LANDR BLOG

インスピレーションミキシングとマスタリング録音

サウンドデザイン:完璧なサウンドを作る7つの方法

サウンドデザイン:完璧なサウンドを作る7つの方法

サウンドデザインは、トラックの基本的な構成要素の音色を作成する方法です。

「サウンドデザイン」という言葉は技術的に聞こえるかもしれませんが、実際にはすべてのプロデューサーがサウンドデザイナーなんです。

それでも、サウンドデザインには状況に応じていくつかの意味があります。

今回の記事では、サウンドデザインの基本について説明し、サウンドデザイナーが制作に使うツールとテクニックについて紹介していきます。

サウンドデザインとは?

サウンドデザインは、クリエイティブなレコーディングやミキシングのテクニックから、サンプリング、シンセプリセットの編集、エフェクトチェーンの調整まで、あらゆるものを含む幅広い分野です。 また、映画音楽やフォーリーや特殊効果などのサウンドトラックの作品に使われるテクニックも含まれています。

映画やテレビにおいてのサウンドデザイン

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2020/02/What-is-Sound-Design_Body1_1200x627.jpg

サウンドデザインは、映画やテレビの制作において重要な部分です。



この分野で働くプロのサウンドデザイナーは、画面上の画像に命を吹き込む多様な音響要素を作成します。

つまり、映画のサウンドデザイナーの役割には、セリフの録音、編集、ミキシング、フォーリー、音楽など、さまざまな責任が含まれる場合があります。

しかし、映画やテレビのサウンドデザインでは、多くの場合、新しいサウンドを作る必要があります。

スターウォーズのライトセーバーの象徴的な「スウッシュ音」を考えてみてください。 サウンドデザインの要素は、他のキャラクターと同じように個々の映画の特徴に不可欠なものなのです。

音楽においてのサウンドデザイン

sound design graphic

「サウンドデザイン」という言葉は、おそらく映画においての音関連の作品に由来しますが、今日のサウンドデザインとは、音の質感を操作するあらゆる状況を指します。

「サウンドデザイン」という言葉は、おそらく映画においての音関連の作品に由来しますが、今日のサウンドデザインとは、音の質感を操作するあらゆる状況を指します。

曲の音響要素は、さまざまな場所から出てきます。

生の音響素材がサンプルパックVSTシンセマイク、またはその他の場所に由来するかどうかにかかわらず、使用する音の基本的な特性はサウンドデザインによって作られます。

シンセプラグインのエンベロープをどのように形成しますか? ボーカルプラグインチェインのエフェクトの組み合わせはどうしますか? 部屋のマイクはどこに置きますか?キックドラムにはどのサンプルを選びますか?

これらはすべて基本的なサウンドデザインの質問です。

サウンドデザインツール

サウンドデザインは非常にオープンエンドであるため、音楽制作のほとんどすべてのプロセスを使用できます。 実際、「サウンドデザインはこう始めなさい」のようなことがないのが現状です。

最善の方法は単にとりあえず始めることで、自分に一番合った方法とツールを見つけて、直感に従うことです。

サウンドデザインワークフローで使えるさまざまな種類のツールを以下に紹介します。

1.エフェクト

オーディオエフェクトを使用して音を操作することは、パワフルなサウンドデザインのテクニックです。 エフェクトは、退屈な音を想像以上の音に変貌させることができます。

サウンドデザインのエフェクトに関しては、ルールはありません。 エフェクトを組み合わせたり、順序を変更したり、クリエイティブな方法で組み合わせたりとすべて優れたテクニックです。

サウンドデザインのエフェクトに関しては、ルールはありません。

音を強調したりミックスに入れたりするのではなく、音を変更することが目標である場合は、元の音の質感をキープすることは考えないで大丈夫なので、そんな場合は出来るだけ気軽にワイルドに編集しましょう。

2.実験的なレコーディング技術

レコーディングプロセスの間にクリエイティブになる方法はたくさんあります。 サウンドデザインは音源から始まります。

マイクの選択と設置位置、シグナルチェーン、または考えられるその他のユニークなテクニックを試してみてください。

スタジオを楽器のように使ってみてはどうでしょう!

3.あなたのDAW

オリジナルのサウンドデザインエフェクトのいくつかは、アナログテープで実行できる基本的な操作から生まれました。

DAWでも同じテクニックをたくさん使うことができ、例えば オーディオクリップの速度や再生方向を変更するだけで、大きな影響を生むことができたりします。

タイムライン上のオーディオの再生方向を単に逆にするだけでも、全く新しい音として聴こえます。

逆再生は決して変ではありません!

4.サンプリング

サンプリングとサンプラーも優れたサウンドデザインのツールで、 選択できるサンプルの数はほぼ無限です。

使うサンプルを選択するだけの簡単なことでも、サウンドデザインと見なすことができます。

サンプラーには、ほとんどの場合、フィルターやエンベロープジェネレーターなどの組み込みの合成ツールが含まれています。

アタック、ディケイ、サステイン、リリースを操作すると、サンプルパックはどのように聞こえますか?

または、独自のサンプルを作るのはどうでしょうか?
エフェクトで調整した後、サウンドをリサンプリングして、まったく新しいテクスチャを形成するのも面白いです。

または、サウンドを選択してキーボード全体に広げます。 異なるピッチでどのように聞こえますか? 良い、悪い、または単に違うように聞こえますか? どう聞こえるかはあなた次第です!

5.合成

合成は、最も基本的なサウンドデザインのテクニックの1つです。 あなたは文字通り何もないところから音を作り出しています!

合成は、最も基本的なサウンドデザインのテクニックの1つです。

シンセを使用すると、作成するサウンドのあらゆる側面をコントロールできます。 つまり、各パラメータの決定は適切なサウンドデザインの選択です。

時間をかけて、オシレーター、フィルター、LFO、エンベロープジェネレーターが信号に与える影響を学び、理解してください。

シンセサイザーを初めて使用する場合は、
シンセサイザー関連の用語または減算合成の基本を勉強してみてください。

6.MIDI

MIDIは、サウンドデザインに使用できるもう1つのデジタルツールです。

演奏のさまざまな機能をコントロールすることが、MIDIが最も得意とすることです。

ノートパターン、CCメッセージ、アルペジエーションなどのMIDIエフェクトを試すことは、すべて有効なサウンドデザイン・テクニックです。

サウンドデザインワークフローでMIDIを侮らない様に。

7.フィールドレコーディング

フィールドレコーディングとは、スタジオ外の環境からサウンドを録音して、作曲に取り込むことです。

これは、DAWを使わないサウンドデザインワークフローとして素晴らしい方法です。

フィールドレコーディングをするアーティストは、専用のポータブルレコーダーを使用することがよくありますが、基本的なフィールドレコーディングは、スマホのような簡単なものでも可能です。

とりあえず、何でもすべてを録音して実験してみてください。いつかどこかで何が役立つかはわかりませんから。

デザインのインスピレーション

サウンドデザインは、すべてのプロデューサーのワークフローの重要な部分です。 作曲の個々の音は、それ自体が刺激の源になる可能性が大いにあります。

あなたが選択する武器が合成、サンプリング、エフェクトなどのいずれであっても、サウンドデザインに実践的なアプローチをとることで誰もがメリットを受けることでしょう。

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿