LANDR BLOG

音楽理論

マイナースケール:悲しい音楽の作り方

マイナースケール:悲しい音楽の作り方

メジャースケールとマイナースケールは、西洋音楽のメロディーの基礎です。 これらの基本的なパターンは、多くのリスナーの基本的な感情と強いつながりがあります。

メジャースケールは通常、楽しい感情に関連付けられていますが、マイナースケールは通常、聴いた人に悲しみや憂鬱な感情を呼び起こします。



マイナースケールの落ち着いたムードは、リスナーに強い影響を与え、マイナースケールの調性が生み出す独特の雰囲気の活用法を習得したい場合は、それらの正しい使い方を学ぶ必要があります。

しかし、マイナー・モードは、より楽しいメジャー・モードよりも複雑です。 いくつかの異なるバージョンがあり、調号を見つけるにはもう少し手間がかかります。

今回の記事では、マイナースケールについて知っておく必要のあるすべてのことと、それを音楽で使用する方法について説明します。

マイナースケールとは何ですか?

マイナースケール(短音階)は、典型的には悲しい感情を生み出す西洋音楽のパターンです。 これには、ナチュラル・マイナー・スケール(またはエオリア旋法)、メロディック・マイナー・スケール、ハーモニック・マイナー・スケールと呼ばれる3つの異なるバリエーションが含まれています。 それぞれの用途はわずかに異なりますが、3つのスケールすべてに、主音がスケール3度下と特徴的な短三度の関係が含まれています。

複雑に聞こえるかもしれませんが、心配しないでください。 マイナースケールで各バリエーションを調べ、それがどこから由来して、どのように使用されるかを説明していきます。

ナチュラル・マイナー・スケール

ナチュラル・マイナーは、マイナースケールの最も単純な形式です。

これは、次の全音・半音のパターンに基づいています。つまり、「全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音」となります。長音階から変更された音階の程度を書くことでパターンを示すことができます

パターンを変更せずに長調の平行調の調号と同等であるため、ナチュラルマイナーと呼ばれます。

各マイナーキーは、レラティブ・マイナーと呼ばれる関連するマイナースケールと調号を共有します。

各マイナーキーは、レラティブ・マイナーと呼ばれる関連するマイナースケールと調号を共有します。

レラティブ・マイナーは、長音階の6度で始まり6度で終わる7音階です。

たとえば、ハ長調の関係調はイ短調です。シャープやフラットのない同じ調号を共有します。

この調号の音符を順番に演奏すると、Aナチュラル・マイナー・スケールが得られます。

この関係は、ナチュラル・マイナーがエオリア旋法と呼ばれる理由でもあります。

これは、長音階の各程度から教会旋法を作るパターンに従いますが、それは別の記事のトピックとして紹介します。

c natural minor diagram

ハーモニック・マイナー・スケール

ナチュラル・マイナーは素晴らしいメランコリックなサウンドを持っていますが、導音は含まれていないためハ調和数列での使用には問題があります。

主に、スケールの3番目と4番目と7番目と主音の間の半音間隔は、ドミナントセブンスの和音にその倍音力を与えるものです。

これらのトーンは、楽句の緊張を解放するために、自然に主和音に対して上下に進みたいと考えています。

ただし、ナチュラル・マイナーの5度で4音の和音を作ると、ドミナントセブンスは得られません。

そのためには、ナチュラル・マイナーの第7音を半音上げる必要があります。

結果として得られるスケールは、機能的なハーモニーのキーであるマイナーのV7に不可欠な要素が含まれているため、ハーモニック・マイナーと呼ばれます。

ハーモニック・マイナーには全音・半音パターンがあり、「全音・半音・全音・全音・半音」になります。

c harmonic minor diagram

メロディック・マイナー・スケール

ハーモニック・マイナーは、ナチュラル・マイナー・スケールでハーモニックの問題を処理しますが、ハーモニック・マイナーも独自の問題があります。

ハーモニック・マイナーでは、音階の6度と7度の間隔は1.5半音です。これは、ドミナントセブンスの和音の上げられた導音に対応するためです。

残念ながら、この増二度のステップは、メロディーやボイスリーディングにとって少し厄介な場合があります。

メロディック・マイナーはその問題を独自の方法で解決します。

メロディック・マイナーでは、句が昇順のときにスケールの第6音と第7音が上がります。

メロディック・マイナーでは、句が昇順のときにスケールの第6音と第7音が上がります。

メロディック・マイナーでは、句が昇順のときにスケールの第6音と第7音が上がります。
メロディーが下降している場合、ナチュラル・マイナーのように7度が下がります。

これにより厄介なスキップなしに、音符間のスムーズなメロディー遷移を維持します。

メジャースケールからの変更点は次のとおりです。

アドバイス:ジャズでは、メロディック・マイナーには常に6度と7度の上昇が含まれます(昇順と下降)。

c melodic minor diagram

マイナー・モード

悲しみとメランコリックな音に関しては、特徴的な短3度の音階を共有するいくつかのモードがあります。

前途ナチュラル・マイナー・スケールでエオリア旋法については少し触れましたが、この単純な短調性は、曲の興味深いメロディックでハーモニックな中心になる可能性があることを繰り返してお伝えしたいと思います。

エオリア旋法の5度で和音を作成することで生じるマイナーVの和音は、ロックやポップでよく使用されます。

メロディックなマイナー・スケールも、6度上げられたドリア旋法と密接に関連しています。 ドリアン旋法はおそらくポップミュージックにおいてはさらに一般的に使われており、音楽史を通して多くの例が多々あります。

リアン旋法はおそらくポップミュージックにおいてはさらに一般的に使われており、音楽史を通して多くの例が多々あります。



最後に、フリギア旋法にもマイナーな3番目の音階がありますが、2番目の音階が低くなっているため、さらに暗く、陰気に聞こえます。



マイナースケールのサウンドに関しては、試せることがたくさんあります。

マイナーリーグ

リスナーに悲しい感情を呼び起こしたいのであれば、マイナースケールで音楽を書くことは不可欠です。

マイナースケールは複雑に見えるかもしれませんが、それぞれの機能と使用場所を知っていれば、問題はありません。

今回の記事参考にしてみて、和音と音階の暗くて暗い面の探索を始めてみてはいかがでしょうか。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿