LANDR BLOG

音楽機器

シビアな真実:躊躇する理由は、その無料プラグインです

シビアな真実:躊躇する理由は、その無料プラグインです

LANDRブログシリーズである「シビアな真実」へようこそ。ここのシリーズでは音楽制作の世界から厳しい現実を取り上げ、そのお題に対し深く掘り下げていくシリーズです。自分の心のどこかでは知っていたが現実逃避してきたこと、耳にタコができること言われてきたことばかりを紹介していきますが、きっと後になって見るとより良いプロデューサーになるには避けされない真実を紹介します。

今回のお題は:「無料プラグインが引き止めている」です。

直視しましょう。 無料VSTプラグインははっきり言って病みつきになります。

LANDRブログでも過去に頻繁に取り上げていますが、その魅力は簡単にわかります。

DAW用のクールな無料トーンシェーピングアプリを集め始めると、集めたからにはコレクションしたくなる自然な収集心理が働きます。

しかし、ここにシビアな真実があります。無料プラグインは、有料プラグインほど優れていることがほとんど無いという真実です。

誤解して欲しくないことは、 非常に多くの機能的なオーディオツールが無料で利用できるという事実は、デジタル音楽時代の大きなメリットだということです。

進取的な開発者は、空き時間に無料プラグインを作成し、誰でもダウンロードできるようにオンラインに投稿できます。

それはそれで素晴らしいことですが、フリーウェアEQでフォルダがいっぱいになっている業界トップレベルのエンジニアがあまり存在しないというシビアな真実もそこには存在します。

1.すべてのプラグインが同等には作られていない

並べてみてくらべると、表面上は2つのプラグインがあまり違わないように見えるかもしれません。 しかし、内部を見ると、エフェクトを駆動するエンジニアリングの品質は大きく異なります。

並べてみてくらべると、表面上は2つのプラグインがあまり違わないように見えるかもしれません。 しかし、内部を見ると、エフェクトを駆動するエンジニアリングの品質は大きく異なります。

並べてみてくらべると、表面上は2つのプラグインがあまり違わないように見えるかもしれません。 しかし、内部を見ると、エフェクトを駆動するエンジニアリングの品質は大きく異なります。

並べてみてくらべると、表面上は2つのプラグインがあまり違わないように見えるかもしれません。 しかし、内部を見ると、エフェクトを駆動するエンジニアリングの品質は大きく異なります。

高品質のデジタルミキシングツールの開発は困難極まります。 優れたサウンドのEQまたはコンプレッサーの構築に伴う技術的課題は想像以上に過酷です。

1人の開発者が独力で作業して素晴らしい結果を達成することは不可能ではありません。

しかし、商用製品を作成する資金の豊富なチームは、組織されたチームで働くことにより良い結果を得る可能性が非常に高くなります。

プラグインは、過去10年間でギア業界の大部分を占めてきました。

各世代のパフォーマンスの向上に対する市場の需要により、最新のプラグインは非常に洗練されてきました。

メーカー間の激しい競争は、ブランドが目玉製品をリリースしようと競争するにつれて、開発ペースを高める結果になりました。


これらのプレッシャーにより、ユーザーから支持されるメーカーからの有料製品は、独自に開発されたフリーウェアよりも高いラインナップに置かれるようになったという背景があります。

2.品質にはお金がかかる

単純な現実は、開発会社がプラグイン作成に費やす努力と献身が決して安くは無いということです。

単純な現実は、開発会社がプラグイン作成に費やす努力と献身が決して安くは無いということです。

単純な現実は、開発会社がプラグイン作成に費やす努力と献身が決して安くは無いということです。デジタル音楽ディストリビューションを備えた製品を販売するために必要な諸経費は、ハードウェア販売を始めるよりもはるかに低いことは事実です。

しかし、トップレベルのプラグインのエンジニアリングと設計に費やされる何百時間もの研究開発がまだあります。

大きな投資をしなければならないように思えるかもしれませんが、アナログ時代から比べると今の時代ハイエンドのプロセッサを所有するコストが大幅に下がったことです。

過去には、ミキシングを始めるためだけに数十万円が必要でした。

現在、市場で最も高度なデジタルEQは2万円弱で購入可能です。 この値段でこの品質の製品が買えるのであれば、買いですよね!



ちょくちょくあるメーカーの割引や、買えるレンタルプラグインなの今日の音楽制作を手助けする機会が増えたことにより、一般的なプロデューサーにとって良質な製品がこれまで以上に手に入りやすくなりました。

3.VSTは数百個も必要ありません

無料VSTを閲覧しながら、プラグインをダウンロードするのは簡単です。 しかし、実際にどれだけ使うでしょうか?

無料VSTを閲覧しながら、プラグインをダウンロードするのは簡単です。 しかし、実際にどれだけ使うでしょうか?

真実は、コンプレッサー1つEQプラグイン1つのみを使用して、アルバム全体を完璧にミックスできることです。

選択するプラグインが多すぎると、1つを選択してミキシングの仕事に取りかかるのにも無駄な時間がかかってしまいます。

それだけでなく、ソースシグナルに追加する処理にはそれぞれ長所と短所があります。

例えば、ダイナミクスまたは周波数バランスをある程度制御できますが、どこか別の場所に悪影響をもたらしたりと。

フェーズシフトや過剰なコンプレッションによる不自然なポンピングなど、EQに関連する問題は、密なミックスでこっそりと見つかりづらく入り込んでしまう可能性があります。

良いミックスを作成するには、これらの不要なエフェクトを最小限に抑える必要があります。 経験豊富なエンジニアは、どんなプロセスがどんな害をもたらすかをよく知っています。

付随的な害を最小限に抑える方法の1つは? それは高品質のツールを選択してください。

付随的な害を最小限に抑える方法の1つは? それは高品質のツールを選択してください。

重要なミキシングタスクのためにソース音源の忠実度を維持するために、少なくとも自分が100%頼れるコンプレッサーとEQを1つずつ所有する価値はあります。

少なくとも、最終結果の品質は、ツールの欠点ではなく、ミックス過程での決定事項の質に基づいていることがわかるということです。

創造を解放する

率直に、今回のシビアな真実からどのようなアドバイスが自分には必要だよ感じましたか?

必要な数だけ無料プラグインをダウンロードしていいと思いますが、少なくとも片手で数えられるくらいの信頼できる高品質のツールを持つことは非常にお勧めします。

実際に素晴らしいミックスを作成するためには、本当に良いEQ1つ、非常に良いコンプレッサー1つ、そして素晴らしいリバーブ1つだけで十分でしょう。

そんなにいらないと聞いて、励みになれば良いです!

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿