LANDR BLOG

音楽理論

調号:音楽におけるキー(調性)のしくみ

調号:音楽におけるキー(調性)のしくみ

調号は、曲のハーモニックでメロディックを極める道筋です。

DAWセッションで他のミュージシャンと一緒に演奏したり、トラックの上に録音したりするには、調号を知る必要があります。

ただし、一番効果的な方法がわからない場合、調号を覚えるのは簡単な仕事ではありません。 そして、調号が書かれているのを見ると、調号自体に見慣れていないと、見ているだけで混乱する可能性がでてきます。

それでも、調号の仕組みを理解すれば、調号を知ることはそれほど難しくありません。

今回は、調号について説明し、調号を簡単に覚える方法、そして調号を楽器で覚える最も簡単な方法を紹介していきます。

調号とは何ですか?

調号は、曲の調を決定するシャープとフラットの集まりです。 重要なのは、作曲で使用される主要なメジャースケール(長調)またはマイナースケール(短調)を構成するピッチのグループだと言うことです。 調号は、音符の先頭に表示され、調に合わせて元の状態から変更する必要がある音符を示します。

調号を識別の方法

楽譜から楽器で音楽を演奏するときには、そのキーを特定する必要があります。

楽譜から楽器で音楽を演奏するときには、そのキーを特定する必要があります。

幸いなことに、書かれた曲の調号を識別するのは簡単です。ここで重要になることは、特定の方法でシャープとフラットのパターンを分析することです。

楽譜のキーを見つける方法は次のとおりです。

  • シャープのあるキーの場合。調号の最後のシャープは、キーの導音または7音階です。トニックに到達するために1半音を数えます。
  • フラットのあるキーの場合。最後から2番目のフラットがキーのルートになります。
how to identify key signatures (major keys)

ふっと問題に気付いた方もいるかもしれません。キーがメジャーであり、同じ調号を共有する平行調ではないかどうかをどのように判断できるでしょうか?

これを正しく行うのは少し複雑ですが、 100%確実にするために少し調和解析を行う必要があります。

曲は通常、主音のハーモニーで始まり終わります。大多数の曲では、最も低い声の最初の音がキーのルートです。

大多数の曲では、最も低い声の最初の音がキーのルートです。

メジャーキーでは、最後のシャープまたは2番目から最後のフラットまで数える方法を使用できます。ただし、最初のノートが期待どおりでない場合は、マイナーキーを探している可能性があります。

キーを確認する方法は次のとおりです。

  • 可能であればまずその歌を聴いてください。ハーモニーが休息し、マイナーハーモニーで最も安定していると感じる場合は、おそらくマイナーです。
  • フレーズの終わりでドミナントからトニックに移行するハーモニーを探します。強いリズムは、キーを確認する確かな兆候です。

五度圏:シャープとフラットの順序

音楽の臨時記号は、調号に特定の順序で書かれています。

その順序は、五度圏を知っている人なら誰でも知っているでしょう。しかし、そうでなくても心配しないでください。

英語になるのですが、シャープとフラットの順序を覚えておくための便利な方法が2つあります。

  • シャープのあるキーの場合、韻は次のようになります。Father Charles Goes Down And Ends Battle
  • フラットのあるキーの場合、韻は次のようになります。Battle Ends And Down Goes Charles Father

行頭に調号を書くときに頭の中で韻を踏むことで、これを思い出すことができます。(英語になってしまうのですが)。

音程がよくわかっている場合は、シャープキーの場合は5分の1まで、フラットキーの場合は4分の1まで数えることもできます。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/12/Key-Signatures_Circle-of-Fifths_1200x627.jpg

どんな調号でも覚える方法

しかし、アイデアを見つけるために楽器で即興演奏をしている場合はどうでしょうか。

キーに合わせて変更する必要のある音符を覚えておきたい場合は、五度圏を使用して調号を見つけることができます。
方法は次のとおりです。

五度圏はハ長調で始まり、シャープやフラットは含まれていません。

そこから、韻の順序に従って五度圏を進むたびに、調号に別のシャープが追加されます。



次に、その数のシャープをパターンに続く調号に追加するだけです。

シャープキーを簡略化するためのチャートは次のとおりです。

key signatures sharp keys

フラットキーの場合、パターンはハ長調から始まるフラット韻の順序に従います。チャート化すると次のとおりになります。

flat keys key signatures

異名同音の調号

一部のキーの一部の記号がこのチャートにないことに気付いたかもしれません。 例えば、G#メジャーで演奏しようとしている場合はどうなりますか?

その理由は、一部のキーは、異名同音に相当するものを使用してより簡単に表現できるためです。

異名同音は、2つの異なる記号を使用して書くことができる音符です。

異名同音は、2つの異なる記号を使用して書くことができる音符です。

A音を半音下げるとAbになります。また、G音を半音上げるとG#になります。

これらは、同じピッチクラスを表す2つの異なる方法です。

では、G#とAbが同じである場合、なぜAbの方が良いのでしょうか。

メジャースケールの音階と半音のパターンに従うようにG#の調号を書こうとすると、おもしろいことが起こります。

導音と主音の間の半音間隔を維持するには、Fダブルシャープを使用する必要があります。

もちろん、Fを2半音上げることは、異名同音でGと同等です。そのため、このキーを変イ長調と考える方がはるかに簡単です。

キーを理解する

調号を知ることは、ミュージシャンとして成長するための重要なスキルです。

楽器のどこにいるのかを常に知っていれば、自由に演奏したり書いたりすることができます。これは創造性にとって大きなメリットです。

このガイドのヒントとコツを活用して、調号を二度と忘れないようにしてください。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿