LANDR BLOG

インスピレーション

ベースは場所です:ベースラインで楽曲を始めるには

ベースは場所です:ベースラインで楽曲を始めるには

ピタッとはまるベースライン。

音楽を構成するのに最も難しい部分の1つは、効果的なベースラインの作り方です。

ベースラインは、曲の和音構成によって主音ではなく他の構成音や別の音(同じピッチまたは異なるピッチ)のことを言います。

ベースラインを構成するには、数え切れないほどの方法がありますが、この記事ではDAW内のハードウェアシンセサイザやVSTのシーケンシングを中心に説明します。

ほとんどのジャンルはそのリズムパターン(ビート)にオーソドックスな4分の4拍子に従いますが、シンセやベースラインでは自由度が増します。そして、経験が浅ければ、その自由が難しく感じるでしょう。

シンプルイズベストですが、過度に複雑なベースラインだったり、その逆に過度にシンプルすぎるベースラインは共に望ましくありません。

最適なベースラインを構成し、配列し、アレンジし、そしてベースラインに合わせたベストなトラック制作をするに役立つ方法をご紹介します。

トラックのパート

良いメロディーとリズミカルな要素を作成するには、曲の残りを理解し、その要素が他のすべての要素とどのように適合するかで始まります。

一般的に曲は以下の要素が含まれます。

  1. ビート:繰り返しの音のパターン。これは主にキック、スネア、ハイハットのような打楽器的な要素です。
  2. ベースライン:低い周波数の音符のシーケンス
  3. メロディー:通常中位から上位の音域のピッチの異なる音符の集合体、、そしてその一連の音符が連続して演奏される
  4. 和音:高さが異なる複数(3つが一般的)のピッチの楽音が同時にひびく音のこと。 和音はプログレッションとして演奏することも、単独で演奏することもできます(スタブとも呼ばれます)。

これらの4つの要素が、通常曲の中核を構成します。 もちろん、他の要素を加えたり、取り除いたりすることもできます。 DAW内のプロジェクト数もまちまちで、例えば4つのトラックから、多いとトラック数400に登ることもあります。最終的には、トラック数はあなた次第です。

しかし、あなたの楽曲に要素がいくつあっても、曲の骨格にビートを使うことは、他のセクションを書き始めるのに最適な場所です。

ビートは、作曲の他のすべての重要な部分をまとめ、トラックの支柱または基盤として機能します。

ビートを一度完成させれば、トラックの他の部分がより簡単に収まるようになります。次に考えたい最も簡単な要素は、ベースラインです。

ビートを完成させ曲の基盤をしっかりさせたため、キックやその他のパーカッシブな要素に満足しているときは、シンセとベースラインを書くことに移ります。

一度ビートをつければ、トラックの他の部分がより簡単に収まるようになります。

スタブ、アンビエントレイヤー、コード進行などの追加要素は、後で作業工程に追加する方が簡単です。

ツールを選択する

重要な要素が何であるかを知ったので、実際の音がどのようなものになるかを理解するときです。VSTについて言えば、多くの選択肢があります。

今使っているDAWには既に大きなオプションが組み込まれているケースが多々なので、DAWで作業し始めるのは良い出発点です。

また、DAW以外のVSTを探しているのなら、ここでお気に入りの無料ベースVSTシンセVSTが紹介してあります。 各プラグインのコントロールは異なりますが、ベースラインを構成する一般的なコンセプトは変わりません。

この例では、AbletonのOperatorを使用します。 あなたが探しているものに応じてベースラインやリードのDAWネイティブVSTです。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/08/LANDR__0000_1.-Operator-default.jpg

一度必要なツールが揃えば、いくつかの音作りをし、そしてそれらを適切な場所に置く時です。


実際に音を出す

あなたのビートに合ったベースライン用のサウンドを見つけることは、常にいくつかの試みを必要とします。

お互いを相補しながら、トラックの各要素を目立たせたいとします。 あまりにも似ている音同士は避けてください。

似ている音は良いように見えるかもしれませんが(トラックをまとめるにあたり)、同じ
EQ設定をあまりにも多く共有する音は、楽曲の一部が衝突する原因となります。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2016/12/FrequencySpectrumDivision.gif

これは、周波数マスキングと呼ばれ、1つのサウンドからのオーディオ信号が、同じ時間に再生されるときに、別の同様のサウンドを聴く能力に影響を及ぼす、いらいらする現象です。

音楽や作曲は主観的なので、自分の創造的な直感を信頼してください。 あなたがそれが良いと思うなら、その通りに!

例:低いベースバンド、サブベースのベースバンド、低いベースバンドのベースラインを持つ4/4パターンのキックがある場合、その時にキックとして聞こえるベースラインの音は聞こえないかもしれません。

結果?キックとベースはソロでは盛り上って聴こえるが、ミックスの中では残念ながらフラットで命のない音に聴こえる。 この解決策は、各音が占める周波数範囲を認識することによって衝突しない音を選択することです。

マスキングは、サイドチェーンコンプレッションやEQなどのプロセスで後で修正できますが、限界があります。 録音中やフェーズの調整中に衝突しないサウンドを選ぶことで、ミキシングを開始するときに時間と努力を大幅に節約できます。

もちろん音楽と作曲は主観的なものなので、あなたの創造的な直感を信頼してください。 あなたがそれが良いと思うなら、その通りに!

シーケンスへの道

正しいサウンドが選べるようになったので、シーケンシング、アレンジ、録音してみましょう。

ベースラインのために選択した音符は、後でトラックのキーを決定することに注意してください。 従って、特定のコード進行、つまりメロディーを念頭に置いている場合は、ベース・ノートが正しいキーに入っていることを確認してください。

そのことを念頭に置いて、DAWにベースラインを書き込んでシーケンスする方法はいくつかあります。

ドローモードの使用:

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/08/LANDR__0001_2.-operator-draw-pattern.jpg

ドローモードでは、シーケンスをMIDIノートエディタに描画するだけです。 このように作業することで、ノートの配置や、物理的に演奏できないベースラインを引き出すことができるようになります。

描画モードの視覚的な側面も役立ちます。 それはベースラインがどのように広がり、それを聴くかを見ることができます。 例えば余分な音符の完璧な置き場所を見つけるような作業は、この方がずっと簡単です。

アドバイス:オクターブを選択したら、MIDIエディタのプレビュー(サウンド)をオフにしてパターンをシーケンスします。視覚的なパターンを作成し、その後に耳を傾けることに焦点を合わせます。視覚的に魅力的なものが魅力的に聴こえるかどうかに驚くことでしょう。覚えておいて欲しいことは、しばしばシンプルイズベストと言うことです。

少しフラットに聴こえる場合、戻ってより高いオクターブのいくつかのノートを追加することにより(しかし、同じキー内で)曲のシーケンスに一味追加することができます。

各音符のベロシティを調整することで、トラックにもすばらしいグルーブを追加することができ、演奏をもっとエキサイティングにすることができます。ピアノロールの下部にある赤色のベロシティマーカーを調整するだけです(上記参照)。

MIDIコントローラーの使用:

MIDIコントローラーを使用すると、実際に手で作業することができ、「柔軟性に欠ける」シーケンスになることが減ります。

キーの操作に一番のメリットは、ジャムの側面です。複数の「リフ」でフル・パフォーマンスをレコーディングすることは、いち早くベースラインを発見するのに役立ちます。好きなセクションとジャムのセクションと聴き比べ、機能していない部分を取り除きます。

MIDIコントローラーでシーケンスを録音したが、音符のタイミングが少しずれている場合は、クオンタイズを使用してすべてを引き締めてください。

クオンタイズしない:

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/08/LANDR__0003_4.-unquantized-sequence.jpg

クオンタイズする:

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/08/LANDR__0005_6.-quantized-sequence.jpg

クオンタイズのメニューはDAWによって異なります。 AbletonでMIDIノートをクオンタイズする方法は次のとおりです。

  1. MIDIノートエディタの内部をクリックして選択します
  2. 編集>すべてを選択
  3. 編集>クオンタイズ設定
  4. 1/16にクオンタイズ(4分音符で作業している場合)、Adjust Noteの下にある「start」を選択し、音量を100%に変更します
https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/08/LANDR__0004_5.-quantize.jpg

クオンタイズでノートをグリッドに合わせることができます。これは、ベースラインのアイデアの大まかなスケッチを整理するのに最適です。

クオンタイズを使用することの欠点は、ノートが意図しなかった方法でグリッドにスナップして、シーケンスのサウンドを変えたり、その人間的な要素をあなたの演奏から外したりすることです。

いつでもやり直しがきくので、完璧なタッチを見つけるためにいくつかのノートを移動したり、グルーブのためのいくつかのDAWのスイングを追加したりできることは忘れないでください。

MIDIキーボードとドローモードをコンボとして使用する場合:

MIDIキーボードを使用してシーケンスを録音します。終了したら、MIDIエディタに戻ってノートを調整し、必要なグリッドにスナップします。サウンドとMIDIパフォーマンスをより詳細にコントロールできます。

ベースラインを聴いて、自分のアレンジに少し微調整を加えることは、両方のワークフローの中で最高のものを提供するので、最も効果的な方法です。

しかし、最初の演奏の後に追加するものには注意してください。あまりにも多くの音符を描くと、シンプルで効果的なアレンジを複雑で混乱した作曲にいとも簡単に変えてしまいます。できるだけ控えめに描いてください。

モノ ON

ベースラインは際立っているはずです。 ポリフォニック・シンセ(複数の声部を持つシンセ)にシーケンスを書き込むことで、ノートを互いにブレンドして濁った音にすることができます。

モノラルまたはシングルボイスのシンセは、一度に1つの音符を演奏します。前の音符は、次の音符が始まると途切れます。 これにより、特にベースラインに適した明瞭で集中的なシーケンスが作成されます。

Abletonのオペレーターで1つのボイスに切り替えるには、ボイスタブをクリックして1を選択する:

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/08/LANDR__0006_7.-change-to-mono.jpg

完成させる:あなたのサウンドを形作り、エフェクトを加える

コンプおよびEQ

シーケンスに満足したら、コンプとEQを使用してサウンドをさらに形作り、そのフィニッシングタッチを追加します。

簡単に言えば、コンプは、オーディオの最も大きな部分と最も静かな部分との間のダイナミックレンジを小さくします。コンプを正しく使用すると、パンチと存在感がベースラインに追加されます。

EQはビートとベースを構築するときにも有効です。シンプルなEQ 3 rackをDAWに使って、サウンドを調整し、前に説明したマスキングの問題を修正できます。

トラックの他の部分と衝突する可能性のあるベースライン周波数を刻むためにEQを使います。

オーディオエフェクト:

シンセサイザーやベースラインにオーディオエフェクトを加えることは、常に仕上げのタッチでなければなりません。エフェクトはあまり効果がありませんので、エフェクトを追加する前に満足している堅実なサウンドを持つことが非常に重要です。エフェクトを使用してサウンドを強化し、全体を変更することはありません。

ベースラインになると、特定のエフェクトが他のエフェクトよりも優れています。例:コーラスは、ミックスのベースラインを太く厚みのある音にするのに最適な方法です。オーディオエフェクトガイドでミックス全体でエフェクトを使用する方法の詳細をご覧ください。

習うより慣れろ

ベースラインには時間がかかることを忘れないでください。 シンセとベースラインは厄介で、経験豊富なプロデューサーでもそれを構成するのに苦労することがあります。

あなたがちょうどこれから作曲し出すなら、作曲ラインを作るためのこれらのアドバイスとヒントは、きっと何かの役に立つことです。そしてプロデューサーとしての自信を構築するのに役立ちます。

今度ベースラインが必要なとき、適切なツールはすでに用意され、トラックの残りの部分はその周りに配置されます。

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿