LANDR BLOG

ミキシングとマスタリング音楽配信

ミュージシャンは非デジタル音楽から学べるストリーミングにも役立つ教訓

ミュージシャンは非デジタル音楽から学べるストリーミングにも役立つ教訓

ストリーミング配信がついに世界の主流になりました。 この急増する傾向を肌で感じるには、数字を見ると明確になります。

CDの売上は過去10年間で80%減少し、デジタル音楽ダウンロードも同様の軌跡をたどっています。

代わりに、ストリーミング配信が頭角を出し始めました。 ストリーミング配信に対抗できるデジタル以外のものといえば、レコードのみです。

未来的なデジタルメディアがアナログ形式と並行して共存している今、それは過去と未来が同時に存在するように見え始めています。

しかし真実は、物理的な音楽の聴き方(レーコード)は私たちが音楽が私生活に流入して以来どのように聴くことを学んだかなどまだ多くのことを教えてくれます。

今回は、非デジタル形式の音楽が配信について教えてくれる6つの重要な教訓と、ミュージシャンがどのようにそれらの教訓をストリーミング配信時代に適用できるかをお話しします。

1. アルバムジャケットの重要性

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/PhysicalFormats_CoverArt.jpg

さっそくトリビアです。実はレコードジャケットが1930年代後半に導入されるまでレコードはそれほど売れませんでした。

1930年以来、アルバムジャケットはレコードの経験と深く結びついていてきました。

非デジタル音楽が衰退したからといって、アルバムジャケットとの深いつながりがなくなるわけはなく、 あなたのアルバムがデジタル市場で際立つためには、刺激的で人目を引くアルバムジャケットが必要になります。

音楽は見えないので、必然的に視覚的表現がリスナーの第一印象に大きく影響します。 優れたアルバムジャケットは、潜在的なリスナーを引き寄せ、作品を解釈するための視覚的なヒントをリスナーに与えることができます。

優れたアルバムジャケットは、潜在的なリスナーを引き寄せ、作品を解釈するための視覚的なヒントをリスナーに与えることができます。

自分自身でDIYアルバムジャケットを作る方法を学びたいならば、無料オンラインツールをまとめた記事もあるので、ぜひご覧下さい。

2. アルバムの長さ

一般的ではない短いアルバムややけに長いアルバムが実験的にたくさんリリースされました。 しかし、結論から言うと30分から50分のアルバムの長さが音楽的な意識に良くとどまるようです。

その聴き心地の良い長さのルーツは片側あたり約20分の12インチのレコードにあると言われています。

LPの長さが、バンドの作品を適切な形でリリースできるのに最適な長さとして1970年代に一般論として成熟したそうです。

アルバム相当ユニット時代の今でもベンチマークとして、LPの長さを参考にします。

私たち現代人は長い期間同じ長さのアルバムに慣れ親しんできたので、もうすでに私たちの音楽DNAに組み込まれているようなものです。 ストリーミング配信主流の時代であってもあまりにも長めに構成されたアルバムはリスナーを思ったより早く疲弊させる可能性があります。

3. アルバムシーケンス(曲の配列)の伝統

レコードの裏面とおもて面をひっくり返すために椅子から起きるという行為は、レコード時代に育った誰でも郷愁に染まれる出来事です。

そして、A面とB面のコンセプトは単なる技術的限界ではありませんでした。媒体自体のデザインへの影響は、非デジタルミュージックから引き継ぐ芸術的伝統の一部なのです。

聞き手がレコードをひっくり返す瞬間の数秒の間、アーティストは常に「音のない沈黙の空間」ができることを知っていました。

その「音のない沈黙の空間」をB面の最初のトラックの前に戦略的に作ることによってアーティストの作品に有利に働くのではないかというコンセプトを元に、B面が誕生しました。

トラック間の沈黙が長くなると、似たようなトラックが2曲並んでいる場合、前の曲の感情や残像が次の曲を聴く前にリセットされたりできる効果あります。

曲の配列の決定に影響を与える他の技術的制約もありました。インナーグルーブディストーションは、レコードの両面の終わりに向かって音質の問題を引き起こします。

この種のディストーションが多くのレーベルでよく見られるバラードやより柔らかい曲をレコードの最後に配置するトレンドを作りました。

意識的にあるいは無意識のうちに、これらの曲の配列の傾向は現代のアルバムやストリーミングアルバムに持ち越されました。

4. シングルトラックの重要性

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/PhysicalFormats_Jukebox.jpg

7インチの45 rpmシングルは、これまでに開発された中で最も購入された音楽フォーマットの1つでした。

若者たちが初めて自分の好きな曲をきちんと所有することができるほど、シングルは手の届く価格だったため、シングルは非常に人気がありました。

さらにシングルの小さいサイズは携帯性を高めそして容易にどこでも曲を聴けるようにしました。ある意味、7インチのよくまとめられたコレクションがプレイリストの最も初期のバージョンだったと言っても過言ではありません。

ある意味では、7インチのよくまとめられたコレクションがプレイリストの最も初期のバージョンでした。

シングルの販売が私達が今日でよく知っているヒットパレードとシングルチャートの開発に繋がりました。

今日シングルについて話すとき、私達はもはや媒体自体について言及していません。 「シングル」というアイデアは、アーティストがリリースしたアルバム内の一番メインのトラックに関連付けられています。

しかし、「シングル」の元の発想は覚えておくとなにかと便利な概念です。リリースするシングルはその1曲だけで印象深く、そして勝負できるクオリティーでなければ、他の曲に埋もれてしまいます。

あなたのリスナーがたった1曲を購入するためにお金を払う場合、その曲にはそのお金の価値があるでしょうか?その曲はあなたの音楽に新しいリスナーを紹介するのに必要なすべてを表現していますか?

5. リリースに関する追加情報

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/PhysicalFormats_CDBooklet.jpg

非デジタル音楽媒体はアーティストやレーベルに自分達の音楽について表現するスペースを提供します。

ライナーノーツは、音楽の作られた背景などに興味があるリスナーが、その手がかりを探すための最初の場所でした。

もともとライナーノーツはLPを収容した保護スリーブにテキスト印刷されただけのものでした。

しかし、そこに音楽制作の詳細、追加情報、および補足的なアーティストの情報を含むようになりました。

ライナーノーツは、CDケースの小冊子にまで及んだ非デジタル音楽時代の一部でした。

自分の好きな音楽の作成背景などの興味深い情報を発見することは非デジタル媒体のライナーノーツをデジタルでは実現できない魅力的な存在にしました。

熱心なリスナーはまだこの種の情報を切望しています。同じ様な感覚の発見的要素を試す価値があります。

あなたのアルバム制作に関与したすべての人は忘れずに記載しましょう。バンドメンバーと各役割を一覧表示します。そして、バンドがどこでいつ結成されたかを語ってみるのも良いでしょう。スペシャル感謝リストを作成します。

現実世界への直接リンクはデジタルアルバムを人間的要素をあたえる手助けをします。

6. 音楽オブジェクトの力

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/08/PhysicalFormats_RecordsStore.jpg

私たちが非デジタル音楽から持ち出すことができる最も重要なことは、愛好家がレコードに対して持っている不朽の愛と賛賞です。

過去に、自分のレコードコレクションはあなた自身についてとあなたが今まで辿ってきた音楽の背景について多くのことを語っていました。

ある年齢層の誰もがFrampton Comes Aliveのコピーを所有しているように見えるのはなぜでしょうか?いくつかのレコードは純粋物として音楽的瞬間の一部になってきたからです。

レコードコレクションが占める物理的スペースは、今日のマイスペースにはちょっと驚異的です。それでも、多くの人はいまだにレコードをあちこちに飾ったりし、最も大切な宝物として手放すことを拒んでいます。

レコードコレクションが占める物理的スペースは、今日のマイスペースにはちょっと驚異的です。

現代のアルバムもまだレコードがそうであった様な賞賛を刺激することができます。素晴らしい曲は、世代を定義するものであり、デジタルであるかどうかにかかわらず、私たちのアイデンティティにとって不可欠なものです。

人々が自分たちのLPを貴重な宝石のように扱うようにしたのと同じ文化的影響を追求することは、どんなフォーマットを使っていようとも、目標であるべきです。

実際に教訓を生かす

昨日の非デジタル音楽フォーマットにはまとめられたたくさんの歴史があります。 今日、音楽を所有すること自体が過去のものとなってしまったからと言って、全てを捨てる必要は決してありません。

時代に関係なく、自分の時間は自分ができる最高の音楽を作るのに費やされるのが、なによりのご褒美であり、優越な時間の過ごし方です。

その上、私達が持っているメディア媒体の強みに焦点を合わせることは私達が自身の音楽の瞬間瞬間を最大限に活用できる機会に私たちを集中させ続けます。

アナログ時代の教訓についての洞察が得られたので、そこから抜け出して自分の音楽にそれら教訓を適用しましょう。