は大きく変化します。 ソース音源が同じセッションで同じマイクを使って録音されていても、演奏によって音は大きく変化します。 コンプレッサーのスレッショルドやアタック・リリース値を再調整する必要があるかもしれません。 そのため、単に特定のパラメーター設定を覚えるのではなく、自分が行っていた加工処理の「コンセプト」について理解しましょう。トラック処理にそのコンセプトを適用します。ただしコンプレッサーやEQの異なるカラーを実験するのも忘れずに。 このアプローチによって全体的にまとまりのあるアルバムとなり、同時にあなたの楽曲間にさりげないバリエーションが生まれます。 2. メイン要素にフォーカス す。 リードボーカルやサブベースの音量といったものは、リスナーにとっては目立つ部分です。それらを同じようなテイストに維持することは、一貫性を保つ大事な要素です。 処理を始める前に、ミックスの主な要素を何にするか決めましょう。 例えば、「このリードボーカルが最も注目を集めるべき」と気づくことが、そのための空間を作る意思決定へと導きます。 メイン要素を念頭に置くことで、アルバムの各楽曲のミックスを始めるときの決断を容易にしますミックスの前にまず意思決定を。 3. ヘッドルームを考慮したミックス 適切で一貫したヘッドルームを確保するのは非常に重要なことです。 適切な量のヘッドルームを残すことで、各ミックスの要素を明確に分ける事ができます。 一貫性のためには、アルバム全体にこの「分離」が必要です。 効果的なヘッドルームがあれば、ミックスが完了した時点で、マスタリングの準備がすでに整っています。ミックスでの決定事項はマスタリングに直結します。これはとても大事なことです。 ヘッドルームの作り方がわからない?ヘッドルームガイドを読んで、ミックスに適切なスペースを確保してあげてください。 さらに、全ての楽曲を通じた適切なヘッドルームは、次のステップで大きなアドバンテージを与えてくれます。 4. ミックス・リファレンスを使う リファレンス!リファレンス!リファレンス! 各曲を比較することで、目指しているアルバム全体のフィーリングに対してどの曲がまだ距離があって、もっと引き寄せる必要があるのかがわかってきます。 もし全ての楽曲が同じ音量レベル(効果的なヘッドルーム)なら、レベル差による誤判断を避けて、アルバム内の他の楽曲と簡単に比較できるでしょう。 プロジェクト全体にも、リファレンストラックを使ってください。トラックごとのミックスへの判断基準を作ってくれます。 作業プロセスを通じて、自分のミックスを他の販売用の楽曲やマスタリング済みのもの、自分の別ミックスバージョンと比較してみましょう。 ミックスリファレンス記事を読んで、自分のワークフローにリファレンスを取り込む方法を学びましょう。 5. テクニックの再利用は、限定的に 特定のテクニックの再利用は、適切だと判断した時だけにとどめましょう。 1つの楽曲のスネアにゲートリバーブを使ったからといって、アルバム中の全ての楽曲のスネアにかける必要はありません。「一貫性」とは、必ずしも同じ作業の複製を意味するわけではないのです。 「一貫性」とは、必ずしも同じ作業の複製を意味するわけではないのです。 たくさんのテクニックを温存しておいて、ミックスの中の美味しい部分にそれを使えば、アルバム全体がより一層まとまりを見せるようになります。 一貫性の利益を求めるが故に、大事な何かを犠牲にしないでください。まとめるためのミックスですが、そこは賢く取り組みましょう。あなたの楽曲は、良いサウンドでなければならないのです。 6. バスを使う バスは、DAW内の複数のトラックを同じAUXチャンネル上にルーティングしてまとめる方法です。 バスを賢く使って、できるだけ多くのトラックにまとめて処理をしてください。 バスは、同じソース音源に対して複数のマイクを使用する時にも使える方法です。アナログ時代のエンジニアは、7つの異なるコンプレッサーをそれぞれのマイクに適用する必要はありませんでした。あなたも同様です。 アナログ時代のエンジニアは、7つの異なるコンプレッサーをそれぞれのマイクに適用する必要はありませんでした。あなたも同様です。 コンプレッサーかEQを1つのバス内の複数のトラックに適用することで、全体を見渡しやすくなります。1つのプロセッサーでどれだけ達成できるのかを試してみましょう。 プロセッサーの数が少ないと、アルバム楽曲全体への変更がとても管理しやすくなるはずです。 そしてそれは、さらに次のステップに活かされます。 7. マスターバス処理の計画 マスターバス処理をするなら、まずは計画を。 マスターバス(2バスとも呼ばれます)処理は、マスターフェーダーチャンネルを経由して全体のミックスに効果を与えます。 全体に適用すれば、ミックスサウンドに大々的なスイープ変化を与えるのはとても簡単ですね。 例えば、プロジェクトビジョンに適する2バスチェーンを決めてアルバム内の各ミックスを調整するのは、マスターバス上で一貫性を得るのに良い方法です。 ラウドネスのためにマスターバスにコンプレッサーを使用するのは避けてください。それはマスタリングで行うべきことです。ただし、glue効果や音のキャラクター作り、ダイナミクスコントロールのためなら問題ありません。 マスターチャンネル上で何を達成しようとしているのかといった明確なアイディアや考え抜かれた計画がないなら、それは除外することを検討してください。 8. 休もう 耳の疲れはオーディオエンジニアにとって大変な問題です。あなたの事です! マラソンセッション最後のミックスは、最初に行ったものと比べて驚くほど違うものです。 新鮮な耳で作業したものと疲れた耳で作業したものが混在すると、一貫性の達成は困難です。あなたが疲れている時には誤った判断をしがちです。 ヘッドホンでの長時間作業や、大きすぎる音量でのモニターは十分注意してください。 経験則として、あなたの耳は2時間のミックスごとに、15分から30分の休息が必要です。 スタジオ作業の中で、あなたの耳は最も価値のあるツールなのですから、丁寧に扱ってください。 9. トラックの確認を怠らずに トラックを追加する時は注意してください。恐らく私のように、スタジオで、我を忘れてたくさんの実験トラックをレコーディングしたことでしょう。 しかし、その全てを投げ込んでしまうと悪戦苦闘するはずです。 まずトラックを確認し、前述した全体計画の基準を考慮して、追加するようにしましょう。もしロードマップに適合しないなら、完全に消してしまえばいいのです。 使い捨てのトラックに合わせるためにメインの要素を変えてはいけません。そのような結合作業は、長期的には苦痛となるでしょう。 10. アルバムを念頭に置いたマスタリング 一貫性を得るためのミックスは、ミックスが完了してもまだ終わりません。アルバムのために努力して作ったサウンドは、マスタリングでも維持されなければなりません。 マスタリングでも、ミックス作業で得られた一貫性を維持すべきなのです。 もしトラックごとにマスタリングしてしまうと、まとまりを得るのは難しくなります。 LANDRアルバムマスタリングは、それまでのハードワークを保護するマスタリングフェーズでも、アルバム全体をしっかり考慮します。 LANDRライブラリーでトラックを選択し、アルバムとしてマスタリングしてください。それがアルバム作りの難題の最後の一仕事です。 まとめ 最終的には、リスナーが楽曲を聴く時に、ミックス手法は影をひそめるべきです。一貫性がそれを実現します。 ミックスフローをしっかり考えて欲しいのです。 これら10のミックスヒントをフローに入れることで、あなたのアルバム、ミックステープ、シングルに人々を惹きつける事ができるでしょう。

コメントはまだありません

See more