LANDR BLOG

音楽理論

音楽用語集:知っておくべき50の紛らわしい音楽用語

音楽用語集:知っておくべき50の紛らわしい音楽用語

音楽の世界にはたくさんの専門用語が存在します。

各専門用語の意味を知ることは、音楽の構成なんかを理解するのに役立ちます。

しかし、もっと重要なことは、音楽用語を理解することで、自分の音楽が他の共同編集者とどのように聞こえるかをよりよく伝えることができるということです。

今回は主に英語圏で使われている音楽用語を覚えていただければと思い、50の紛らわしい音楽用語をリスト化してまとめました。



では、あなたが知ると結構役立つ50の音楽用語紹介していきましょう。

1. アクセント(Accent)

アクセントとは、特定の音符またはフレーズが強調され、他のアクセントのない音符よりも強度が高くなることです。

2.アダージョ(Adagio)

アダージョはイタリア語でゆっくりと意味します。 音楽では、曲をより遅いテンポまたは速度で再生する必要があることを意味します。

3. アレグロ(Allegro)

アレグロはイタリア語で陽気なという意味です。 音楽では、音楽は明るいテンポで再生する必要があることを意味します。

4.アルト(Alto)

アルトは、通常、合唱団の歌手に割り当てられるピッチの範囲です。 ピッチのアルト範囲はソプラノより下ですが、テノール範囲よりも高くなっています。

5.アンダンテ(Andante)

アンダンテは、適度に遅いテンポを表すために使用されます。 イタリア語で「行く」という意味は、音楽で使用されるウォーキングペースを示唆しています。

6.分散和音(Arpeggio)

分散和音(アルペジオ)とは、音符のコードを1音ずつ順番に演奏されることです。 たとえば、ハ長調のアルペジオはC-E-G-Cで演奏されます。

7.小節(Bar)

音楽では、バーは拍子記号によって定義される時間のサブセクションです。 たとえば、4/4拍子記号は、各小節に4つの四分音符を割り当てます。

8.ケーデンス(Cadence)

リズムは、曲の終わりを示すために使用される一連のコードです。

9.カデンツァ(Cadenza)

カデンツァは、楽器奏者や歌手が自由にソロを演奏する即興的機会を与えられ、厳格なテンポやリズムの外で演奏できる芸術的なライセンスを与えられた曲の瞬間です。

10.カノン(Canon)

音楽のカノンとは、ある楽器または楽器のグループでメロディーを演奏し、その後、別の楽器で特定の数の小節を繰り返して、最初のメロディーと重なることです。

11.音部記号(Clef)

音部記号は、譜表の音価を示すために楽譜の冒頭で使用される記号です。

たとえば、G音部記号または高音部記号は、Gが五線の2行目にあることを表します。

12.コーダ(Coda)

コーダは、楽譜の最後のパッセージがどこから始まるかを示すために楽譜で使用される記号です。 作品には、最後のパッセージの最初に進むタイミングをオーケストラに伝える「ダコーダ」の指示が含まれます。

13.クレッシェンド(Crescendo)

クレッシェンドは、音楽のセクションで強弱の音量が徐々に増加することです。

14.ダカーポ(Da Capo)

ダ・カーポは、楽譜で使用される指示であり、バンドまたはオーケストラに、曲を最初からやり直して、先頭に戻るように指示します。

15.ダル・セーニョ(Dal Segno)

ダルセーニョは、楽譜で使用される命令であり、バンドまたはオーケストラに、通常は星のような記号または記号で示される、曲の別のセクションから曲の再生を再開するように指示します。


16.ディミヌエンド(Diminuendo)

クレッシェンドの反対であるディミヌエンドは、音楽のセクション中のダイナミックボリュームの減少です。

17.フェルマータ(Fermata)

フェルマータは、楽譜で使用される記号で、音符を標準の長さより長く保持する必要があることを示します。 ノートを保持できる長さは、アーティストまたは指揮者次第です。

18.フラット(Flat)

音楽では、フラットとは音符の相対的な音質を指します。 フラットノートは、ピッチが同じナチュラルノートより半音下です。

19.フォルテ(Forte)

フォルテは、より大きなダイナミクスを表現するために使用される用語です。 フォルテはメゾフォルテよりも大きく、フォルティッシモよりは静かでなければなりません。

20.フォルテピアノ(Fortepiano)

フォルテピアノは、楽器奏者に最初に大音量で音を鳴らし、その後すぐに静かで持続的なダイナミックに減衰するように指示するダイナミックな命令です。

21.ジョコソ(Giocoso)

ジョコソは、曲が楽しくて気楽な方法で、ほとんどの場合、より高いテンポで演奏されるべきであることを意味します。

音楽用語を理解すると、自分の音楽が他の共同編集者とどのように聞こえるかをよりよく伝えることができます。

22.グリッサンド(Glissando)

グリッサンドは、各音符を強調するのではなく、音符から音符へとピッチをスライドするように楽器奏者に指示します。

23.グロッケンシュピール(Glockenspiel)

グロッケンシュピールは、硬い木槌で打たれる金属棒を備えたピッチのある打楽器です。

24.ラルゴ/ラルゲット(Largo/Larghetto)

ラルゴはイタリア語で「大きい」という意味です。 オーケストラでは、それは大きくてゆっくりと動くペースを指します。



25.レジェロ(Leggero)

レジェロはイタリア語で「光」を意味します。 楽譜では、レジェロとは、軽く、通常はより速いペースで、気楽に演奏することを意味します。

26.レガート(Legato)

音楽では、レガートとは、音符間の明瞭度をあまり上げずに、各音符をスムーズに接続することを意味します。

27.モチーフ(Motif)

音楽のモチーフとは、特定のメロディーを指し、一連の音符は、音楽や曲全体でさまざまな方法で使用されます。

28.ナチュラル(Natural)

ナチュラルノートは、シャープでもフラットでもない音を指します。 通常、調号にもかかわらず音がナチュラルであることをミュージシャンに伝えるために、ナチュラル音符記号が使用されます。

29.ノネット(Nonet)

音楽では、ノネットは9人のミュージシャンのグループです。

30.オスティナート(Ostinato)

モチーフと同様に、オスティナートは音楽全体で繰り返されるリズミカルなパターンです。

31.パン(Pan)

オーディオ制作におけるパンとは、オーディオ信号のステレオ方向を指します。 オーディオ信号が完全に左にパンされると、ステレオスピーカーの左側から聞こえます。

32.ピアニッシモ(Pianissimo)

ピアニッシモは、ミュージシャンに非常に柔らかくまたは静かに演奏するように指示する音楽の強弱法です。 ピアニッシモパッセージのダイナミックレンジは、ピアノよりも静かである必要がありますが、ピアニッシモよりも大きくする必要があります。

33.ピチカート(Pizzicato)

ピチカートはイタリア語で「撥弦楽器」を意味し、弦楽器のセクションに、弓を引く代わりに撥弦楽器を弾くように指示します。

34.四分音(Quarter tone)

四分音は、半音の値の半分と全音の値の4分の1の音程です。

35.5連符(Quintuplet)

3連符と同様に、5連符は、四分音符が使用するスペースで5つの音符を演奏するように演奏者に指示するリズミカルな記譜法です。

36.ラプソディ(Rhapsody)

ラプソディは、必ずしも互いに関連しているとは限らない複数の自由に流れるセクションを探索する1つの動きの音楽です。

37.リタルダンド(Ritardando)

リタルダンドは、ミュージシャンが徐々にテンポを遅くすることを要求する音楽指導です。

38.ロンド(Rondo)

ロンドは、オーケストラ形式または歌の構造の一種です。 通常、複数の繰り返しセクションで構成されます。

39.39.スケルツォ(Scherzo)

スケルツォは短いオーケストラの曲を指します。

40.スフォルザンド(Sforzando)

スフォルザンドは、演奏者が突然大声で音を弾く必要がある強弱法です。 強弱音に重点を置くことは、通常、アクセント以上のものです。

41.シャープ(Sharp)

シャープ音符は、同じナチュラル音符よりもイントネーションが半音高くなります。

42.ソプラノ(Soprano)

ソプラノは、音の最高音域のピッチの範囲であり、この範囲は、アルトのピッチの範囲よりも高くなっています。

43.ソステヌート(Sostenuto)

ソステヌートはイタリア語で「持続する」ことを意味します。 楽譜では、ソステヌートの音符や音楽のパッセージでは、ミュージシャンが各音符を通常の値を超えて演奏する必要があります。

44.スタッカート(Staccato)

スタッカートはソステヌートの反対です。 スタッカートノートは通常の値よりもはるかに短く演奏されます。

45.テンポ(Tempo)

テンポは、音楽が再生されるペースまたは速度です。 通常、テンポは四分音符の長さと長さを定義します。



46.テノール(Tenor)

テノールとは、アルトとベースの間の音符の範囲を指します。

47.トレモロ(Tremolo)

トレモロは、ミュージシャンが持続的な音を鳴らして震えるような音を出すことができるエフェクトです。 通常、トレモロは同じ音符を非常に速く繰り返すという形で形になります。

48.トリル(Trill)

トリルは、2つの異なるピッチ間の急速な交代を維持するための指示です。

49.ビブラート(Vibrato)

ビブラートとは、音の高さを微妙に上下させて振動させる効果です。

50. ヴィヴァーチェ(Vivance)

ヴィヴァーチェは、イタリア語で「活気のある」ことを意味します。 通常、この指示は、速いテンポ、より大きなダイナミック、そして明るい演奏を示唆しています。

 

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿