音楽を作る、他はLANDRにお任せ。
さらにLANDRについて

オススメ記事

コロナウイルス(COVID-19)パンデミック中に音楽業界を応援する方法

原作:https://www.magneticmag.com/2020/03/how-to-support-the-music-industry-during-coronavirus-covid-19-pandemic/ 原作者:Ryan Middleton 音楽業界はこれらの数ヶ月間多くの被害を被ることになるでしょう。 そんな業界全体をサポートする方法を以下に紹介します。 コロナウイルスCOVID-19の拡散により、世界全土が激震しています。 New York Times紙によると、ウイルスは公式に130,500人以上に感染しています(その数は、潜伏期間と全員の検査不足を考慮すると、より多くなる可能性があります)。 2020年3月12日木曜日の午後現在、中国本土の1,736人を含む少なくとも4,908人が死亡しています。 安全と生命の維持を最重要の要素として念頭に置きつつ、パンデミックの最中にどう音楽業界をサポートできるかを検討していこうと思います。 議論に上がっている多くは、Ultraミュージックフェスティバル、コーチェラ、ウィンター・ミュージック・コンファレンスなどのライブイベントに関するもので、他の無数のイベント、ツアー、フェスティバルは既にキャンセルまたは延期されていますが、波及効果はライブコンサートを超えて多方面で感じられます。 特に米国がEUからの旅行を30日間禁止した後、ツアーはほぼ保留になる可能性があります。 ライブ音楽は多くのアーティストにとって経済的な生命線ですが、ミュージシャンをサポートする方法は他にもあります。 考えられる方法の1つは、地元の小さなライブハウスをサポートすることですが、屋内または屋外の音楽イベントに行くこともしないこともお勧めいたしません。 地元の保健所の最新のお知らせを常に確認し、保健所の勧告とあなた自身の健康状態が今どうかに基づいて決めて下さい。 気分が悪い場合は、イベントなどには絶対行かないでください。 地元の音楽繋がりやイベントプロモーターをサポートすることは重要ですが、まずは安全第一で行ってください。 1.プレミアム・ストリーミング・サブスクリプションを購入する 多くの人がおそらくそうしますが、一曲のストリーミングごとにアーティストに支払われる収益は、有料プランの方が広告サポートされている無料プランよりもはるかに高くなります。 プランに応じて、またサービス個々への忠実度を高めたいかどうかに応じて、月額1000円〜2000円がかかります。 5曲のストリーミングした場合、マイアミミュージックウィークのライブから得られる収益に置き換わるものではありませんが、あなたのような方が数千人がいた場合、アーティストの方はその月の電気代を払えるかどうかの違いになります。 大勢の作曲家を持つバンドやアーティストにとって、これはスタジオミュージシャン、ソングライター、エンジニア、プロデューサーが少し余分にお金を稼ぐのにも役立ちます。 2.音楽を購入する 曲を買いましょう。 iTunesの1曲だけでなく、アーティストのBandcampに行き、アルバムを購入することも良いでしょう。 待ちきれないレコードを事前注文して、アーティスト、レーベル、出版社、販売業者を手伝ってください。手段があれば、CD、レコード、カセットなどのアルバムを購入することもありです。 音楽を実際に購入することは、今年多くを失うことになるであろう音楽関連企業や個人の方々の収入を増やすための直接的で意味のある方法です。 3.アーティスト関連商品を購入する アーティスト関連グッズは音楽ビジネスをサポートする最良の方法かもしれません。 アーティスト、プロモーター、会場から商品を購入できます。…