LANDR BLOG

ミキシングとマスタリング

ディザって何ですか?どんな時に使うものですか?

ディザって何ですか?どんな時に使うものですか?

ラウドネス、コンプレッションマスタリングなどのトピックは、エンジニアたちがこぞって興味を引くトピックの主流です。

そして、ディザリング。

デジタルオーディオの基本とはかなり深い関係があるため、ディザリングはちょっと近寄りがたいトピックの対象になる可能性があります。

しかし、ディザを正しく適用することは非常にシンプルで簡単です。 「なにをする」と「なぜするのか」の部分をしっかり理解すれば、ディザリングするかどうか心配する必要な将来なくなるでしょう。

ディザリングとは何ですか?

ディザリングは、ビット深度を変更するときのエラー(ノイズ)を減らすためにオーディオに低レベルノイズ追加し失ったほのを補うことです。

たぶん「なんでノイズを追加することで、自分のレコーディングがより良く聴こえるようになるの? ノイズは悪いんですよね?」なんて感じていると思います。

ディザは単なる音楽用語ではなく、さらにディザリングで補完するために加えるノイズは実際にはランダムな変動に似ています。

実際、ディザという言葉は「神経振動」を意味します。その意味はディザの発見されかたに由来します。

エンジニアは、機械式航空機のコンピュータが地上よりも飛行中に正確に動作することを発見しました。

飛行機のエンジンから出る振動は、実際に機械の粘性のある可動部分の精度を向上させました。

ディザリングがトラックに加えるノイズも同じように機能します。 デジタルオーディオファイルの精度を向上させるのに役立ちます。

どんな時にディザリングって使うべき?

ディザリングに深入りする前に、ベストプラクティスから始めましょう。

次の3つのガイドラインに従えば、ディザリングを使ったからということで問題が発生することはありません。

  1. 必要がない限り、絶対にするファイルタイプを変更しないでください。 24-bit / 44.1kHzでトラッキングした場合は、その設定にとどまりましょう!何らかの理由でダウンサンプリングする必要がある場合は、変換中に必ずディザリングしてください。
  2. ファイルがDAWからエクスポートされる時までディザリングは取っておきます。エクスポート中に1回だけディザリングします。
  3. マスタリングのためにファイルを送信する場合は、32-bit floatファイルを書き出すことができればディザリングしないでおいてください。この場合、マスタリングがディザを処理します。 32-bit float以外のものをエクスポートするときは、ディザリングする必要があります。これには、記録したビット深度と同じビット深度のファイルをバウンスするときも含まれます。

以上だけです!ディザについてもう二度と考えたくないと感じた場合、ここでやめて最新のプロジェクトに戻ってください。しかし、まだちょっと理解していないと感じた場合、またはこれらのルールに従うべき理由を知りたい場合は、続きをお読みください。

これからディザについて知りたいと思っていたが、尋ねることを恐れていたものすべてを紹介します。

ビット深度を選択するとき、実際に録音中に作成するファイルの精度が選択されます。

ビット深度

基本から始めましょう。 ここではデジタルオーディオについて話していきます!

録音時にコンピュータが作成するファイルは、オーディオインターフェイスに接続したもののアナログ信号がデジタル表現されたものです。

録音を開始する前に、DAWセッションのサンプルレートとビット深度を選択する必要があります。 ビット深度を選択すると、実際に録音中に作成するファイルの精度が選択されます。

各追加されたビットは、ADC(アナログ/デジタルコンバータ)が入力信号のレベルを測定する必要がある分解能を向上させます。

そのため、LANDRマスタリング用の24ビットファイルをレコーディングすることをお勧めします。 24ビットはほとんどのDAWで利用可能な最良のオプションです。

エラーの影響を減らす

ファイルがDAWに入ったら、解像度を下げるときは気をつけてください。 注意しないと、ビット深度を小さくすると、デジタルエラーが発生します。

しかし、プロセスのある時点で解像度を下げをしなければなりません。 その理由は次のとおりです。

DAWは、オーディオファイルよりも高い解像度でフェーダー、バス、およびプラグインに電力を供給する計算を行います。

DAWは、オーディオファイルよりも高い解像度でフェーダー、バス、およびプラグインに電力を供給する計算を行います。

DAWは、オーディオファイルよりも高い解像度でフェーダー、バス、およびプラグインに電力を供給する計算を行います。

つまり、ファイルを32-bit floatで書き出していない限り、DAWからエクスポートするときにトラックの解像度が下がり、エラーが発生します。

デジタルファイルのエラーは、ノイズや歪みなどの現実世界の実際のトラックがどう聴こえるかに直結した問題を起こします。

この歪みは、システムのダイナミックレンジの中で最も静かな部分でのみ発生しますが、適切なディザリングで修正されます。

エラーの視覚化

上記の意味を理解するために、オーディオ画像内のどのようなエラーが発生しているのかを見てみましょう。

new old dithering3__1428355970_24.37.204.38

  • 左の画像が元の画像です。 フル解像度でDAWに録音したファイルと似ています。
  • 真中心の画像は、それらの素朴なファイルを取り、ビット深度を劇的に減らしたものです。 イメージを認識するのはかなり難しいです。
  • 右の画像は同じ比率のビット深度が減っていますが、これにはディザが適用されています。

見た目が良いですよね! しかし、どのように低解像度の画像をディザで良く見えるようにすることができるのでしょうか?

解像度を下げたときに、詳細をできるだけ詳しく表現するファイル内の多くの情報を捨てなければいけません。

その情報がどのように切り捨てられるかが、なぜディザリングが重要なのかの理由です。 エラーを最小限に抑えることは大きな影響を与えます。

ビット深度の削減によってオーディオファイルの情報が消去された場合のファイルに起きる影響を正確に見てみましょう。

数値の切り上げ下げ&切り捨て

24ビットのファイルを16ビットのファイルに変更する必要があるとします。それらを適合させるために、元の24ビットファイルからのすべての情報を16ビットスペースに移動する必要があります。

つまり、何かが残っていなければならないということです。しかし、どのようにしてダメージを最小限に抑えられるのでしょうか?

第一の選択肢は、数字を簡単に切ってフィットさせることです。これは切捨てと呼ばれ、問題を解決する最も不正確な方法です。

数字を切り捨てるのではなく、24ビットのオーディオを16ビットで表現することに近づけるために、数値を切り上げたり下げたりすることができます。

しかし、切り上げたり下げたりする必要がある数字が真ん中にあるときはどうなりますか?経験則を試してみてください。途中で数字が出現するたびに切り上げることにします。

こうすれば、少なくともあなたは正しい時が来るでしょう。でもその分、あなたが間違っているということも分かります!

ディザが加えるノイズ(またはランダムな変動)は、基本的に切り上げ下げの決定をランダム化します。

ディザリング後、切り捨てまたは切り上げ下げによって生成される歪みは、検出可能な効果がはるかに小さくなります。

ディザリング後、切り捨てまたは切り上げ下げによって生成される歪みは、検出可能な効果がはるかに小さくなります。

ディザリングハイツ

切り上げ下げとエラーを伴うこのすべてのディザに関することは完全に学術的に思えるかもしれませんが、正しいディザリングは最終作品に違いを生むことがあります。

少なくとも、プロジェクトの正しいポイントでディザを追加することは、ほんの少しの改善であっても、ワンクリックでミックスを改善するのに最も近いことです。

エンジニアとして、可能な限り最高の音を得るために努力する必要があります。それを改善する機会を逃すことはありません。

ディザについてのの知識が備わったところで、DAWに戻り、いくつかのトラックをバウンスしましょう。

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿