LANDR BLOG

音楽理論

より良い曲を書くためのリディア旋法の活用方法

より良い曲を書くためのリディア旋法の活用方法

映画やテレビでよく見かけるシーンで、偶然や何か咄嗟な刺激によってソングライターが突如作曲のアイデアを見つけるなんててシーンを見ますが、これは真実から遠くかけ離れていることは皆さん百も承知だと思います。

思い出に残るコード進行、メロディー、歌詞は、ソングライターがアイデアを膨らますために、じっくり時間を与え練り返しながら、最終的に一番良いアイデアに到達するために適切なツールを使ったりしながら、やっと生まれてくるものです。

自分の制作環境に使い勝手の良い作曲ツールが多ければ多いほど、迅速に良いアイデアを素晴らしい曲に変えることができます。しかし、世の中にありすぎるツールと多大な数の理論の中から、どう始めれば良いのか疑問に思うかもしれません。

LANDRでは、マスタリングエンジンをマスタリングエンジンを旋法にちなんで命名しています、それは旋法がミュージシャンにとって役立つものっていうのもあります。(LANDRマスタリング)と同様)。

また、音楽にミステリー感、美しさ、軽快感を与えるのに、リディア旋法ほど優れた旋法はありません。

リディア旋法を使用すると、コード進行とメロディーを作成し、印象的で忘れられない効果的な独特のサウンドを作成できます。

理解するのも簡単です。音楽理論の他の多くの要素と同様に、リディア旋法の学習は、メロディー楽器のすべてのキーに適用可能な全体およびハーフステップの短いパターンを覚えるのと同じくらい簡単です。

リディア旋法を使用すると、コード進行とメロディーを作成し、印象的で忘れられない効果的な独特のサウンドを作成できます。

今回の記事では、リディアとは何かを解説し、そしてリディア旋法をあなた自身のソングライティングで効果的に使用する方法を紹介いたします。では早速掘り下げていきましょう!

多くの音楽旋法

音楽には7つの旋法があります。 それぞれにトーンとセミトーンの独自の異なるサウンドとパターンで別れています。

旋法に関しては、多くの人が知っておりもう使ったことがあるだろうメジャー・スケールとマイナー・スケールは、イオニア旋法およびエオリア旋法と呼ばれます。 しかし、他の旋法を使用すると、非常に具体的でユニークな結果が得られます。

たとえば、ロクリア旋法は、作詞作曲に不快な不協和音を与えることができます。 リディア旋法はというと、どんな効果をもたらすでしょうか? まあ、リディア旋法は作曲に軽快感を与え、フラットな作曲を生き生きとしたリスナーにとって魅力的なものに変えます。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/09/How-to-Use-The-Lydian-Mode-to-Write-Better-Songs-inpost-3.png

音楽での旋法の機能について

まだ気づいていないかもしれませんが、旋法のいくつかはすでにあなたの音楽制作の一部かもしれません。

旋法は、特定のメロディー特性を持つスケールです。 そのため、何らかのジャンルの作曲をして、その中でメジャー・スケールとマイナー・スケールを活用して作曲をした場合、すでにあなたは音楽旋法の経験者になります。 唯一の違いは、リディアを使用しているときにすぐ気づくと思いますが、スケールを旋法と見なしたときにスケールの名前が異なることです。

まだ気づいていないかもしれませんが、旋法のいくつかはすでにあなたの音楽制作の一部かもしれません。

リディア旋法を実際に使用する方法

リディア旋法は、イオニア旋法(メジャー・スケール)とほぼ同じです。唯一の違いは、リディアが音階の4度の音を半音上げることです。

たとえば、Fメジャーキーにいる場合、音階の4番目の音はBbになりますが、リディアではBナチュラルになります。信じられないかもしれませんが、この旋法の無重力は、この単一の変更されたノートから来ています。

この旋法の構築方法をわかりやすくするため、キーボードを例としてリディア旋法を説明しますが、ここで紹介することは他の楽器にも応用できるので、ぜひ自分の楽器に自由に適用して下さい。

ここで学習する全音と半音のリディア旋法のパターンは、ギターなどの楽器にも簡単に応用可能です。半音(短2度) はギターで言うところの1フレットの距離になります。

リディア旋法を構築するために覚える必要があるパターンは次のとおりです。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/09/How-to-Use-The-Lydian-Mode-to-Write-Better-Songs-inpost-2.png

上記の例は、Fのキーにおけるリディア旋法を示しています。1音程上げてG、2音程上げてAとB、半音程上げてC、さらに2音程上げDとE、最後に半音程上げて最終的なFノートになります。

この例には変化記号(シャープまたはフラット)はありませんが、他の音符に基づいたリディア旋法だと変化記号が付いてきます。今回学んだことを早速テストするには、自分の機器の他のキーでこの旋法を構築してみましょう。 リディア旋法はコード進行を構築するのに最適ですが、ボーカルや楽器のメロディーを構築するのに使用すると非常に輝きます。 Fのキーでリディア旋法を構成するノートは次のとおりです。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2017/09/How-to-Use-The-Lydian-Mode-to-Write-Better-Songs-inpost-1.jpg

時間をかけていくつかのシンプルな旋法のノートパターンを覚えると、音楽制作の仕方に大きなプラスの変化をもたらします。

ポピュラー音楽においてのリディア旋法

リディアは多くの映画作曲家に頻繁に使用されていますが、ポピュラーミュージックにも多くの明確に聴き取れる例があります。

Bjorkが1995年にリリースしたアルバム「Post」の中の素晴らしい曲「Possibly Maybe」では、リディア旋法がイントロのボーカルメロディーに登場します。

そして、エリオット・スミスの「Waltz #1」では、リディア旋法を使用して、トラック全体に独特の風になびかされたような美しさを与えています。

指先を音の倉庫に

時間をかけていくつかのシンプルな旋法のノートパターンを覚えると、音楽制作の仕方に大きなプラスの変化をもたらします。

残念ながら、複雑なように見られたり、役に立たないだろうと言う先入観から、多くのミュージシャンは単純な音楽理論を学ぶことを避けてしまいます。

しかし、リディア旋法などのツールを活用してアイデアを理解、構築、および実際に演奏してみることを学ぶことは、作曲家としての選択肢を増やし、今の限界値を超えて創造性を広げる糧となるでしょう。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

Takeshi Ideyama

@Takeshi Ideyama

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿