LANDR BLOG

ビデオ音楽配信

限られた予算で楽曲のリリースを成功させる方法

限られた予算で楽曲のリリースを成功させる方法

曲のリリースを成功させるために一番大事なことは早期計画、そしてスマート計画です。

できるだけ出資を抑えてアルバムをリリースする方法を見つけ出すことは、日に日に難しくなっていると感じる方は少なくないと思います。

アルバムを出したところで、その努力に見合った金銭的リターンや少なくともブレイクイーブンすることなど保証されません。米国での音楽販売では、SpotifyやApple Musicなどの音楽ストリーミングサービスの人気が引き続き高まっていますが、今では堅実なリリース計画がなければ、アルバムリリースで確固な収益を得ることがますます困難になっています。

しかし、まだ諦める必要はありません。

真実は、実際にはレコーディングとリリースの工程は、非レーベル所属ミュージシャンにとってより手が届きやすく、そしてかかる費用がどんどん下がって来ていることです。安価なデジタル音楽配信オンラインマスタリングなどのDIYツールは、大金を費やさずに高音質のアルバムをリリースするために利用できるオプションのほんの一部です。

アーティストに直接的に関係があるプラスな変化はアーティストの初期投資に対するリターンの変化です。

音楽ストリーミングはどうアーティストが収益を支払われるかを変え、そして音楽アグリゲーター(ストリーミングサービスやオンラインストアへ配信する会社)の中でも数社のみが、プラットフォームが手数料を徴収した後の残りのロヤリティ100%をアーティストに還元します。

だから、一文無しにならずにアルバムをリリースするにはどうすればいいですか?さらに重要なことは、自分が行った投資が賢明であるかどうかをどのように保証できるでしょうか?

この記事では、リリース時のお金をできるだけ節約する方法5つを紹介します。

「ローマは1日にして成らず」というように、魅力的なアルバムも1日や偶然にはできません。

私も実際にこれらのアドバイスを自分自身でリリースしたアルバムとEP1枚ずつで活用しました。ここのアドバイスのおかげで自身のバンドも数十万円節約できましたし、ラジオ出演やメディア露出などのメリットを享受することができました。

1.自分が持っているスキルと利用可能なヘルプを決定し、優先順位をつける。

セルフリリース(配信)とは、自分のアルバムのレコーディング、リリース、宣伝を自分自身ですることです。

わかり易く言い変えれば、大手レーベルがアーティストのために(理想的には)行うこと全てと考えてください。資金調達やアルバムのレコーディングから、ブログやメディア露出まで全てです。

レーベルなしでリリースする場合は、自分が自身のレーベルなのです。だから、レーベルのように考えなければならず、レーベルがリリース中に何をするかを考えなければいけません。つまり、レコーディングの工程の資金調達や予算編成、ブログやメディアへの露出、プロモーション戦略のカレンダー化などの手順を守ることを意味します。

これらのことをうまくやっていこうと思えば、それを実現させるために多くのスキル、努力、非金銭的ヘルプが必要になります。それは巨大な仕事のように見えるかもしれませんが、実際には、正しい計画ではかなり簡単です。

これには、レコーディングやプロデュースのような明白なものも含まれますが、ミュージシャン的要素を超えたスキルにも適用されます。

  • 文章制作(プレスリリース、アーティスト紹介
  • 研究(関係を持てるブログやメディアを探す)
  • ソーシャルメディアの管理(ファンと関わること)
  • グラフィックデザイン(アルバムアート、ソーシャルプロファイル、プレスキット)
https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/10/How-To-Release-An-Album-On-a-Budget-inpost-1.png

レコーディングを始めるずっと前にアルバムに投資することが現実的にどれくらいあるかについて、あなたのバンドまたはあなた自身と正直な議論をしてください。周囲の受けられるサポートの限界を知っている限り、自身のリリースに必要なタスクに優先順位を付けることで、重要なこととあなたの予算内に留まる方法が示されます。

各メンバーの強みに応じてバンドメンバー間で業務を分けます。公正な方法で作業負荷を分散させることで、実際に全てのメンバーが平均的に貢献できます。

たとえば、あなたのバンドにローファイの音色がある場合、予算は、録音や制作よりもPRとマーケティングに向かうほうが良いでしょう。

または人との繋がりに強みを持っているが、レコーディング、ミックス、制作するツールを持っていない場合、予算はスタジオレンタルや専門家を雇う方向に向かうべきです。

ミュージシャンは、通常、彼らの計画性と優先順位付ける能力では知られていませんが、この記事の中で最も重要なアドバイスは、アルバムを事前にリリースするための現実的な予算とタイムラインを設定することです。

ミュージシャンは、通常、彼らの計画性と優先順位付ける能力では知られていませんが、この記事の中で最も重要なアドバイスは、アルバムを事前にリリースするための現実的な予算とタイムラインを設定することです。

あなたのスキルとリソースをすべてかきだして、どの分野に焦点が必要であるか、そしてあなたがすでに優れていることが何かを明確にします。言うなわば、パズルを構築するには、最初にすべてのピースを見なければなりませんからね。

2.曲のリリースにあたり、お金をかけずに宣伝する方法

音楽ビジネスの側面は制作と比べると退屈かもしれません。しかし、自分の音楽に注いでいるのと同じ量のエネルギー、熱意、そして創造性を宣伝やファンとのコミュニケーションに費やす方法を見つけられれば、視聴者があなたのアルバムに気づく可能性が大幅に上がります。

「ローマは1日にして成らず」というように、魅力的なアルバムも1日や偶然にはできません。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/10/How-To-Release-An-Album-On-a-Budget-inpost-2.png

しかし、自分の音楽に注いでいるのと同じ量のエネルギー、熱意、そして創造性を宣伝やファンとのコミュニケーションに費やす方法を見つけられれば、視聴者があなたのアルバムに気づく可能性が大幅に上がります。

最低でも、音楽のプロモーションを最大限に活用するためにアルバムの完成からリリースまで、約2〜4か月を確保します。デジタル音楽リリースプラットフォームを選択すると、事前にアルバムのリリース日を選択しておくことができます。

プロモーションのために十分な時間を確保することによって、曲の認知度の促進や話題性の構築を曲のリリース前に開始することができます。音楽プロモーションに関しましては、御社の無料の音楽プロモーション電子書籍で、あなたの音楽を宣伝する方法がさらに詳しく載せられています。しかし、単純に無料プロモーションになると、ソーシャルメディアはあなたの一番の武器になります:

アカウントを保持している(アカウントがない場合は、早速無料登録してみましょう)各ソーシャルメディアを使用して、リリースしたシングルをいくつか共有したり(ロイヤルティを早期に徴収する)、ライブのビデオや録音プロセスを共有したり、進行中のアルバムのストーリーを伝える日記スタイルの投稿戦略を行います。スキルと時間があればgorillazのようにアニメーションを駆使した宣伝も面白いと思います。

何を投稿するしても、あなたのファンの基盤を常に頭に入れコンテンツを制作し、同時に自身の曲の宣伝もします。オンライン音楽プロモーションは何と言っても無料で、リリース前の話題性を生んだり、認知度の向上には効果的な宣伝方法です。それゆえに時間もエネルギーもかかる作業になるので、宣伝戦略には必要な時間とリソースを十分準備しておきます。

ソーシャルメディアやその他のデジタルサービスのおかげで、効果的な努力やリソースを駆使することによって、アーティスト個人が効率的に自身の音楽プロモーションを成し遂げることができるようになりました。そしてDIYプロモーションの一番の利点はストアやストリーミング配信で得た収益がレーベルなどの仲介者に手数料として徴収されることなく、アーティスト個人に直接入ってくることです。

3.宅録またはスタジオレコーディングかを決めます

マイク、ミキシングボード、レコーディングソフトウェア、その他の音響機器への投資は、録音プロセス中に自分で行うことで節約できる方法の1つです。しかし、忘れてはいけないことは、それでもいくらかのお金、スキル、そしてとりわけアルバムをうまく録音し、製作し、ミックスする時間が必要になります。

DIY録音、ミキシング、プロデュースに関しては、必ずしも「、全てやるか、やらない」である必要はありません。ボーカルをプロを雇いこのタスクをアウトソーシングすることで、何万、何十万円という節約になったりもします。

上記の考えはアルバムに曲をミックスする場合にも当てはまります。ミキシングは、オンラインチュートリアルやたくさんの練習で自分自身で学ぶことができるものですが、サウンドエンジニアリングに関する情熱を持っている場合にのみ行うべきことです。

DIY録音のアプローチは、いくつかのミュージシャンにとってはうまくいくでしょうが、他の方には、プロフェッショナルな助けを借りてスタジオで録音する方が良いでしょう。これは全てあなた自身がどのようなスキルを事前に有しているかによって異なります。

アドバイス:何十万も出してレコーディング機材を購入したくない?そんな時は、レンタルしましょう。

アドバイス:何十万も出してレコーディング機材を購入したくない?そんな時は、レンタルしましょう。所有する場合のほんの一握りの費用で数日間機材レンタルしてください。さらに、レンタルはある時点で返却する必要があるため、健康的な締め切りの下でよりうまく作業する場合は、最適なオプションです。

ほとんどの主要都市には、より一般的な種類の機材をレンタルしている地元の楽器店がありますが、地元の地域社会に貢献したり、地元のオンラインコミュニティで貸し手を探すことも十分ありです。

もう一つの選択肢は、スタジオレンタルに予算を費やすことです。予算内でカバーでき、さらにリリース時に必要な宣伝などの他の業務も予算でカバーされている場合、スタジオレンタルは実現可能です。

あなたがスタジオレンタル使用を選ぶことになったら、スタジオを予約するずっと前に、自分の曲を完全に練習することにより、スタジオでのレコーディングをさらに計画的に遂行するようにします。計画的に準備をしない場合、スタジオでのレコーディング時に無駄が生じ、時間の無駄そしてお金の無駄に直結し、数万円、悪い場合数十万円無駄に消費する危険があります。

4.すべてのオプションを模索せず、銀行口座を空にしない

プロのエンジニアにマスタリングサービスを依頼すると、簡単に数万、数十万の予算を使い、予算がパンクを引き起こし易くなります。 幸いにも楽曲を仕上げる従来の方法に代わる新しい方法があります。 LANDRはあなたの楽曲に、「マスターエンジニアと同等のクオリティー」と同等のマスタリングを、そのほんの一握りの費用で提供します。

プロのスタジオのマスタリングを行う場合は、事前にLANDRでマスタリングをして、ミックスがマスタリングされたようなサウンドを大まかに知ることができます。 マスタリングのために多くの予算を費やす前に、楽曲がどのように聞こえるかを聴き比べるのに最適なリファレンスツールです。
また、自分のミキシングの洞察も得られます。 作ったミックスがマスタリングの準備ができていない場合、そのミックスは率直に良いマスターとして書き出されません。 だからどちらの方法でも、LANDRはあなたの投資が良いものかどうかを確認するための素晴らしいツールです。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/10/How-To-Release-An-Album-On-a-Budget-inpost-3.png

5.あなた自身のPRになる

知ってる方がほとんどだと思いますが、宣伝とラジオのキャンペーンは、あなたのバンドのリリースの宣伝に不可欠です。PRやラジオキャンペーンの作成を自分で行うことで20万から150万円くらいは宣伝費として節約することができますが、他のやらなければいけない作業に割ける時間が減ります。
ここでの作業は面倒で、通常はかなり時間/努力がかる割に結果が報われません。そのため、お金を払いPR専門の事務所に依頼すると、かなり高くつきます。しかし十分な時間、努力、綿密な計画を立てれば、あなたのバンドは宣伝を単独で行うことができ、いくつかのプラスな結果を見ることができます。

プロモーションとメディアへの働きかけは、アルバムをリリースする際に最もアクセスしやすい部分の1つです。特に、アーティストが利用できるツールやプラットフォームが多くネット上で見つけることができます。

必要なスキルには次のようなタスクが含まれます:

  • ブログとメディアの連絡先の表式エクセルなどで作成する
  • 説得力のあるEメールの作成
  • プレスキット(プレスリリース+写真など)をラジオ局やオンラインメディアに送信する

プロモーションとメディアへの働きかけは、アルバムをリリースする際に最もアクセスしやすい部分の1つです。特に、アーティストが利用できるツールやプラットフォームが多くネット上で見つけることができます。

しかし、それはまた、最も多くの時間とエネルギーを必要とするリリースのステップの一部であります。あなたのリリース戦略を促進するための適切な時間を予算化し(プロモ中も働いているのと同じなので、例えば時給計算のような指標を導入したり)、最良の結果を早期に達成することです。

オンライン音楽メディア関連会社への連絡の取り方や自身の曲の宣伝の仕方についてのさらなる詳細な情報をお探しの場合は、当社の音楽プロモーションガイドをお読みください。 Facebook上の投稿の活用方法、効果的なアーティスト向けメルマガの作成、そして自分の音楽に合った音楽メディアを見つけるための方法について説明します。

レコーディング、リリース、その繰り返し

自分の音楽をリリースする工程は楽しいひとときです。 正しい計画でストレスを取り除いて、リリース日までのすべてのことをスマートな方法で済ませたという自己満に黄昏ながら、ゆっくり待ってください。

次のアルバムに投資するための土台をいくつか保存することは、常に安全な賭けです。

楽曲をうまく宣伝することは、時間を費やし、それを成功へ導くことへのコミットメントになります。

真実は、より多くの時間とあなた自身の献身さをリリースに向かって注げば注ぐほど、支出もその分減少していきます。 無料のツールはその辺にあるので、どんどん駆使する必要があります。

収益が出始めると同時に、次の楽曲にも資金が必要であることを忘れないでください。 次のアルバムに投資するための土台をいくつか保存することは、常に安全な賭けです。

確固たるリリース戦略とどこに今あるリソースを集中させるべきかを強く理解していれば、すべてのリリースがスムーズに成功します。

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿