LANDR BLOG

ビートメイキング音楽理論

【必見】サンプルを扱うための7つの基本的なアレンジのヒント

【必見】サンプルを扱うための7つの基本的なアレンジのヒント

優れた音楽のアイデアは常にそれだけで役に立ちますが、効果的なアレンジは、音楽のアイデアをより深いレベルで伝えることができるようにします。

しっかりしたアレンジは、おそらくあなたの曲のポテンシャルを最大限に発揮させる方法です。しかし、サンプル素材を使用する際に素晴らしいアレンジを作成することは簡単ではありません。

今回の特集では、アレンジを良くするための7つのサンプルのヒントを紹介します。

1.合間を埋めるのと遷移の時に忙しい系のサンプルを使用する

最も複雑でエキサイティングなサウンドは、全く関係ないサンプルパックのライブラリを閲覧しているときに最も興味深いように聴こえるでしょう。

ただし、いったんセッションに入れてみると、必ずしもマッチするとは限りません。 それは過度に忙しい系のサンプルを使うと、アレンジのより基本的な要素からそれてしまうことがあるからです。

過度に忙しい系のサンプルを使うと、アレンジのより基本的な要素からそれてしまうことがあるからです。

キック、スネア、ベース、ボーカル、メインメロディーが派手系のサンプルに隠れることはありません。

その代わりに、アレンジでドラマ的要素を盛り上げる必要が場所の合間を埋めるなり、遷移の時なり、およびその他のスペースに、アクティブ系なサンプルを使用してください。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/09/7-Essential-Arrangement-Tips-for-Working-With-Samples_fills.jpg

こうすることにより、最も注意を引く必要があるサウンドをそのままに残し、曲の重要な瞬間を強調できます。

2.ノイズサンプルを使用して所々の隙間を埋める

ほとんどの場合、録音中の過度なノイズの影響は軽減したいと考えると思います。

しかし、サンプリングされたレコードのノイズ、空中のノイズ、またはその他の非音質的素材は、少量を的確に活用すば素晴らしい接着剤的存在になる可能性を秘めています。

サンプリングされたレコードのノイズ、空中のノイズ、またはその他の非音色的素材は、少量を的確に活用すば素晴らしい接着剤的存在になる可能性を秘めています。

パッド、リード、ボーカルが出ているとき、ノイズはテクスチャの主要な要素になることさえあります。

SFXサンプルとレイヤー化された優れた空中系のノイズは、制作に独特のキャラクターを与えます。

また、非音色要素は、所々の音と音の隙間を退屈に感じないようにするのに役立ちます。

ミックスをさらに良くできるノイズの質に慣れると、多くの新しいアイデアが生まれてきます。

ミックスをさらに良くできるノイズの質に慣れると、多くの新しいアイデアが生まれてきます。

3.メインとして使っているサンプルの編集したバージョンを使用してバリエーションを増やす

トラックの主要な要素の1つに特徴的なサンプルを使用している場合、リスナーは(無意識、意識的に)その音に比較的すぐなれ親しみます。

つまり、細かく切って編集したり、リバースしたり、遅くしたり、速くしたりしても、さまざまな形で認識されます。

その慣れ親しみを活用して、サンプルを創造的にしましょう。 多くのサンプルベースのアレンジでは、曲の早い段階でサンプルを投入し、最後までほとんど認識できないまでサンプルを細かく切ったりします。

多くのサンプルベースのアレンジでは、曲の早い段階でサンプルを投入し、最後までほとんど認識できないまでサンプルを細かく切ったりします。

これは、トラック全体にわたって直線的な発展感を生み出すための効果的な手法です。

4.ボーカルのフックを使いすぎない

これまでで最高のボーカルサンプルを見つけることは、あなたが宝を発見したように感じるでしょう。 ただし、魔法を生かしたい場合は、使いすぎないでください。

いくつかの名曲は、一種のマントラとして全体的に一つのボーカルサンプルに頼りますが、意味のある繰り返しと、悪い繰り返しがあることは理解しましょう。

代わりに、アレンジに最大限の影響を与えるように、ボーカルのフックを慎重に配置してください。

ビルドやドラムフィルなどの他のアレンジ要素で影響力のあるボーカルを設定し、できるだけ多くのドラマ的要素を詰め込みます。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/09/7-Essential-Arrangement-Tips-for-Working-With-Samplesvocal-hooks.jpg

ボーカルは制作の最も人間的な要素です。悔いのないように、活用しましょう。

ボーカルは制作の最も人間的な要素です。悔いのないように、活用しましょう。

5.ループとMIDIインストゥルメント間の衝突に注意する

サンプルを使うするための有名な手法の一つに、VSTプラグインからドラムまたはベースを少し余分なパンチが必要なループグルーブに追加する方法があります。

しかし、パーカッション系の素材をローエンドの多いレイヤーに追加する場合は注意が必要です。

プラグインとドラムループのタイミングが大きく異なると、不快な「フラム」効果が発生する可能性があります。

フラム効果は、ヒットが全く同期していないため、各トランジェントの開始を個別に認識している場合に発生します。

6.ステレオフィールドに注意する

多くの人が考えているよりも、制作とアレンジには重なる要素が多く存在します。

ステレオフィールドの内容を変えることは、曲の新しいセクションをさらに強調できる素晴らしいアレンジメントテクニックです。

サンプルに頼ってこのスペースを埋める場合は、ステレオフィールドに注意してください。

サンプルに頼ってこのスペースを埋める場合は、ステレオフィールドに注意してください。

試聴するステレオサンプルの幅と広がりに注意し、トラック全体でモノサンプルのパンを変更してください。

曲が進むにつれて、パンの選択を適切に行いましょう。

コーラスのステレオ幅を広げ、ビルドアップのためにそれを再び制限することは、非常に効果的なアレンジ方法です。

7.サンプルを移調してハーモニックなコード進行を作成する

サンプルのトランスポーズは強力なツールです。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/09/7-Essential-Arrangement-Tips-for-Working-With-Samples_transpose.jpg

サンプルをリピッチすると独特の雰囲気が得られますが、倍音の進行を作成するための優れた方法でもあります。

耳のトレーニングのスキルを磨き、コード進行を考慮してサンプルの移調を開始します。

多くのクラシックなトラックが、トランスポーズされたサンプルのパラレルコードのみで構築されていることを知って驚くかもしれません。

また、倍音成分を含むサンプルを使用する場合は、全音階のコードを参照することを忘れないでください。サンプルは思ったよりも多くの場所で機能する可能性があります。

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2018/01/Chord-Progressions-Major-Chord-Progression-Chart-1.jpg

編集可能なアレンジ

アレンジは、作曲の中心的な分野の1つです。

素晴らしいアレンジは、歌の感情的な影響を高めるための深みとドラマを提供します。 同じことがサンプルを基調とした音楽にも当てはまります。

次回サンプルで魅力的なアレンジを作成するのに苦労するとき、これらのヒントを試してください。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

LANDR

Various contributors from the LANDR team of music mentors.

@LANDR

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿