LANDR BLOG

ミキシングとマスタリング音楽機器

パニングを活用して自分のミックスの音圧を上げる方法

パニングを活用して自分のミックスの音圧を上げる方法

パンをただ使わないでください。パンは思った以上の価値があります。

良い音楽に共通しているものが1つあります、それは「空間」です。

空間は音楽に明瞭さの要素を加えます。局内のスペースは使われている楽器のどれもが競争し合ってないことを明確にし、さらに音に「幅」を与えます。

しかし、ミックスに「幅」と「空間」を与えることは複雑でもあります。ラッキーなことに、それはしばしば見落とされがちですが、実は瞬時にミックスの明瞭さと空間を与える簡単な方法が存在します。

解決方法はパンニングです。

この記事ではパンニング(略:パン)について知っておく必要がある基本を紹介します。 パンを駆使して、前にはなかった大きな空間と明瞭さをミックスに加えましょう。

低域が中心

すべての良いミックスにはコア(中心)があります。 ステレオ・イメージ(立体音響)の中心がコアである必要があります。 しかし、そのコアには何がくるべきでしょうか?

センターにパンする要素が、ミックスの後ろ盾です。

ミックスに堅実なコアを与える最善の方法は、中心に低い周波数の音をキープすることです。 つまり、キック、ベース、120hz以下のものを意味します。

もし、トラックにリードボーカルがある場合は、リードボーカルをセンターにパンします。 左または右に複製されエフェクトをかけたボーカルをパンすることなんかも試して見て、どんな感じになるか聴くのも良いかもしれません。

しかし、一般的に、リードボーカルが常に中心にパンされる必要があります。

やるからには、思いっきりパンする

最初からハードにパンすることを恐れないでください。

私が以前よくしていた間違いは、パンをソフトにしかかけなかったことです。 パンしても、十分ではないことが多かったです。 不十分にちょっとだけ左または右に少しトラックを置くだけでした。

これは簡単な間違いですが、ミックスを逆にごちゃごちゃにしてしまいます。 だから重要なのは、パンにコミット。 パンするなら、がっちりし、サウンドを左、右、または中央に配置しましょう。

LRAC

がっちりパンニングする癖をつけるのは良いスタート地点です。ミックスにがっつりパンしてみて、瞬時に空間と余裕を作りましょう。

すべての要素の位置関係を理解すれば、他の空間でさらに試すことができます。

周波数って何ですか、ケネス?

パニングはこれまで読んで見てシンプルだと感じていただけましたか? 次は、どの音をどっち側に置くかを理解する時間です。

中央には低域のサウンドを置くのはわかりましたよね。早速いくつか他の音を左右に置いてみましょう。

周波数を分析することが何をパンするかを決める最良の方法です。

同じ周波数で空間を絞め合っている2つの音がある場合、左に1つ、右に1つパンします。

例えば、ピアノの曲で迷子になっているシンセのパートがある場合は、シンセを左に、ピアノを右にパンします。

どの周波数を左右どちらに置くかわからない場合、ミックスに周波数アナライザをかけて、どの音が同じ空間を共有しているかを把握してください。 それに応じてパンします。

freq_700

イメージのバランスをとる

誰も偏ったミックスは好きではないですよね。 ただ単に良く聴こえません。 だからミックスのバランスを保つことが重要になります。

片側に要素固まりすぎていないことを確認するために、ミックスをチェックしてください。

例えば、左に何も置かず、すべてを右に配置してしまうと、ミックスも疲れて聴こえ、耳も混乱するように聴こえるでしょう。

鉄則は、両側に同じ数の要素を配置することが大切です。 ミックスをペアとして見て、ある要素と別の要素とのバランスをとってみてください。

パンを閉まった空間でチェック

ヘッドフォンでパンをチェックしてください。 モニターはパンがどのようになっているかを知ることができます。 しかし、解放された空間で聴くと、音は両方の耳に漏れてしまいます。

一番良いパンのチェックの方法は、ヘッドフォンでチェックすることです。 アクティブリスニングのテクニックを使い、ミックスの残りの部分とは独立して各パートを聴くようにしてください。

cans_700

各パートの位置関係を知り、ミックスを全体の音像として聴くようにしましょう。

パンを自動化

ミックスにスペースを作ったあとは、その空間内でいくつかのサウンド要素を動かします。

オートパンでは、特定のサウンドをトラックを通してステレオ・スペクトラム全体に移動させます。

これはアンビエントレイヤーや微妙なパーカッションで特に効果的です。 しかし、とりあえずミックスの中でそれを試すことはして見てください。

ほとんどのDAWソフトウェアはアレンジウィンドウに自動化機能を備えています。 従って、DAWの機能を知り、自分のサウンドに最適なパンオートメーションを見つけてください。

automate

自動パンニングは、音楽のレイヤー化や、より多くの動きがあるサウンドを得るのに最適です。

パンニングの自動化がもたらす暗黙の空間は、ミックスで作成したすべての幅をハイライト表示します。

思考とパン

これらのパンニングの基本は、あなたのミックスに大きなスペースを与えます。

ミキシングのすべてのものと同様、パンニングは創造的でなければなりません。 だから、あなたのミックスをパンニングして、何が一番うまくいくかを試して、見つけてください。

基礎を学び、常にあなたの音に合わせた曲作りを。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿