新しい機材を購入する前に、自分自身に問うべき10の質問

音楽機器
新しい機材を購入する前に、自分自身に問うべき10の質問

機器コレクション症候群は、世界中の何百万ものミュージシャンに影響を及ぼしている深刻な疾患です。 事実、6人に1人のミュージシャンが、中古機材に関するお得な情報を探すため、今この瞬間にもオンラインの掲示板を必死になってリフレッシュしています。

時には自分の持っているオーディオ機器を処分することで、創造性の効率化に繋がります。

しかし、機器コレクションが手に負えないくらいになっている場合は、新しいものを買うことは適切な答えではないかもしれません。

機器コレクション症候群に屈して、今現在のコレクションに新しい機器を追加する前に、増えすぎてしまったコレクションを減らすことができるか見つけるのも手かもしれません。

今回の記事では、その機器がキープか否かを見極める10の質問をまとめてみました。

1.正常に動作しますか?

壊れている? 修理する予定はありますか?

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/02/1-itworks-_1200x627.jpg

機器の一部が正常に機能しておらず、将来的な修理の目処が立っていない場合は、その危機は単なる重荷になってしまいます。

機器の修理は、DIYでは困難で専門店に頼むと費用がかかる可能性が大いにあります。 状況が絶望的であるならば、処分する方法が一番最善かもしれません。

その壊れている機器は修理をするか、処分する!

2.最後に電源を入れたのはいつですか?

最後に電源を入れたのを覚えていないのであれば、それは悪い兆候です。 最後に電源を入れてから1年以上経っている場合は、さらに最悪です。

最後に電源を入れたのを覚えていないのであれば、それは悪い兆候です。

全く使用しない機器を自分の身の周りに置いておくこと自体に正当性は生まれません。

最後に使用した日がわからない場合は、近いうちにもう一度使用することはおそらくないでしょう。

潔く手放す!

3.その機器の正しい使い方をしっかり学びましたか?

マニュアルを読んだことがありますか? 実際のところ、まだその機器ががどのように機能するのか本当に知らないですか?

処分する前に、少なくともその機器を理解する努力のために時間をかけてください。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/02/3-learn-_1200x627.jpg

それでも気に入らない場合は、処分しましょう。 しかし、しっかり機能も理解せず処分するのは、勿体無いし危機に対して不公平なので、学ぶ努力はしましょう。

学ぶか処分!

4.他の機器で同じ機能を持っているものはありますか?

その機器の主要な機能を別の機器を購入して、補おうとしましたか?

現代の機器は非常に用途が広いです。 時々スイスアーミーナイフはあなたの持っているもののいくつかの他の部分の代わりをすることができます。

時々スイスアーミーナイフはあなたの持っているもののいくつかの他の部分の代わりをすることができます。

2つに多様な機能をする機材を複数持っている場合、一つで十分です。

5.その機器への将来的な期待値は高いですか?

現在使っていなくても、少なくとも将来的に音楽制作のワークフローに含める具体的な計画はありますか?

90年代のスローバックストーナーメタルプロジェクトを開始することになったときに必要な場合は、その時用にキープしておくのは良いと思います。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/02/5-future-_1200x627.jpg

しかし、将来的に有用的価値がないのならば、今も未来もその機器は必要ないでしょう。

6.衝動買いでしたか?

突如機器を買ってしまい、家に帰って後悔の念を抱いたことがありますか? 必死に稼いだお金を、よく考えずに急いだ決断で無謀に使ってしまうと、それに固執しなければならないような気分にさせられることがあります。

必死に稼いだお金を、よく考えずに急いだ決断で無謀に使ってしまうと、それに固執しなければならないような気分にさせられることがあります。

ただ、その機器が棚の上でほこりまみれになっているなら、プライドなんて関係なく置いておく必要はありません。

たとえそれが経済的に最善な決断ではなかったとしても、ヤフオクなりメルカリなどの中古の機器市場でいくらかのお金を取り戻すことができるかもしれません。

7.愛着や思い出があるものですか?

ないか良い記憶に結びついていますか? もしくは、入手経路や入手時になにか忘れられないようなことが起きましたか?

機器に関しては、厳密なミニマリストになる必要はありません。 ただたんに気に入ったから保管しているのであれば、問題ありません。

少なくとも繋がりがあるこのは重要です!

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/02/7-sentimental-_1200x627.jpg

8.セールだからという理由で買っちゃいましたか?

買わないのがおかしいような割引セールでしたか? セールを嫌いな人なんていません。

しかし、良い値段で買えたというのは、機器を置いておく正当な理由として十分ではありません。

良い値段で購入したということは、逆を言えば、まだまだ高値で売れる可能性が高いということです。

良い値段で購入したということは、逆を言えば、まだまだ高値で売れる可能性が高いということです。

売るについては、次の質問をご覧ください。

9.その機器を売って、その資金で他の機器を買いますか?

それは結構高価な機器ですか? その機器を売った場合、その資金で他のもっと役に立つ機器の購入はできますか?

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/02/9-money-_1200x627.jpg

機器に大金をつぎ込んで、その機器を手羽なるには気が引けます。しかし、自分の音楽制作にそれほど役に立っていないのなら、その機器を売った資金で何か他に自分お音楽のためになる機器の購入する方が最善です。

自分の音楽制作ワークフローに実際に必要なものについて考えてください。

10.その機器を接続するとき、なにか感動を感じるようになりますか?

その機器を起動したとき、なにか創造力に刺激を与えるような感じはしますか? 機器は起動した時に、ユーザーの気持ちを良くするべきです。

その「ユーザーの気持ちを良くする」ことが、機器全般を見て最も重要な要素です。 プラスに貢献していない、あるいはもっと悪い場合刺激を受けないならば、その機器はたぶんあなたに合っていないでしょう。

使うことに満足感を与える機器をあなたの音楽制作ワークフローに取り入れることに集中してください。

使うことに満足感を与える機器をあなたの音楽制作ワークフローに取り入れることに集中してください。

あなたがあなたの機器と持っている繋がりを大事にしましょう!

取得スペシャリスト

際限なく機器を購入し続けることは強迫観念に変わってしまう習慣になってしまうかもしれません。

あなたがシンセ、ペダル、ギター、プラグインを備蓄しているかどうかにかかわらず、自分の機器コレクションは創造力に対し重荷になりうる可能性があります。

これらの10の質問に自分で尋ねて、自分に何が必要で、その機器がプラスの力を与えてくれるか考えましょう。

LANDR

Various contributors from the LANDR team of music mentors.

@LANDR

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません