LANDR BLOG

ミキシングとマスタリング音楽機器

EQチートシート(EQ早見表):インストゥラメント周波数チャートの使い方【インフォグラフィック】

EQチートシート(EQ早見表):インストゥラメント周波数チャートの使い方【インフォグラフィック】

今月はEQ月間です。 ですので今月は徐々にEQのすべてについて詳しく説明していきたいと思います。 この記事はEQシリーズの第2弾の記事になります。

まだ目を通していない場合は、このEQチートシートに進む前に、【 EQ入門:EQとは】を確認してください。 では早速始めましょう!

EQの方法:スーパー周波数

EQを使用してオーディオをイコライズする方法を知ることは、曲をミキシングするための不可欠なスキルです。

EQをうまくやることは、周波数とその周波数がトラックでどのように相互作用するかを知ることに帰着します。

オーディオ周波数は、それらが何をしているのかを知っている限り、使い慣らすことは難しくありません。 EQの方法を理解するための最初のステップは、どの楽器が周波数スペクトルのどの位置に適合する場所を持っているかを理解することです。

そのため、すべてのEQのニーズに対応するためにこのEQチートシート(又の名を【EQ早見表】を作成しました。

各楽器が周波数スペクトルのどこに適合するかを確認することで、ミックスでどの楽器同士がある一定の周波数上で互いに競合している可能性があるかを特定し、最終的なマスタリング手順の前に可能な限り最高のミックスをつくることができるようになります。

使う楽器を賢く選択する

EQは貴重なツールですが、EQにもできる範囲はかぎられます。

同じ周波数範囲の空間を占める楽器を多く選択している場合、EQをかなり伸ばしてすべてを収め、かつサウンドを自然に保つ必要があります。
そのため楽器選択は賢く行う必要があり、常に可能な限り最高のレコーディングを目指す必要があります。 覚えておいてほしいことは、EQはミックスに追加するのではなく、ミックスに適用するものです。

録音するときはそのことを覚えておき、どんな処理を行う前でも可能な限り最高のミックスを作る努力をしてください。

EQは、悪い録音物(作品)を良くすることはできません。 しかし、EQは素晴らしい録音物を素晴らしいものにすることはできます。

EQチートシート(EQ早見表)

instrument_frequency_chart

これからあなたのお供になる、周波数帯を比較できるツールのご紹介!

暗記するも良し、参考するも良し、大好物にするも良し。 簡単に参照できるようにデスクトップの壁紙としてダウンロードするか、印刷してスタジオの壁に掛けても良し。

覚えておいてほしいことは、 このインストゥラメントチャートは単なる出発点だと言う事です。 ミックス内のサウンドには、常に独自の意味合いと特性があります。 したがって、このチャートを出発点として使用しますが、EQを適用するための究極のリファレンスとしては常にミックスを使用してください。

このチャートは「ミキシングの法則」ではありません。代わりに、このチャートはパフォーマンスがミックスのどこに位置するかを考えるための良い参考になるので、それに応じて使用してください。

周波数チャートの使用方法

このインストゥラメント周波数チャートの使い方は簡単です。 何かを録音する前に、各楽器の基本について考えてください。

録音を始める前に、各楽器がミックスのどこに位置するかを想像してみてください。

始める前に周波数の基本に基づいて楽器を選択すると、ミキシングとEQの工程がはるかに簡単になります。

シンセサイザーやその他の電子楽器は、基本を見つけるのが難しい場合があります。 多くの場合、電子楽器は非常に広い範囲の音と周波数を作成できます。

簡単な解決方法は、トラックでギアを使って合成しようとしているサウンドを見つけることです。

録音を始める前に、各楽器がミックスのどこに位置するかを想像してみてください。

例:FMシンセを使用して金管楽器のリードサウンドを作成する場合は、合成しようとしている金管楽器の基本が適用すべきです。

ミックスで聴くまで、実際にはわかりませんが、何かを録音する前に、可能な限り準備をしてください。

どの周波数帯域がどの機器に問題を引き起こすかについての「正確な」ルールはありません。

したがって、パートを録音した後は、常に自分のミックスの「意味合い」から聞いて、見て、学んでください。


もちろん、特定の周波数帯域に入る楽器は自分の好きなだけいくつでも使用することはできます。 しかし、積み重ねる機器が多ければ多いほど、重要な要素を簡単に隠すことになってしまいます。 したがって、すべてを正しく機能させるには、EQをより複雑にする必要ができてしまう訳です。

Roll the Beats

ほとんどのパラメトリックEQには、ハイパスフィルターとローパスフィルターが組み込まれています。これらのEQは、補正EQを使用してミックスのスペースを解放するのに最適な機能です。

screen-shot-2016-12-09-at-2-54-50-pm

基音が高い楽器には、低い周波数の情報も含まれます。
ほとんどの場合、基本周波数が高い(またはその逆の低い)機器の低い周波数はロールオフできます。そこでハイパスフィルターとローパスフィルターが登場します。

特定のカットまたはブーストを実行する代わりに、ハイパスフィルターとローパスフィルターは、より広いスケールで不要な周波数を除去します。

ハイパスフィルターの一般的な用途は、ハイハットやリムショットなどの高い基音でサウンドの低い周波数を除去することです。

これらのサウンドに含まれる低い周波数は、低音を濁らせている可能性があるためです。
シンプルなハイパスを実行すると、ベースのサウンドにパンチする余地が広がり、ミックスの上部でシンセやパーカッションがより明確になります。

逆のことがローパスフィルターにも当てはまります。低域から不要な高い周波数を取り除くことで、すべてを上手に処理するための余地ができます。

すべての楽器には、高周波数帯域と低周波数帯域の重要な情報が含まれていることに注意してください。したがって、絶対に必要なものだけをロールオフしてください。常に耳を使って適切な度合いを決定してください。

帯域を一掃する

EQスイープは、ミックス内の問題のある領域を見つけるのに最適です。 EQスイープは、修正する周波数を正確に特定するのに役立ちます。それで、EQスイープはどうやって使うのですか?

まず、パラメトリックEQでゲインが高く帯域幅が狭いポイント(「Q」)を設定します。トラックの再生を開始し、周波数スペクトル全体でポイントを前後に「スイープ」します。

filter_sweep500x192

修正しようとしている問題が本当にはっきりと聴こえるようになるまで待ちます(耳が少し悲しくなるかもしれません)。しかし、それを聴くと、カットする周波数を見つけたことがわかります。例えば:

ギタートーンからブーミーな感じを取り除きたい場合は、ブーミーな感じが最も目立つ周波数が見つかるまでEQをスイープします。問題の原因を見つけたら、特定した周波数でカットを実行して再生します(カットについては、後で詳しく説明します)。

上で述べたハイパスとローパスのフィルターの段階で特定の問題が解決する場合があります。ただし、EQスイープを実行すると、カットまたはブーストが必要になる可能性のある本当に特定の領域を分離するのに役立ちます。

アドバイス:カットしようとしている問題のパートに集中してください。どんな領域でゲインを上げると、パーツのサウンドが理想的ではなくなります。自動的に悪いと思われるものすべてをカットしないでください。一度に1つの特定の修正を正確に特定するようにします。

カットするパートは狭く保つ

問題の周波数を隔離したので、いよいよカットを適用して厄介な部分をアテニュエートします。

目安として、カットが3dB以下になるようにしてください。 それ以上のものは少し厳しくなりますが、最終的には個々の選択になります。

カットのために帯域幅は狭く保ちましょう。
カットはオーディオから情報を削除するため、帯域幅(Q)が広いほど、サウンドから削除される要素が多くなることに注意してください。 そのため、特定の問題がある周波数を見つけることが非常に重要です。 そうすることで、必要なものだけをカットできるようになります。

3db_cut

ブーストのために広く保つ

EQブーストにはより広いQが必要です。狭い帯域幅でブーストすると、周波数がミックス内で非常に目立つ可能性があります。広い帯域幅(Q)は、ブーストを耳に少し自然にさせるのに役立ちます。

広い帯域幅が機能するというのは、人間の聴く原理の科学的証拠が背後にあるためです。科学的証拠に反対することはできないですよね?耳は自然な音を聞きたがります。そしてより広いQは、ブーストを可能な限りオーガニックに保つのに役立ちます。

3db_boost

ブースティングでは、EQを実際にいろいろ試すことができ、興味深いキャラクターをサウンドから引き出すことができます。
基音以外の音でブーストを試してください。サウンドのハーモニクスを少しブーストすると、ミックスにパンチ、存在感を生み出す興味深い結果をミックスに得られます。



アドバイス:スペクトルアナライザー、またはスペクトルアナライザーが組み込まれたEQプラグイン(TDR NOVAなど)を使用して、興味深い高調波を特定し、ブーストまたは減衰します。

高調波のEQをいくつか試すと、サウンドに豊かさと個性を追加できます。しかし、雑然とした帯域を見つけた場合にもおすすめです。最良の結果を得るために両方を試してください!

周波数をパンする

パンニングは、同じ周波数範囲を共有する2つの機器のためにスペースを空けるための優れた方法です。

EQでトーンをいじるのに気が引けるけど、ミックスでマスキングがまだ聞こえる場合は、1つのサウンドを左に、もう1つを右にパンしてみてください。

相反するサウンドにステレオフィールド内の独自のスペースを与えることで、これらのユニークな周波数と音色の特徴を引き出し、ミックスでそれらを個別化することができます。

それは常に個々の選択になります。

パンを使用してパーツに余裕を持たせることで、楽器間の周波数のぶつかり合いが少なくなります。 必ずしも確実な解決策とは限りませんが。しかし、パンはとにかくすべてのミックスで行う必要があるものです。 だから、それを最大限に活用してみましょう。

ハイパスとローパスのルールは、不要な周波数をロールオフするために適用されます。
ただし、2つ以上の楽器を合わせるためだけにサウンドの特性を変更したくない場合は、パンがもう一つの解決策としていいと思います。

ソロではなく、全体を聴く。

EQに関しての最大の落とし穴は、孤立したサウンドに取り付かれてしまうことです。
常にミックス全体を聴いて、EQしてください。 サウンドは全体の一部であり、EQを使用して音を形作る方法は、プロジェクト全体での役割に倣う必要があります。

ソロのサウンドだけをEQしている場合、全体像が失われます。 そのため、「ソロイング」ではなく「ミキシング」と呼ばれるわけです。

no_solo_415x188

疑問がある場合、リスナーのように考えてください。 リスナーはスタジオのようにトラックの要素がソロになって聴こえているわけではありません。 リスナーには歌全体が聞こえるだけです。 したがって、全体的なサウンドでEQに関するすべての決定を下すべきです。

特定のサウンドは、ソロにすると「悪い」とさえ感じるかもしれません。 しかし、特定の音がミックス全体から奏でられると、すばらいい音に聞こえるでしょう。 それが、特にEQに関して言える優れたミキシングのすべてです。

EQる

良い録音は良いミックスへの第一歩です。 しかし、良いミックスを素晴らしいものにすることができる中間のステップは、スマートEQです。

これらの基本的なアドバイスを活用して、EQでさまざまな実験を試し、トラックで何ができるかを調べてみましょう。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿