LANDR BLOG

ビートメイキング音楽機器

【プロおすすめ】今買える世界で最強DAW10選

Preview of youtube video

DAWまたはデジタル・オーディオ・ワークステーションは、音楽を作成するために使用するソフトウェアプログラムです。

DAWは、音楽制作をこれまで以上に身近な存在にしました。そしてまた、DAWは年を追うごとにますます強力になってきています。

曲作りを始めたばかりの場合でも、マスタリングの最終段階に到達しようとしている場合でも、自分の思い描いている作品を実現するには音楽録音ソフトウェアが必要です。

現在市場に出回っている最強DAW10選は次のとおりです。

  1. Bitwig
  2. Studio One 4.5
  3. Ableton Live 10
  4. Audacity
  5. Pro Tools 2019
  6. Garage Band
  7. Logic Pro X
  8. Steinberg Cubase Pro 10
  9. FL Studio 20
  10. REAPER

今回のガイドでは、あなたに最適なDAWアプリを選ぶために必要なすべてを紹介していきます。

DAWとは何ですか?

デジタル・オーディオ・ワークステーション(DAW)は、オーディオとMIDIの作成、録音、ミキシング、編集に使用されるソフトウェアです。

DAWは、時間ベースのグリッド上での複数の音源のミキシングを容易にします。

世の中にはさまざまなDAWがたくさんあり、それぞれに長所と短所があることを覚えておきましょう。

世の中にはさまざまなDAWがたくさんあり、それぞれに長所と短所があることを覚えておきましょう。

あなたに最適なDAWを見つける方法

自身の音楽制作に使うであろうDAWを選ぶ際に考慮すべき重要なポイントがいくつかあります。

1つ目は、外観やワークフローが異なっていても、基本的にDAWがすることは同じであるということ、つまり音楽を作ることです。

デジタル音楽制作の基本的な概要を理解すると、DAWの選択は少し重要ではなくなるように思われます。 今市場に出回っているDAWの主な違いは、主に機能とワークフローに関するものです。



つまり、最適なDAWを選択する唯一の方法は、実際に一つ一つを使ってみて、自分のニーズに最適なDAWを見つけることです。

無料のデモ版をダウンロードする

ほとんどのDAWは、無料トライアルまたはライト版を提供しており、自分に適しているかどうかを判断するのに役立ちます。 いくつか試したいDAWを絞ったら、デモをダウンロードして、実際の使用感を確認してください。

DAW自体にあまり精通していない方の場合は、まずは無料のDAWを試すことを検討してください。

完全に無料で利用できる素晴らしいDAWアプリも実際にいくつかあります。 これらはプロが御用達する機能を備えていないかもしれませんが、これらのDAWは確かに素晴らしい音楽を生み出すことができます。

まず最初に無料版のDAWからゆっくり始めると、コミットするときに多くの時間とお金を節約できます。

音楽作成のための最高のDAWアプリ10選


DAWが何でそして何を探すべきかがわかったところで、2020年において最高のレコーディングソフトウェアを紹介していきます。

2020年最高DAW10選、では始めましょう。

1. Bitwig

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/05/Best-DAW-Bitwig-Studio.jpg

Bitwig Studioは、広範なテスト期間を経て、元Ableton開発者のグループによって2014年に立ち上げられました。

BitwigはAbletonからいくつかのインスピレーションを得ていますが、独自のクリエイティブなワークフローと構成アプローチを開拓してきました。

独自の変調オプション、強力なハードウェア統合、作詞作曲に適したツールにより、Bitwigはあらゆるクリエイターにとって頼れる選択肢となっています。

Bitwigは、レコーディングソフトウェアを使い始めたばかりの方には比較的簡単に習得でき、さらに成長する余地が十分にあります。



2. Studio One 4.5

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/05/Best-DAW-Presonus-Studio-One.jpg

Studio Oneは、Presonus社のDAW参入への第一歩です。

他のDAWよりも新しいですが、バージョン4.5で実際に独自色が多々出てきた感はあります。 Studio One 4.5は、他では見られない独自の強力なツールを備えています。

独自の高解像度内部MIDIプロトコルにより、MIDIパートのパラメーター変更をスムーズに行うことができます。
また、専用のハードウェアインターフェイスプラグインを使用すると、これまでになく簡単に外付け機器を使用できます。

Studio One 4.5のワークフローは、創造性とインスピレーションに重点を置いています。

Studio One 4.5のワークフローは、創造性とインスピレーションに重点を置いています。

「作詞作曲優先」のデザインにより、すばやく簡単に作曲できます。DAWで作成したパーツから、印刷可能な楽譜やリードシートを出力することもできます。

Studio One 4.5は少し頼りないように見えるかもしれませんが、Studio One 4.5は新しいアイデアを形にするための多くのスペースを与え、結果はお墨付きです。

3. Ableton Live 10

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/05/Best-DAW-Ableton-Live.jpg

Ableton Liveは、DAWの選択肢の中でも最強クラスの一つに上げられます。それには数々の理由もあります。

その刺激的なワークフローと直感的な「セッションビュー」により、エレクトリックミュージックのプロデューサーの間で人気があります。

Abletonの組み込みのサンプリングおよび合成プラグインは、非常に高品質のサウンドデザインツールです。

Abletonの組み込みのサンプリングおよび合成プラグインは、非常に高品質のサウンドデザインツールです。

その構成ワークフローは、結果をすばやく得るための最も簡単で最良のワークフローの1つで、 セッションビューでは、トリガークリップとループをさまざまな組み合わせでライブでアレンジすることもできます。

それだけでは不十分な場合でも、Abletonは、曲で使える膨大な数の優れたサンプルパックをリリースし続けています。

2017年にデジタルオーディオの伝説的存在である「Cycling‘74」を買収して以来、AbletonはLiveをMax4Liveとして使用する非常に柔軟なMaxデジタル信号処理環境を提供してきました。

これにより、Liveは最も用途の広いサウンドデザインツールになります。好きになれる要素が盛りだくさんです。

4. Audacity

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/05/Best-DAW-Audacity.jpg

Audacityは、完全に無料の録音ソフトウェアとして2009年にリリースされました。 そして、今日でも無料です!

Audacityはすべてのオペレーティングシステムと互換性があり、すぐにダウンロードできます。

Audacityはすべてのオペレーティングシステムと互換性があり、すぐにダウンロードできます。

タイムラインにオーディオを録音するために必要なものがすべて揃っており、追加機能はありません。

MIDIを録音しないため、VSTシンセサイザーなどの仮想楽器を使用することは問題外であり、プラグインエフェクトはオフラインで破壊的に適用する必要があります。

つまり、Audacityはフルミックスに最適な選択ではない可能性があります。

しかし、無料ということもあり、デジタルレコーディングの概念を学び始めたばかりの場合は、Audacityが最適な方法かもしれません。



5. Pro Tools 2019

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/05/Best-DAW-Avid-Pro-Tools.jpg

Pro Toolsは業界標準のDAWです。Pro Toolsはほとんどすべてのプロのスタジオお目にかかるであろうDAWです。

Pro Toolsは、スタジオ環境での従来のレコーディング用に設計されており、そのプロセスのあらゆる部分で優れています。

Pro Toolsは、スタジオ環境での従来のレコーディング用に設計されており、そのプロセスのあらゆる側面で優れています。.

プロのエンジニアは、Pro Toolsの編集のスピードと高品質のミキシング環境を特に気に入っています。

他のDAWよりも少し急な学習曲線が必要になるかもしれませんが、プロのスタジオで働きたいと思っているなら、時間をかける価値があります。

Pro Toolsには、16トラックに制限されている無料入門版「Pro Tools First」を含むいくつかの設定があります。

プレミアムなハードウェアアクセラレーション版は現在「Pro Tools Ultimate」と呼ばれ、標準版は単に「ProTools」と呼ばれています。

他の有料ソフトウェアと同様に、Pro Toolsはハイブリッドサブスクリプション/ライセンスモデルに移行しており、後続の各エディションはリリース年にちなんで名付けられています(現在Pro Tools 2019を使用しています)。

Pro Toolsでは、iLokハードウェアDRMプラットフォームを使用する必要もありますが、これは一部のユーザーにとっては不快な場合があります。

6. GarageBand

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/05/Best-DAW-Garageband.jpg

GarageBandは、現時点では一般的にかなり浸透されたDAWと言っても過言ではないでしょう。 Appleが開発した無料のDAWは、他のほとんどの音楽ソフトウェアよりも音楽制作の民主化に貢献しています。

GarageBandは、現時点では一般的にかなり浸透されたDAWと言っても過言ではないでしょう。

Mac OSXのすべてのバージョンに付属している無料のプログラムであることを考えると、どのようなヒットレコードが作成されているかを知って驚かれるかもしれません。

GarageBandがアプリ内で提供する役立つヒントは、すべての制作スキルレベルにアクセスできるシンプルな言語で書かれています。その方法で多くのことを学ぶことができます。

全体として、GarageBandは、音楽制作を始めるためのシンプルで効果的なツールです。 Macでこれを読んでいるなら、あなたはすでにGarageBandを持っているので、今日さっそく何かを作っちゃいましょう!

7. Logic Pro X

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/05/Best-DAW-Logic-Pro.jpg

Logic Pro Xは、Appleのプロオーディオソフトウェア製品です。

Logicは、ユーザーフレンドリーな設計哲学をGaragebandと共有しています。 Garagebandを使い始めた場合、Logic ProXにはたくさんの魅力があります。

Logicは、ユーザーフレンドリーな設計哲学をGaragebandと共有しています。

最新バージョンでは、Appleは、優れた録音をすぐに作成するために必要なすべてのツールのスイートを提供する素晴らしい組み込みプラグインの作成に重点を置いています。

直感的なMIDIおよびオーディオ編集と強力なサンプルエディタを組み合わせることで、Logic ProXは機能性と使いやすさの完璧なバランスを実現しました。

Logicは、ピッチやタイミングの修正などのプロレベルの機能を追加し、アプリ内でネイティブに納得のいくギターアンプエミュレーションプラグインを追加しました。

こんな機能には、サードパーティから普通数十万円を支払う必要があります。

Logicにバンドルされている膨大な量のサンプル素材とプラグインには驚かされます。 全てが備わっているDAWを探しているなら、それはLogic Pro Xをお試しアレ!

8. Steinberg Cubase Pro 10

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/05/Best-DAW-Steinberg-Cubase.jpg

SteinbergのCubaseは、DAWが市場に出回った当初のDAWの1つであり、今でも強い支持を得ています。

Cubase 10は今の最新バージョンであり、プロ品質のトラックを作成するために必要なすべての機能が満載です。

CubaseはMIDIのみのアプリケーションとして始まり、そのMIDI編集機能は今でも最も強力なものの1つです。

オーディオ機能とミキシング機能も簡単です。このDAWは、有名人ができることをすべて実行できます。

Steinbergは人気のあるVSTプラグイン形式を開拓したため、特にWindowsでは無料VSTプラグインとの優れた互換性があります。

Cubaseには多くの優れた機能があるため、最適なDAWを探す際には検討する価値があります。

9. FL Studio 20

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/05/Best-DAW-FL-Studio.jpg

FL Studio(旧称Fruity Loops)は、すぐにビートを作り始めることができるナンセンスなインターフェイスがないため、ヒップホップや電子プロデューサーの間で人気があります。

多くのビートメーカーは、FL Studioでループとグルーブを作成することを初めて味わい、今日までそれを使用し続けています。

多くのビートメーカーは、FL Studioでループとグルーブを作成することを初めて味わい、今日までそれを使用し続けています。

バージョン20には、AKAIのFL Studio固有のハードウェアとの広範な統合が含まれており、DAWのモバイル拡張機能も含まれているため、どこでも音楽を作ることができるようになっています。

シンセ、サンプラー、仮想エフェクトユニットなど、さまざまなネイティブプラグインが標準装備されています。

Image-Lineは、プログラムの無料のライフタイムアップデートも提供しています。 つまり、一度購入すると、それから永遠にすべてのバージョンにアクセスできるようになります。

10. REAPER

https://blog.landr.com/wp-content/uploads/2019/05/Best-DAW-Reaper.jpg

REAPER(Rapid Environment for Audio Production, Engineering, and Recordingの略で、つまりオーディオ制作、エンジニアリング、録音のための迅速な環境ということです)は、WinAmpオーディオプレーヤーおよびGnutella P2Pネットワークと同じ開発者から提供されています。

エンジニアリングに妥協することなく、強力で包括的で適応性のあるDAWです。

REAPERには60日間の無料トライアルが付属していますが、個別のライセンスは60米ドルしかかかりません。これは、DAWソフトウェアでも一番お買い得な価格です。

REAPERにはトラックタイプがありません。作成する各トラックは、必要なこと(オーディオ、MIDI、ビデオ、バス)を実行できるため、アレンジが非常に簡単になります。

REAPERは、音楽制作を始めたばかりの方や、DAWに頭を抱えている方にも同様におすすめできる選択肢です。

初心者はレコードを押すだけで開始でき、経験豊富なユーザーは高度なルーティングマトリックスを利用したり、ReaScriptを使用してマクロからフル機能の拡張機能まで何でもプログラムできます。

作る, ミックス, 繰り返す

宅録でもプロの制作環境でも、DAWソフトウェアは音楽制作を誰にでもできるような身近な存在に変化させました。 クリエーターは個々色々さまざまなアプリから選択できる今日、毎日作成しない理由はもう見つからないと言っていいほど恵まれた環境にあると思います。

音楽を今までより上手く録音する方法、音楽をより適切に編集する方法、または音楽をミキシングする方法を自問している場合は、その答えが混在する内のいくつかのDAWにある可能性があります。

今回の記事でなんとなくでも良いのでDAWの選択肢が何であるかがわかってもらえて、自分の制作スタイルに最適な夢のDAWをぜひ見つけていただければと思います。

Unlimited mastering &amp; distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! <a href="https://join.landr.com/landr-studio/?utm_campaign=acquisition_platform_en_us_studio-generic-new-blog-ad&amp;utm_medium=organic_post&amp;utm_source=blog&amp;utm_content=left-hand-generic-ad&amp;utm_term=general">Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.</a>

Unlimited mastering & distribution, 1200 royalty-free samples, 30+ plugins and more! Get everything LANDR has to offer with LANDR Studio.

LANDR

Various contributors from the LANDR team of music mentors.

@LANDR

LANDRブログの投稿を見逃すことはありません

最新の投稿