LANDR BLOG

ビートメイキング音楽配信

サンプルの著作権と利用手続きの仕組み:音源を借りるビジネス

サンプルの著作権と利用手続きの仕組み:音源を借りるビジネス

「著作権を侵害している可能性があるため、あなたのリリースは拒否されました。」

デジタル音楽配信プロバイダーから上記のようなメッセージを受け取ったことがあれば、それがどれほど自身のリリースへの士気を下げ、何をしたら良いかわからず混乱させることでしょう。

著作権の規則は簡単ではないため混乱を招く可能性があり、著作権侵害は深刻な結果を招く可能性があります。 最近でもっとも注目度の高い一連のケースでは、エド・シーランのヒット曲「Shape of You」関連の著作権問題があると思います。この曲から生まれた収益はすべて、2015年のサムチョクリの曲「Oh Why」のコーラスをコピーしたという訴えの結果、すべて凍結されました。学的には20億円越えと言われています。

それでは、著作権侵害により訴えられたりリリース拒否されたりするのをどのように防ぐことができるのでしょうか?従うべき ルールは何ですか? どんなツールが使えますか? 訴えられたとして、問題のトラックを聴いたことがないことを証明できるかどうかは重要ですか?

この記事では、音楽の既存の素材の利用手続きを正しく済ませるために知っておく必要があることをすべて説明していきます。

最初の質問は、これは自問自答してほしいのですが、「曲のどの部分を使用していますか?作曲、歌詞、または録音(サンプリング)ですか?」

作曲:同じ目標を目指

初めて曲のリリースが完了すると、許可なしに誰でもその曲をカバーできます。作家をしっかりクレジットし、歌を変えない限り、問題はないでしょう。

ただし、他人のメロディの一部を自分の作曲に組み込むには許可が必要です。

他人のメロディの一部を自分の作曲に組み込むには許可が必要です。

多くのソングライターの間では、許容できるノートのセット数があるなどの信憑性にかける情報が出回っています。この噂は主にノートが他の歌と十分に識別できるかどうかに重点が置かれる傾向があります。

実際に訴えられあなたが裁判にかけられた場合、あなたが有罪になるには、あなたの曲が同じメロディーを持つ必要さえありません。実例でいうと、陪審員がケイティ・ペリーの曲「Dark Horse」がFlameの曲「Joyful Noise」に似ていると判断したため、ケイティ、彼女の作曲チームとレーベルは約3億円の支払いFlameに余儀なくされ、衝撃的なニューとして音楽界をかけ回りました。

このケースで多くの人が、曲の似ていると思われる部分は作曲ではなくアレンジであると主張しました。他の人は、ノートの進行が他の楽曲の負荷にも似ていることを指摘し、一部はバッハのヴァイオリン・ソナタ Fマイナー(アダージョ)にまで遡ります。

同様に、ロビン・シックとファレル・ウィリアムズの「Blurred Lines」のメロディーはマーヴィン・ゲイの「Got to Give It Up.」に似ていませんでしたが、アレンジメントとヴァイブが陪審員には有罪判決を下すには十分に聴こえていたようです。結局マーヴィンの遺族に5億円の賠償金を払うよう、ロビンとファレルに判決がくだっています。

また、意図的に別のメロディをコピーしたかどうかも関係ありません。例えば、サム・スミスと彼の共作曲者は、トム・ペティの「I Won’t Back Down」を聴いたことがないと主張したが、スミスのヒット曲「Stay With Me」にペティと彼の共作曲者、ジェフ・リンを共作者クレジットとして記載するのに十分似ていることを認められました。

歌詞:テキストだけでなく、文脈も

歌詞に関しては、もう少し余裕があります。

SpotifyやApple Musicを検索すると、ユニークなタイトルなどというものはないことがわかります。 歌詞が十分に類似した文脈で使用されている場合、または別の曲と類似したノートで使用されている場合のみ、許可を求めてクレジットを与える必要があります。

歌詞関連の良い例は、アンネ・マリーの歌「2002」です。これは、なんと18人もの作家をクレジットしています。 これは、「Oops, I got 99 problems singing ‘bye, bye, bye’ / Hold up, if you wanna go and take a ride with me / Better hit me, baby, one more time」など 彼女が若い時に聴いていた歌を参照していました。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/08/HowSampleClearanceWorks_1200x627_Anne-Marie.jpg

サンプリング:手続きをしっかりするか、全く使わない

最後に、サンプリングはもう少し明確です。たとえば、常に「手続きをする」必要があります。つまり、録音物と曲の所有者に使用許可を得るために、その所有者に連絡し承諾を得る必要があります。

所有者が「使用許可を出しても良い」と答えた場合、あなたは彼らに与える必要があるあなたの作品の著作権の度合いを交渉することになります。多くの場合、数十万円に達する前払い金が必要になるケールも多くあります。

収益目的かどうかは関係ありません。プロモーション用のトラックのみを使用していると主張しても、サンプル使用許可を得る必要はあります。

プロモーション用のトラックのみを使用していると主張しても、サンプル使用許可を得る必要はあります。

使用するサンプルの長さも重要ではありません。ラッパーのモーゼス・ペルハムは、クラフトワークのトラック「Metal on Metal」から短いドラムシーケンスをサンプリングし自身のトラック「Nur Mir」でループしました。

それはほんの小さなサンプルでしたが、裁判所はクラフトワークのラルフ・ヒッターに同意し、モーゼスの「芸術的自由」の主張に反対しました。しかし、欧州司法裁判所は、モーゼスがサンプルを十分に操作して認識できないようにした場合、侵害ではなかったと付け加えました

まだちょっと自身がないですかね?サンプリングの際に従うべき基本的なルールを次に示していきます。

1.記録を残す

サンプリングの対象を記録(誰の曲、なんの曲など)として残しす習慣付けをする。

サンプリングの対象を記録(誰の曲、なんの曲など)として残しす習慣付けをする。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/08/HowSampleClearanceWorks_1200x627_record.jpg

2.サンプルクリアリングの専門家に依頼して手続きを完了する

誰が著作権を所有しているのか、誰にどのように連絡を入れるべきかを知ることは必ずしも容易ではありません。 アーティストはもう生きていない可能性があり、レコードは動産に属している可能性があります。

たとえそうであっても、電話帳にTracy Chapman、Sting、Lauryn Hillなどのアーティストがいる人はほとんどいません。 ちなみに、ソングライティングのクレジットの大部分を保持したい場合は、スティングのサンプリングを避けた方が良いでしょう。元ザ・ポリスのフロントマンは、パフ・ダディの「I’ll Be Missing You」の100%、およびJuice WRLDの「Lucid Dreams」の85%を要求しました。

クリアランスは特定の用途のみに適用される場合があることに注意してください。 使用許可を申請するときは「永続的および世界中のすべてのオーディオ構成」について、必ず使用許可を得るように依頼してください。

おそらくこれまででご理解を頂けたように、サンプルの使用手続き申請から承諾を受けるまでの道のりはまさに地雷原です。 弁護士なしで自分で試すべきものではありません。

3.アーティスト/レーベルからだけでなくソングライター/出版社から許可を得ることを忘れないでください

録音物の所有者(マスター)と歌の所有者(出版社)の両方に連絡する必要があります。

録音物の所有者(マスター)と歌の所有者(出版社)の両方に連絡する必要があります。

The Verveがローリングストーンズの「The Last Time」のアンドリュー・ルーグ・オールダムのオーケストラカバーのストリングスをサンプリングしたとき、彼らは録音の所有者であるDecca Recordsから6音符のサンプルを使用する権利を取得しました。 しかし曲の権利を所有する元ローリングストーンズのマネージャーのアレン・クラインには許可申請すらしていませんでした。

最終的に、The Verveは、作曲クレジットの100%をミック・ジャガーとキース・リチャーズに与えなければなりませんでした。

レコードをリリースする前に取引交渉した場合はどうなったでしょうか?

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/08/HowSampleClearanceWorks_1200x627_permissio.jpg

4.ヒットの道を開く

エミネムなどの賢いアーティストは、すべてのステップをしっかり確認し、使用するすべてのサンプルが使用許可のクリアランスが完了されるようにします。

サンプリングするアーティストが自身のトラックを聴く可能性はわずかであると悪い予想を立て、サンプル使用許可申請をすることをしないかもしれません。

確かに、数百回しかストリーミングされていないトラックをめぐって訴訟を起こす人はまずいないでしょう。しかし、音楽業界の有名なことわざがあるように、「where there’s a hit, there’s a writ」つまり、hit「ヒット、有名になるの意」とwrit「令状の意」をかけて、「ヒットした場所には令状が届く。」、準備は怠らないことに限ります。

ヒットした場所には令状があります。

1つアドバイスがあるとすれば、曲をリリースする前にコピーした人に使用許可を求めることです。

The Verveが学んだように、トラックがリリースされると、分配交渉に関してはまったく勝ち目がないでしょう。リリース前なら、サンプルをトラックから削除すると交渉することもできます。

ただし、サンプルの使用許可関連をより簡単に、より安価にするにLANDRサンプルの月額又は年間プランに登録するだけで、何百万もの事前に使用許可が完了されたサンプルにアクセスできます。

追加のボーナスは、サンプルの作成者とソングライティングのクレジットを共有する必要がないことです。つまり、収益を増やすことができるのです。

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿