作詞作曲において「他人の真似事」から「他人から刺激を受ける事」を分ける方法

インスピレーション
作詞作曲において「他人の真似事」から「他人から刺激を受ける事」を分ける方法

オリジナルになりたいという願望は、実際に新しくユニークな音楽をリリースすることから遥か遠く離れた存在です。

すべての音楽はそれ以前の音楽によって何らかの影響を必ず受けています。 しかし、音楽のように長い歴史を持つ芸術の形では、インスピレーションはどこで終わってしまし、真似をすることはどこからはじまるのでしょうか?

非常に多くの音楽が簡単に手に入るようになった今日、この「オリジナルvs模倣」のバトルは多くの意欲的なミュージシャンが直面している最も重要な問題です。

リスナーを見つけることができる音楽は、ほとんどの場合、個々の独創性を発見しそれを受け入れたミュージシャンによって作られます。

他のミュージシャンの真似をすることは簡単で、多くのソングライターやプロデューサーの中にもたくさん真似ばっかりしている人はいますが、そこから生まれる音楽に持続性や可能性はさほどありません。

それでは、どうやって周りから良い刺激を受けてそれを新しいものに変えられるのでしょうか?

好きなアーティストや、その好きなアーティストの作品の何に興味を惹かれるかをしっかり突き止めていないと、模倣の罠に陥りやすくなります。

今回は、音楽制作における独創性という難しいテーマを取り上げ、自分のスタイルを損なうことなく外部から受ける自分の音楽に対する影響を尊重する方法についてのヒントを紹介します。

自分と共鳴する音楽を定義する

まずは時間をかけても良いので、誰や何から自分は音楽的な影響を受けているのか見極めることから始めましょう。

好きなアーティストや、その好きなアーティストの作品の何に興味を惹かれるかをしっかり突き止めていないと、模倣の罠に陥りやすくなります。

影響力のあるアーティストの歌い方や音楽の制作方法などの属性を特定することは、以下のいくつかの点で役立ちます。

First, it will allow you to grow your own original taste and appreciation for music. This is crucial for discovering your own musical style and perspective.

The more インプットを持っているほど、あなた自身の観点を発見し始めるとき、あなたのアウトプットはより多様になり得ます。 1つのことを真似するだけではなく、さまざまな影響的要素を合成することが、独自のサウンドをユニークに保つための簡単で効果的な方法です。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/03/MusicInfluences-_1200x627_.jpg

そして第二に、あなたが他のアーティストの音楽で魅了していることを理解することは、独創的な方法でアイデアやエネルギーを探求し、探求の過程であなたが観察し理解するスキルを磨くのに役立ちます。

自分が影響される要素を理解し、なぜそれらにあなたが惹かれるのかを書き留めます。理解が深まれば深まるほど、あなたが愛する音楽を理解し、それをより良く解釈し、そしてただの真似事を超えたツールとしてあなたの強い味方になるでしょう。

工程を最初から最後まで見直す

最初のステップで自分の音楽的影響の使い方についての理解が深まったと思うので、このステップではあなた自身の作曲過程をよく見てもらいます。

メロディーやコード進行を書く方法からあなたの好きな楽器や歌詞でカバーする題材まですべてをまず調べてください。お気に入りの音楽のように聴こえるからといって、自分が使っている習慣やツールを見つけられた場合は、それらを変更する時が来ました。

お気に入りの音楽のように聴こえるからといって、自分が使っている習慣やツールを見つけられた場合は、それらを変更する時が来ました。

ある特定の楽器や制作テクニックが他のアーティストでは機能するからといって、それがあなたのためにうまく働くわけではありません。

結構多くみたれる傾向は、他のアーティストのアイデンティティーに近すぎるため、、多くの可能性とエネルギーを持った音楽が薄っぺらになってしまいがちです。曲は形式に完全に沿って形作られたものではないので、あなたの音楽制作過程で他人の考えの限界から自由になり、奥深く自分流を見つめることがあなたにオリジナル音楽を作る最も良い機会を与えるでしょう。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/03/experiment-_1200x627_.jpg

インスピレーション受けてから開始することが重要ですが、音楽制作の工程のいつどこで自分流儀の主体で作り続けるのかを知ることが、真似事ありきを回避する方法です。

以下のリストが「模倣する」から「インスピレーションを受ける」を分けるために役立つチェックリストです。

楽器のセレクション

アコースティックギター、ドラムマシン、またはMIDIコントローラーを使って音楽を作ることに頼りすぎの場合、ちょっと考えてみてください。

他のアーティストの作曲作曲マニュアルに記載されている楽器にこだわるのは限界があり怠惰です。 この症状に悩んでいるソングライターやプロデューサーの方は、この練習を是非試していただきたいです。この練習というのは、あなたが今まで全く使ったことのない楽器をメインにした曲を書くことです。

一旦殻を破ってお気に入りの楽器を変えることはあなたが新しい方法で音楽の構成と理論について考えるのを手助けするだけではなく、あなたと同じ機器を使う他のアーティストの影響を洗い流すこともできるでしょう。

あなたが受けているインスピレーションのは決して絶対ではないで、壊す時には壊せるような心の準備をしましょう。

コード進行構成

あなたの好みのコード進行は何でしょうか?

音楽のコード構成を取り巻くあなたの好みは、あなたの曲を構成する感性、メロディー、そして雰囲気に大きな影響を与えることになります。

影響を受けているアーティストのコード進行に対して、自分のコード進行を照らし合わせます。 それらがあまりにも似て聴こえるならば、コード構築とコード進行を書くことへのあなたのアプローチを変えるための本当の努力をしてください。

あなたに影響を与えているコード進行を曲げたり変更したり、壊したりする準備はしてください。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/03/critics-_1200x627_2.jpg

歌詞コンテンツ

ある主題についての歌詞を作成するとき、それの歌詞はあなた自身のオリジナルの考えから来たものですか、それとも他の誰かの視点から来たものですか?

ソングライターとして、創造力を一番重要視した時に、最も強力な武器はなるものはあなた自身のユニークな視点と経験です。

以前にカバーされたトピックが唯一の「安全な」トピックであると信じるようになると、その武器は無駄になります。

はっきり言って歌詞作りは難しいです。 歌詞作りは、言うならば、あなたの弱さをさらけ出すものです。つまり、作詞はあなた自身の視点にオープンであると同時に、自身がなくてはいけません。これは他人の真似をしているようでは到底実現できない代物です。

音楽制作

あなたの音楽を制作する方法が、独創的なアイデアを当たり障りのないただたんの模倣のアイデアに変えてしまうかもしれません。

音楽制作のベストプラクティスは最初から始めるのに最適な場所ですが、気をつけなければいけない点は、あなた自身のサウンドを構築するためのベースとしてそれらを使用する必要があることです。

もしYouTubeの「プロの〜さんのようなサウンドを出す音楽制作方法」のようなビデオやチャンネルをちょくちょく見たり、フォローする習慣がある場合は、気づいているかもしれませんが、そのビデオを鵜呑みして音楽制作をしてしまうと、自分色を失う罠に陥ってしまいます。そのため、その工程で作られて作品自体に本当の意味でのあなたの創造性があるのか自体もうたがわれます。

音楽制作のベストプラクティスは最初から始めるのに最適な場所ですが、最終段階ではなく、独自のバリエーションを見つけるための出発点として使用することに心がけるのが大事です。

重要な評論、第三者的な視点

最後に、作った作品に第3者の評論的な視点で耳を傾ける時が来ました。 自分の音楽を録音する前に判断するのではなく、自分の曲が制作されマスタリングされた後で、評論的な視点で聴くことができるようになるまで待ってください。

あなたが作詞した要素があなた独自の考えから創造されたように聴こえてなくても落胆しないでください。

「ローマは1日にしてならず」と言うように、独自のスタイルを作り出すことは一晩では起こりません。 音楽の独創性を達成するのは難しく、あなた自身のオリジナルを作り上げるのに数年かかることがあります。

ここで一つ加えておきたいことは、あなた自身の音楽の道を極めることが必ずしも良い音楽をもたらすというわけではないことに注意することは重要です。 それは曲を録音して仕上げることが、音楽制作を見た場合に半分のみを意味するからです。

あなたの独特の創造的な道筋を見つけることが最初のステップです。 その独創性を素晴らしい音楽に変えることを学ぶことは後に続きます。

忘れないでください、独自のスタイルを作ることは一晩では起こりません。

試してみて、もう一回試してみて、さらに試す

外部の影響がどう自分の音楽制作の工程に与える影響を特定したので、今度は本格的に色々試して見る時です。

この新しいことに実際に挑戦することが、ユニークな音楽を制作する上で最も重要な部分です。 真の音楽実験は、いやない期待あ固定観念を手放すことができるときに起こります。

あなたが影響を受ける要素についてあなたが持っている新しい音楽的洞察力を武装して、あなたは自由奔放に色々試すことができるでしょう。

作詞作曲において、何が機能して、何が失敗したのかを自分の観点で発見することが、あなた自身の発想を育てる上で非常に重要です。

最初に影響を受けて、次にあなたの独自性が来ます。

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません