オススメ記事

減三和音:あなたのソングライティングにアクセントを加える方法

あなたの音楽にアクセントを、もう退屈な曲とはおさらば。 優れた作曲を行うには適量の緊張感やドラマが必要であり、減三和音は曲にアクセントを加えるのにすばらしく、そして簡単な方法なのです。 同じ退屈な曲の構造を何度も何度も繰り返し書くよりも酷なことはありません。 ソングライターだけでなく、すべての人は例えば、作曲をすることに固執せずとも、靴を縛るなり、食器を洗うなり最も簡単な道を選ぶ傾向があります。 それを念頭に置いて考えると、既存のプロジェクトに新しい、挑戦的なアイデアを加えることは難しいということだけが明確になっています。 だからあなたの音楽にどうアクセントを加え、マンネリ化した状態から脱出すべきでしょうか? さて、シンプルな減三和音のコードパターンを覚えることで、まったく新しい色とアクセントをあなたの音楽に加えることができます。 今回のはどう減三和音を活用して、あなたの音楽をもっと物語調にし、さらにより良いソングライティングを促すかを紹介します。 減三和音とは何ですか? 減三和音(英語ではDiminished Triad = ディミニッシュトライアドと言います)はルートから短3度と減5度からな和音のことを言います。例えば、Cを根音に作られたコードの減三和音は、EbとGbを含みます。 減三和音は音楽の衝突の感覚を響かせ、協和和音の効果をさらに強めます。 減三和音は音楽の衝突の感覚を響かせ、協和和音の効果をさらに強めます。 作曲家は、よく減三和音を使って、ドラマ、ミステリー、混沌の感覚を音楽に注入することがよくあります。例えば、昔の古い映画で、線路上で迫ってくる列車をバックに悪役が主役のヒーローに罠を仕掛けるシーンなんか想像しやすいですね。このようなシーンの音楽は、減三和音が凝縮されています。 減三和音を一番わかりやすく例えるならば、映画中の本当に強烈で劇的になるシーンが象徴的ですね。音楽例えるならば、その物語のモチーフは減三和音で達成されます。 ジェフ・バックリィ(Jeff Buckley) の「Hallelujah」のような曲では、減三和音が聴き取れます。 さらにルイ・アームストロングの「What a Wonderful World」もです: どのように半音パターンで減三和音を構成できますか? この強力な作曲ツールの使い方を学ぶことは、案外簡単です。 1つのシンプルな半音のパターンを覚えることで、減三和音とそれに付随する豊かなアクセントをあなたの音楽のどこにでも加える方法を学べます。 音楽上で、全音と半音はピッチ間の距離を表します。これらの全音と半音の異なる組み合わせは、私たちが聴く音楽ですべての音程や和音を構成しています。 ギターでは、半音は1フレットの距離で表され、全音は2フレットの距離で表されます。 減三和音の作り方を学ぶには、短三度と三全音の2つの音程を覚えておく必要があります。 「短三度と三全音は何ですか?」と思っている方、ご心配なく。調を見るとわかってきます。 短三度は3つの半音で構成されています。Cを根音にするとこのように見えます: 三全音は6つの半音で構成されています。Cを根音にするとこのように見えます: 音楽上では、ルートノートは和音(コード)を作成するために選択した音符です。短三度と三全音を根音の上に追加すると、減三和音ができます。 たとえば、Cを根音(または開始音符)とする場合、EbとGbを追加すると、Cのキーで基本的な減三和音がつくれます。 減三和音のようなシンプルな音楽理論ツールは、あなたの全体的な音だけでなく、作曲にも大きなメリットをもたらします。 ルートのCで減三和音を作るのに慣れたら、このパターンを他のルートノートで試してみてください。 減三和音を使かう場所 減三和音はいろいろな方法で使用できますが、その最も良い使い道の1つは、コード進行内のVに置き換えることです。 たとえば、一般的なI-V-vi-IVのコード進行を設定すると、減三和音はVの代わりに使用される2番目のコードになります。 理論は積極的に活用してください! 減三和音とV度の和音は同じ音符のほとんどを共有しますが、減三和音は音楽の緊迫感と緊張感を高め、それが結局曲の気分や雰囲気を生み出します。 しかし、Vの代わりに使用されていなくても、減三和音は、コード進行に全く新しい次元を加えることができます。 減三和音はつまり鼓舞すること 減三和音のようなシンプルな音楽理論ツールは、あなたの全体的な音だけでなく、作曲にも大きなメリットをもたらします。 次作曲のマンネリ化に陥るようなことがあれば、減三和音を頭の隅に覚えておいてください。 緊張感やドラマ、そしてアクセントをあなたの曲に与え、きっと曲をダイナミックにするでしょう。 そして、音楽理論を怖がらないでください! 音楽理論は大きなテーマです。 できるだけ小さな理論をたくさん作品に使うことで、シンプルにしておきましょう。 このような良い習慣は今だけでなく将来長い目で見た音楽制作の素晴らしい手助け、そして知識の宝庫になることでしょう。

ミックスオートメーション入門:より良いミックスのために処理を自動化する方法

長いミックス作業の終わりが近づくにつれ、ちょっとした問題に気づきそれを抱えることもあることでしょう。でもそんな時、ミックスオートメーションは役に立つんですよ... それは例えばEQ、コンプレッション、センドエフェクトなどすべて完璧に調整したつもりにもかかわらずそのミックスにピンと来ないとか、あるいは音に躍動感がなく物足りなく感じる、とかそんなことではないでしょうか。 そんなミックス中に抱える憂鬱を解決する策は、すべてのトラック間の音楽的な相互作用を導きだすことです。 とは言え、あなたとしてはすでに十分やるべきことはやった...としたら、どうしますか? その答えが、ミックスオートメーションです。 オートメーションは、完璧なミックスを施すにあたっての重要な最終段階においてドンピシャに役立ちます。でも一口にオートメーションと言っても機能は多岐にわたっていますし、いったいどこから手を付ければよいのでしょうか? この記事では、オートメーションの仕組みと、それを使ってミックスを改善する方法を学びます。 ミックスオートメーションとは何ですか? ミックスオートメーションは、ミックスのタイムライン全体にわたるパラメータの調整を記録するプロセスです。オートメーションは、ミックスのいくつかのパラメーターに適用できますが、最も一般的なものはゲインとエフェクトです。 ミックスオートメーションとそのアプリケーション 聴感上の精度を得るために、ほとんどの現代的なミックスはオートメーションに大きく依存しています。 オートメーションを用いる最も一般的な目標は、トラックのボリュームを変更することですが、考えられるほとんどすべてのパラメータを自動化することができます。 アナログ時代には、リアルタイムでテープに録音されたので、エンジニアは文字通りフェーダーでミックスを再生します。しかし、プロセスをより正確かつ反復可能にするために、ミックスコンソールの設計者は、自動的に変更を行うようにプログラムできる電動フェーダーを開発しました。 今日のDAWにおけるオートメーションは、これらのアイデアの拡張ですが、さらに多くの可能性があります。 プロの現場におけるミックスでは、コンプレッションを補完するために、オートメーションが頻繁に使用されます。ここぞという瞬間にひと目盛ふた目盛フェーダーをダッキングしたほうが、1つの誤ったピークを捕まえるだけにコンプレッサーのスレッショルドを低く設定するよりも、はるかに透明で音楽的です。 そのため、エンジニアがポップリードボーカルに関して労を惜しまずに各音節をオートメーション化し、各単語から最大のインパクトを得るようにしているというのは非常に一般的です。 独自のミックスオートメーションを正しく始めるために必要な知識はすべてここにあります。 ミックスオートメーションの基礎 DAWのミックスオートメーションは、まるで誰かがMSペイントでそれを描いたようにセッションを見せるツールです。 例)オートメーションを描画で示すことができること フィルターのレゾナンスとカットオフ周波数の劇的なスイープ タイム-ベースのエフェクトのレートとフィードバック モジュレーション・エフェクトの深さまたはウェット/ドライ・ミックス または考えられるその他のパラメーター オートメーションビュー:変更を確認する DAWの基本波形とMIDIビューに加えて、オートメーションデータ用のトラックごとのオーバーレイビューもあります。 この記事の例では、Abletonビューを示していますが、ほとんどのDAWではコンセプトが似ています。 トラックのオートメーションビューを使用することで、もはや実際のオーディオを編集しなくなります。代わりに、トラックのオートメーションを変更しています。 アナログ時代には、リアルタイムでテープに録音されたので、エンジニアは文字通りフェーダーでミックスを再生していました。 オートメーションオーバーレイは、選択したパラメータの自動化を表示します。通常のデフォルトパラメーターは、トラックのフェーダーボリュームです。 オートメーションを入力していない場合は、ミキサーのフェーダーのレベルに直線が表示されます。 他のパラメータを割り当てて自動化すると、それぞれに追加のオートメーションオーバーレイを選択することができます。 オートメーションデータ自体は、タイムラインの変化の傾きを示す線で接続された「ブレークポイント」で構成されています。 オートメーションの書き方 オートメーションを始めるにあたって最も簡単な方法は、アナログ時代に元々どのように行われたかを模倣することです。 DAWのフェーダー付きのコントロールサーフェスを使用している場合は、再生中にリアルタイムでトラックの書き込み、タッチまたはラッチモードを操作し、フェーダーをリアルタイムで調整します。 DAWはオートメーションのタイムラインに加えた変更を記録します。 コントロールサーフェスを使用しない場合でも、フェーダーをマウスでドラッグしてこのテクニックを真似ることはできますが、あなたが「マウスの達人」でもない限りこのやり方はかなりフラストレーションがたまると思います。 このメソッドは、変更のすべての段階でブレークポイントを生成します。オートメーションの変更がよりダイナミックになればなるほど、オートメーションのタイムラインにはより多くのブレークポイントが表示されます。 オートメーションモード 異なるパラメーターは、ミックスのどこに収まるかに応じて、特定のオートメーションモードを必要とします。 共通の自動化モードの概要を次に示します。 オートオフ:すべてのオートメーションをバイパスします。 オートリード:オートメーションデータを再生するための標準モード。オートメーションはフェーダーから記録されませんが、トラックは既に書き込まれたものに従います。 オートラッチ:タッチ・モードに似ていますが、この場合、移動を停止すると、フェーダー・オートメーションは最後の位置から記録を継続し、そこから以前のデータに上書きします。 オートタッチ:オートメーションデータの変更は、フェーダーが動かされるまで記録されません。フェーダーの移動を止めると、トラックは以下元データに戻ります。 オートライト:フェーダー位置の変更がすべて記録され、以前のオートメーションデータが上書きされます。このモードは、通常、最初の自動化パスを作成するために使用されます。このモードでオートメーションに書き込んだ後、他のモードの1つを必ず変更してください。それ以外の場合は、トランスポートで再生を押すたびにデータが上書きされます。 オートメーションブレークポイントの編集 オートメーションブレークポイントの編集 しかし、オートメーションカーブのより細かい調整を行うなら、オートメーションのタイムライン上でブレークポイントを作成して正しい値にドラッグするだけで、オートメーションカーブを作成することができます。 ドローイングオートメーション もう1つの選択肢は、DAWの鉛筆ツールを使用して 「ドロー(描画)」することです。 鉛筆ツールの異なったモードで、さまざまな方法でデータをすばやく入力できます。 フリーハンドツールを使用すると、データをトラックに直接描画できます。フリーハンドモードでは、フェーダーの動きを記録するのと同様に、描画した変更を表す多くのブレークポイントが生成されます。 ラインツールを使用すると、クリック&ドラッグによって線形の変更を作成できます。これは、ブレークポイントを個別に作成して移動するよりも高速です。 四角形と三角形のオプションを使用すると、繰り返しパターンを素早く入力できます。グリッドモードでは、これを使用してパターン化されたテンポ同期の変更を素早く行うことができます。 ランダムツールは、一部のアプリケーションに役立つランダムな変更を作成します。 オートメーションの初級は基本的で簡単に気づくものから始めましょう。フェーダーが上下に動くのを見て、オートメーションカーブがトラック内でどのように演奏されているかを知ることができます。 オートメーションに関するその他のアプリケーション ミックスオートメーションはすべて実験的なものです。 ここにいくつかのアイデアがあります。それらを使用して、独自のオートメーション技術を見つけることができます。 ゲート設定に合わせてゲインを調整するノイズゲート/エキスパンダを使用すると、スネアトップマイクに隣接するハイハットからの音漏れを低減するのに最適です。 しかし、曲中の静かなセクションでは、ドラマーは、ゲートを通過するのに十分な音量ではないスネア(例えばリムショット)をより静かに演奏することがあります。 リバーブに送られる信号の量を自動化することは、ミックスのリバーブ全体のレベルを変更することなく、雰囲気をコントロールするのに効果的な方法です。 踏まえてそれらの解決策は?となると、ゲートのしきい値をより静かな音で動作するようにオートメーション化するか、またはプラグインが完全にバイパスするようにオートメーション化するか、です。 バスをスキップすること。あるいは代わりに自動化すること。 トラック内のいくつかのゲイン変更を自動化しながら、後で全体的なレベル変更を行うことができれば、ミックスに柔軟に対応することができます。 追加のバスを作る代わりに、DAWのユーティリティプラグイン(Pro Toolsでトリムするかロジックでゲインする)を挿入し、フェーダーを使わずにゲインコントロールを自動化してください。 これにより、何らかの理由でインサートチェーンのゲイン変更がどこで発生するかを制御することができます。 センドを自動化する もう一つの面白いところは、センドエフェクトの自動化です。 Fたとえば、リバーブに送られる信号の量を自動化して、ミックスのリバーブ全体のレベルを変更せずに雰囲気をコントロールします。 リードボーカルでディレイを使用している場合、オートメーションは、ディレイリフレクションを避けるのに役立ちます。 逆もまた真なり。あなたのリバーブ上のウェットミックスの劇的な自動化や遅延のフィードバックは、あなたのトラックにクライマックスの瞬間を打つことができます。 あなたの手によるオートマティック トラックを完全にコントロールすることは、ミックスプロセスの最後半で非常に重要です。 私たちは皆、完璧に磨かれた、非の打ち所の無い最終結果を望んでいます。 オートメーションは、プロエンジニアがミックスを完成させるために使用する重要な鍵となる技術です。 スマートなオートメーションは、録音が​​終わってから長い間、ミックスに動きや豊かな音楽性を加えることができます。 今こそハンドルを握って実験という名のドライヴに出かける時です!あなたに合ったオートメーションの書き方、お気に入りのパラメータを微調整するための好きな方法、ミックスが必要とする重要なフィニッシングタッチを見つけてください。

コメントはまだありません

See more