LANDR BLOG

音楽理論

テンション・コード:テンション・コードを使って曲に色付けをする方法

テンション・コード:テンション・コードを使って曲に色付けをする方法

和音(コード)は作曲を支える柱です。 リズムとメロディーとともに、ハーモニーは作曲の最も基本的な部分の1つです。

コードの音だけでもアーティスト一人一人の音楽のアイデンティティについて多くを知ることができます。 単純なハーモニック構造はうまく機能しますが、豊かなコードは歌を際立たせることができます。

和音にテンション・コードを追加するのは、つまりその豊かさを自分のトラックに取り込む方法です。

この記事では、テンション・コードを作成し、それらを活用して自分の曲を3和音を超えて活用する方法を説明していきたいと思います。

テンション・コードとは何ですか?

テンション・コードは、和音の基本的な3和音に加えて、追加の色調を持つ縦型のソノリティです。

テンション・コードは、和音の基本的な3和音に加えて、追加の色調を持つ縦型のソノリティです。

上記の説明が難しいと感じても心配しないでください。 この記事ではテンション・コードを理解するために必要なすべてのことを最初から復習していきます。

和音の構成

テンション・コードを追加することは、和音を作ることから始まります。

和音についての復習が必要なら、和音の作り方の記事をチェックしてください。

基本はとても簡単です。 音階の上に3度で積み重ねられてできているのが三和音です。
それらのインターバル(2つの音程の差)と根音の関係が和音の質を決定します。

和音を識別するためには、各インターバルの縮尺度と質を覚えておく必要があります。

たとえば、サード(三番目の音)を重ねると、雪だるまみたいなのができます。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/01/Extensions101_1-CMaj.jpg

インターバルを特定することによって、主要な3和音を見ていることに気がつくでしょう。

ここまでは順調ですよね。

さらに一歩深く行ってみましょう。

あなたが耳のトレーニングを実践しているのであれば、いくつかのコ和音には4つ以上の音が含まれていることをおそらく知っているでしょう。

しかし、和音にどんな音を追加することができるでしょうか? どしたら良いのか、そしてそれは音にどのような影響があるのでしょうか?

セブンスコード

3つの音符で作り出すことができる4和音のクオリティーについて知っているでしょう。 Major(メジャー)、Minor(マイナー)、Diminished(ディミニッシュ、減)、Augmented(オーグメント、増)になります。 もう1つミックスに追加するとどうなるでしょうか?

はじめに、雪だるまの最後の音符の上にサードを追加してみます。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/01/Extensions101_2-CMaj7.jpg

ルートに対する各音符のインターバルを評価すると、長3度(メジャー3rd)、完全5度(パーフェクト5th)、長7度(メジャー7th)があります。

それはコードを長7度として識別します。
しかし、インターバルのクオリティを変えるたびに、結果として得られるコードのクオリティも変わります。

すべての組み合わせを試してみると、次のようになります。

  • 長7度(メジャー7th)
  • 属7の和音(ドミナント7th)
  • 短7度(マイナー7th
  • 減五短七の和音(ハーフディミニッシュ7th)

まずは最も一般的に使用されている最初の3つに焦点を当てていきます。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/02/Extensions101_3-CMaj7-extensions.gif

あなたの語彙にこれらの四和音を追加することはかなり広い範囲のオプションを与えることになります!

他の音階?

四和音は、まだテンションされているとは考えられません。

四和音すべてのインターバルの関係がコードのクオリティーに影響を与えるので、コードの最初の4つの音符をコードトーンと呼びます。

四和音すべてのインターバルの関係がコードのクオリティーに影響を与えるので、コードの最初の4つの音符をコードトーンと呼びます。

しかし、例に戻って、雪だるまにさらにサードを追加してみましょう(雪だるまがトーテムポールのように見え始めました)。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/01/Extensions101_4-CMaj9.jpg

この音符とトニックの関係を評価すると、結果は異なります。それはスケールの二度ですが、1オクターブ上です。

これはナインスです。これが最初のテンション・コードです。

テンション・コードはトーテムポールのサードに重なるノートですが、コード全体の質を変える効果はありません。

これらの音符を音色をつけるためコー​​ドに追加することはできますが、それらのインターバルの質はコードの基本構造を変えることはありません。

この場合の和音は、シーメジャーナインスになります。

ナインスが和音に与える音色を聴いてください。
根元とサードの両方に近接していることから心地よいテンションがあります。和音はより豊かに聴こえますが、それはまだメジャーセブンスです。

ここまでは順調ですね。しかし、行くべきもっと多くのテンション・コードがあります!

利用可能なテンション・コード

次のサードは雪だるまの上に積み重ねても、結果はまったく同じではありません。

豊かさと洗練されたものの代わりに、この次のテンション・コードは不快なひどい不協和を加えます。加えたばかりの11度についての何かが、Cメジャーセブンスのコードと噛み合いません。

それではどのようにどのテンション・コードを使うべきか判断するべきでしょうか?
答えはあなたが誤って作成した不協和的な質を避けることにあります。

不協和音は主観的な用語であり、その意味は音楽の歴史を通してかなり発展してきましたが、ここでは非常に具体的な種類の不協和音について話しています。

経験則では、コードトーンのいずれかで不協和音なマイナーナインスのインターバルを作るテンション・コードを追加することは基本許されません。

経験則では、コードトーンのいずれかで不協和音なマイナーナインスのインターバルを作るテンション・コードを追加することは基本許されません。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/01/Extensions101_6-CMaj11.jpg

イレブンスを使用するには、それの変更が余儀なくされます。他のマイナーナインスを作るのを避けるため、加えられる唯一の変化音はシャープです。

シャープを追加すると、Cmaj7#11、つまり安定した緊張感と同時に緊張したソノリティの両方が得られます。

シャープを追加すると、Cmaj7#11、つまり安定した緊張感と同時に緊張したソノリティの両方が得られます。

シャープ・イレブンスはシャープ・フォースと同じピッチクラスです。それで思い出したかもしれませんが、スケールディグリーの4番目の音を上げるのがリディアンモードの特徴的な音であるからです。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/02/Extensions101_7-CMaj11.jpg

実際、和音をすべてのテンション・コードで綴って、それらを最も単純な形式で書くと、すべてのテンション・コードを持つ和音は、対応するスケールのすべての音で構成されていることがわかります。

1-3-5-7-9-11-13 = 1-3-5-7-2-4-6

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/02/Extensions101_5-CMaj_AllExtensions.jpg

これは和音と音階の関係として知られています。すでにメジャースケール一覧に精通している場合は、可能なすべてのテンションを覚えておく必要はありません。

モードとコードの関係は、どのテンションコードに追加できるか、また即興でどのスケールを再生するかを示します。かなりクールです!

テンション・コードで書く

この時点で作成したばかりのサードの山積みが重なり合って不格好に見える場合は、大正解。

現実の世界では、テンション・コードは常にすべての可能な音を含むわけではなく、おそらくブロック状の垂直方向のソノリティとしては表明されないでしょう。

現実の世界では、テンション・コードは常にすべての可能な音を含むわけではなく、おそらくブロック状の垂直方向のソノリティとしては表明されないでしょう。

ほとんどの場合、少数のテンション・コードのみを追加することになります。強調するために、ナインスを追加するかシャープ・イレブンスを追加します。あなた次第ですが、和音をより節約するために、ハーモニーに貢献していない場合は1つか2つのコード・トーン省くこともできます。それはです!

しかし、モードとテンション・コードの関係がわかったので、関連しているモードの使用を検討しているところならどこでもテンション・コードを使用できます。

基本はこうです。モードの特徴は、色のような明から暗までのスケールで考えることができます。

モードに含まれるノートの数が多いほど、「明るく」なります。トーンが低くなるほど、「暗く」なります。

テンション・コードと同じ原則です。 シャープ・イレブンスのテンションを加えることで、瞬時にメジャー・セブンスのコードを明るく聴こえるようにすることができます。

あるいは、13thを加えることによって、マイナーコードを明るくすることもできます!ドリアンモードの特徴的な自然な6thです。

テンションテクニック

テンション・コードはあなたの音楽的な語彙の役に立つ部分です。 テンション・コードを自分の作曲に取り入れれば入れるほど、さらにあなた独自の個性が自分の作品から聴けるようになってきます。

これで、より多くのノートをハーモニーに取り入れる方法についていくつかのアイデアが得られたので、どのテンション・コードが自分の曲ににマッチしているか試してみてください。

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿