LANDR BLOG

ミキシングとマスタリング

キックとベースをミックスする方法をやっと学んだ方法

キックとベースをミックスする方法をやっと学んだ方法

私は最近、大きなミキシングの今までにない発見をしました。

今までどんなことを試したとしても、ミックス内でキックを際立たせることができませんでした。 キックとベースだけを単独で聴けば、それぞれ素晴らしく聴こえたのですが。

しかし、ミキシングはやったことがなく、私にとって新しいものでした。 そのため全てのパーツをミックスすると、フラットで活気がないように聴こえてしまいました。

それは、一つのことに気がついて、それをすることにより全てが素晴らしく聴こえるようになるまでは。

そお方法は実際に非常に簡単です。これが私がやった方法です。

あのパンチの効いたキックへの第一歩
まず最初に、キックとベースが、高音域、中音域、低音域の周波数範囲で音域を奪い合っていることに気付きました。 これはダメです。

ベースとキックは、ローエンドで同じ周波数を多く共有する傾向があります。 もしあなたのミックスで、キックとベースが同じように低域にあるのなら、お互いを覆い隠してしまいます。 ここでの問題は、「さあ、どう修正すべきでしょうか?」ということです。

成功のための準備

ミックスでキックをしっかり聴かせるには、特定の方法でコンプレッションを使用する必要があります。

キックとベースを別々のトラックに入れます。 この例ではAbletonを使用しましたが、原則はどのDAWでも同じです。 次のようにトラックを設定します。

kickandbass_sep

ループ自体で素晴らしいサウンドを出しています:

キック

ベース

ベースとキックがぶつかり合っているとき

そして、これらが一緒になったときにどう聴こえるかです。

少し悲しく、ぐったりと聴こえます。 ではそのキックをもっと響かせてみましょう。

完璧なキックを表現する方法

サイドチェーンを使用してください。

これは、あるシグナルの音量を一時的に減らして別のシグナルを通過させる一種のコンプレッションです。

この例では、キックを通過させるために低音が1秒間確保されています。

ショートカットが何であるかがわかったので、実際のやり方解説していきます。 ただし、最初にコンプレッションを設定する必要があります。

  1. 「オーディオエフェクト」フォルダに移動し、「コンプレッサー」を選択します。

Eff_list_Compressor

  1. コンプレッションプラグインの左上にある黒い三角形をクリックします

Glue_SC_1

  1. [サイドチェーン]ボタンをクリックします
  2. [Audio From]タブをクリックして、[Kick]に設定します

これでサイドチェーンが正常にセットアップされました。 簡単でしたか?

自分好みの完璧なサウンドを得るためにいろいろ試す

Glue_SC_2

ここで、必要なダッキング効果を得るために設定を試してみましょう。 ダッキングとは、キックを通過させるために低音を下げる方法を意味します。

リリースタイムを試して、トラックのテンポとグルーブに合わせます。 スレッショルド値を調整して、効果を成形します。

完成した音

この段階でキックには十分なスペースできます。 トラックをもう一度聴いてみてください。低音がキックスルーするのが聴こえます。素晴らしく、鮮明でパンチの効いたキックです。

サイドチェーンは少し微妙に感じるかもしれません。 一定のトーンを使用して、サイドチェーンが実際に何をしているのかを表したものがは次のとおりです。

ミックスの中

あなたのループはやっと一緒になっています。 しかし、サイドチェーンはキックとベースだけのものではありません。 ミックスの他の部分でも試してみてください。

どんな方法を試しても、サイドチェーンを活用すると、キックとベースを完璧に配置したプロジェクトを完成できるでしょう。

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿