LANDR BLOG

録音音楽機器

マイクの種類:自分の曲に最適なマイクの選び方

マイクの種類:自分の曲に最適なマイクの選び方

世の中には無数のマイクがあります。最高のマイクを選ぶことでさえ、かなり大変な作業です。

しかし、見た目ほどめまいがする必要はありません。 生産されるマイクの数は年々増えていますが、空間の音波を捉える方法はそれほど多くありません。

従って、使用する必要があるマイクの種類がわかっていれば、選択肢を絞り込んでその仕事に適したツールを見つけることができます。

この記事では、最も一般的で使い勝手が良い4つのマイクの種類すべてと、各マイクが最も特徴的な機能について説明します。

ダイナミックマイク

Dynamic Microphones

ダイナミックマイクは、マイクロフォンの世界の主力製品です。

ダイナミックマイクは安価で、耐久性があり、レコーディングの中で最も一般的な音源のいくつかに関して素晴らしい仕事をします。

マグネットのフィールドに吊り下げられた可動誘導コイルを使用すると、ダイナミックマイクは逆にダイナミックマイクは、マイクロフォンの世界の主力製品です。

ダイナミックマイクは安価で、耐久性があり、レコーディングの中で最も一般的な音源のいくつかに関して素晴らしい仕事をします。

マグネットのフィールドに吊り下げられた可動誘導コイルを使用すると、ダイナミックマイクは逆にスピーカーのように動作します。

ダイナミックマイクはトランジェントに反応し、高いSPLを非常にうまく処理します。これにより、ドラムキット、クローズマイク、ギター、ベースキャブなどの大きな音源に最適です。

ダイナミックマイクがどれほど手頃で多用途であるかを考えると、あなたのマイクコレクションには間違いなくダイナミックマイクが1つあるはずです。

ダイナミックマイクがどれほど手頃で多用途であるかを考えると、あなたのマイクコレクションには間違いなくダイナミックマイクが1つあるはずです。

そして、もしマイク1本のみしか持てないときたら、本当に唯一の真剣な候補者は、Shure SM57があります。多用途のSM57は、レコーディングツールで最も手の届く1つです。

もちろん、以下のようなスタジオでのさまざまな状況に適した、ダイナミックマイクが数多くあります。

これらのマイクはすべて優れた選択肢ですが、どれもSM57の優れた価格性能比を持つものはありません。

SM57はギターキャブとスネアドラムにおいて多くのエンジニアの賢い選択です。

大型ダイヤフラムコンデンサーマイク

Large Diaphragm Condenser Microphones

スタジオレコーディング用マイクを考えるとき大型ダイヤフラムコンデンサーマイクはおそらく最初に頭に浮かぶと思います。

大型ダイヤフラムコンデンサーマイクは多くのプロのレコーディングスタジオで見ることがあり、スタイリッシュで本気に見えるマイクです。

コンデンサーマイクは、音響振動を電流に変換するために蓄電器(またはコンデンサ)を使用することによって機能します。つまり、48Vファンタム電源のような電源が必要です。

また、ダイナミックマイクやリボンマイクよりもはるかに敏感で、より大きな信号を出力することを意味します。

このタイプのマイクの敏感さはボーカルのような静かな音源や極端にダイナミックな音源に理想的です!
大型ダイアフラムコンデンサーマイクは、声に対して多くの音響的に心地良い音質を示します。それらは私プロスタジオのヴォーカルと関連付けるその「人生よりも大きい」的サウンドを創造するのを助けます。

大型ダイアフラムコンデンサーマイクは、声に対して多くの音響的に心地良い音質を示します。

しかし、大型ダイアフラムコンデンサーマイクはあらゆる種類の音源に効果的です。すべてのタスクを処理できる1つのマイクを探している場合は、このタイプのマイクを検討してください。

多くの大型ダイアフラムコンデンサーマイクは選択可能な極性パターンを提供しており、さまざまなレコーディング状況や、スタジオを構築するための最高のマイクの1つとして、非常に用途が広く有用です。

小型ダイヤフラムコンデンサーマイク

Small Diaphragm Condenser Microphones

小型ダイアフラムコンデンサーマイク(ペンシルコンデンサーとも呼ばれる)は、大型ダイアフラムコンデンサーマイクの小型で派手さの低い版のマイクです。

しかし、小さいにもかかわらず、この小型マイクは同じように便利です。 小型ダイアフラムコンデンサは、優れた過渡応答、拡張されたトップエンド、および一貫したピックアップパターンを備えています。

これにより、アコースティック楽器だけでなくリアルなステレオテクニックにも最適です。 クラシック音楽のレコーディングセッションに参加した場合は、ほとんどの場合小型ダイアフラムコンデンサーマイクが設置されているでしょう。

ステレオレコーディングではペアで使用されることが多いので、実際の音響空間の正確なステレオイメージを作成するのに特に効果的です。

リボンマイク

Ribbon Microphones

リボンテクノロジは、マイクロフォンの最も初期の時代にさかのぼります。放送の黄金時代の写真には、古典的なリボンマイクで話すプレゼンターがいっぱいです。

リボンマイクロホンは、磁石の極の間に懸架された導電性材料の極薄リボンを使用してそれらの信号を生成します。

初期のリボンマイクのデザインは信じられないほどもろいものでした。不適切に移動したり、高いSPLにさらしたりするだけで、リボンが破損する可能性がありました。

しかし、その耐久性の弱さにましての価値がありました。リボンマイクは、温かみのある魅力的なビンテージトーンが生成できるのです。

リボンマイクは、温かみのある魅力的なビンテージトーンが生成できるのです。

ギターアンプ、ドラムオーバーヘッド、金管楽器など、過度または過酷なハイエンドの音源を調教する必要がある場合に最適です。

リボンマイクは自然に完璧な8の字極性パターンを作り出し、EQに非常によく反応します。

ヒント:今日のリボンマイクは初期のデザインほど壊れやすいものではありませんが、ダイナミクスやコンデンサーよりも損傷しやすいのです。取り扱いには注意してください。

リボンマイクの最も重要な規則は、決してリボンマイクに48Vのファンタム電源を供給しないということです。リボン自体を感電させる危険があります。

レコーディングでは、マイクの選択はおそらく楽器自体の品質の後に最も重要な要素です。

マイク選択の武器

レコーディングでは、マイクの選択はおそらく楽器自体の品質の後に最も重要な要素です。

あなたのニーズに合った適切なタイプと最高のマイクを選択することによってそれを正しくする方法を学びましょう。

ダイナミクス、リボン、コンデンサーを選択するタイミングがわかったので、早速レコーディング!