音楽を作る、他はLANDRにお任せ。
さらにLANDRについて

オススメ記事

作詞作曲において「他人の真似事」から「他人から刺激を受ける事」を分ける方法

オリジナルになりたいという願望は、実際に新しくユニークな音楽をリリースすることから遥か遠く離れた存在です。 すべての音楽はそれ以前の音楽によって何らかの影響を必ず受けています。 しかし、音楽のように長い歴史を持つ芸術の形では、インスピレーションはどこで終わってしまし、真似をすることはどこからはじまるのでしょうか? 非常に多くの音楽が簡単に手に入るようになった今日、この「オリジナルvs模倣」のバトルは多くの意欲的なミュージシャンが直面している最も重要な問題です。 リスナーを見つけることができる音楽は、ほとんどの場合、個々の独創性を発見しそれを受け入れたミュージシャンによって作られます。 他のミュージシャンの真似をすることは簡単で、多くのソングライターやプロデューサーの中にもたくさん真似ばっかりしている人はいますが、そこから生まれる音楽に持続性や可能性はさほどありません。 それでは、どうやって周りから良い刺激を受けてそれを新しいものに変えられるのでしょうか? 好きなアーティストや、その好きなアーティストの作品の何に興味を惹かれるかをしっかり突き止めていないと、模倣の罠に陥りやすくなります。 今回は、音楽制作における独創性という難しいテーマを取り上げ、自分のスタイルを損なうことなく外部から受ける自分の音楽に対する影響を尊重する方法についてのヒントを紹介します。 自分と共鳴する音楽を定義する まずは時間をかけても良いので、誰や何から自分は音楽的な影響を受けているのか見極めることから始めましょう。 好きなアーティストや、その好きなアーティストの作品の何に興味を惹かれるかをしっかり突き止めていないと、模倣の罠に陥りやすくなります。 影響力のあるアーティストの歌い方や音楽の制作方法などの属性を特定することは、以下のいくつかの点で役立ちます。 First, it will allow you to grow your own original taste and appreciation for music. This is crucial for…